2005年のブックオブザイヤー(5)・番外編の3冊をご紹介します

スポンサーリンク

2005年のブックオブザイヤー
ブック・オブ・ザ・イヤー5日目。最後にご紹介するのは番外編3冊です。「真があって……」読者さんならきっと面白がってくれるんじゃないかなという本を3冊選びました。CD付き本、DVD付きムック、仕掛け絵本の3冊です。

1冊目

「潜在意識に語りかけてお金持ちになれるCD」なんて言うといかにもあやしそうなんですが、CDが意外に良かったんですよ。ジョイ氏の声の誘導に従って呼吸しているとリラックスできて気持ちいいんです。熟睡できました。催眠術にかかった感じですね。リッチになれる人というのはお金に対してネガティブな気持ちがない人だと思うので、方向性は正しいと思います。

2冊目

宇宙飛行士、スポーツ選手、科学者が門を叩く、今話題の古武術家・甲野善紀氏。本は何冊か読んでいたのですが、やっぱり達人の技を見てみたい。このムックはDVD付きなので、彼のナンバ走りや剣術の動きがよく分かります。力を入れていないのに素早いんですよ。何度見ても不思議〜。日常生活や介護に役立つ動きも解説しています。

3冊目

2005年のブックオブザイヤー

ページを開くたびに「おおっ!」とか「うわ!」とか叫んでしまうほどの、素晴らしい「飛び出す絵本」。子ども向けなんですが、大人の方が夢中になりそうな仕掛けです。作者のロバート・サブダ氏はこのジャンルの第一人者です。氏の『Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs』もプレゼントにオススメ。

まとめ

これまで5日にわたってご紹介してきました15冊、いかがでしたでしょうか。2004年下半期〜2005年発行の、マニアックすぎず、有名すぎないオモシロ本を選んでみました。本屋さんや図書館に立ち寄った際、これらの本を見かけることがありましたらぜひ手に取ってみて下さいね。お正月番組に飽きたらテレビを切って、こたつに入って読書もまた楽しいものですよ。【麻理】

今日のサイト

紙きり1年戦争(リンク切れ)
大須演芸場芸人・紙切り師・大東両師匠による機動戦士ガンダムの作品集。これ下書きナシで一筆描き(切り)なんだって! 名人芸だなあ。でもなぜガンダム?

スポンサーリンク
トップへ戻る