西表島レポート3(山の遊び編)【西表島】

西表島・山
面積の90%が亜熱帯植物で覆われている西表島。どこを向いてもジャングルが広がっています。西表島の海の遊びと並ぶ大きな楽しみは山の遊びです。休憩所の高台に登って撮影しました。

マングローブの驚異の生命力

西表島・山
【クリックすると大きな画像で見られます。】フォトショップでパノラマ写真を作ってみました。

海にもマングローブが広がっています。マングローブは海水でさえ育つんですね。マングローブの葉を見ると、緑の葉の中にちらほら黄色い葉があります。海水で育つと言ってもやはり塩は植物にとっては害。そこで一枚の葉にだけ塩分を集めて、他の葉を守っています。黄色い葉は紅葉しているのではなくて塩で焼けているのですね。

天然記念物のサキシマスオウノキ

西表島・山
これは天然記念物のサキシマスオウノキ。サキシマスオウノキは根を壁のように成長させてその根の間に葉を落とし、豊かな培養土を作ります。ついたてのような根はその豊かな土を囲い込むためのものだそうです。

動植物のパラダイス

西表島・山
森の中に入って、耳をすますと鳥やカエル、虫たちの鳴き声がします。大きな白い蝶オオゴマダラや、黒い宝石のようなカラスアゲハがひらひらと舞っています。まさに動植物のパラダイス。

気分は川口浩探検隊

西表島・山
ホテルが主催するトレッキングツアーにも参加しました。救命胴衣をつけて、マリンブーツを履いて準備OK。マングローブの生い茂る川をゴムボートで上流へ向かいます。

ボートを下りてジャングルの中をさらに進むと、気分はまさに川口浩探検隊。冷たい川で泳いだり、岩場から飛び込んだり、ロープにつかまってターザンごっこなども。気持ちいいー!

イリオモテヤマネコ発見……?

西表島・山
夜もナイトツアーに参加。真っ暗なジャングルを懐中電灯片手に探検。夜行性のカニやホタル、夜しか咲かない幻のサガリバナなど、昼とはまた違った顔が見られます。

クルマで移動中、ツアー参加者から「あ、ヤマネコ!」の声。暗がりを四つ足の動物がさっと逃げて行ったとか。ぎゃー、見逃したー! 600回開催されたツアーでイリオモテヤマネコが見られたのはたった8回だとか。貴重なチャンスだったのに~。

とっていいのは写真だけ

西表島・山
エコツーリズムはその土地の自然を体験して環境や生態を学ぶことができます。大切なのは自然におじゃまするという謙虚な気持ち。「エコツアーでとっていいのは写真だけ。残していいのは足跡だけ」なのです。(2005年06月19日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

西表島
住所 :沖縄県 西表島
※情報修正2017年05月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。