さんごのかけらでできたなんにもない無人島「バラス島」【西表島】

バラス島
さんごのかけらでできた無人島・バラス島沖縄県八重山諸島の西表島と鳩間島の間にあります。大きさは5m×30mほど。カラフルな珊瑚と熱帯魚以外、本当になーんにもありません。

ブルーゼストさんのツアーで上陸

バラス島
お世話になったのは、西表島上原のマリンショップ・ブルーゼストさんです。バラス島を中心に、シュノーケリングやグラスボートのツアーを企画されています。無人島状態のバラス島を見たいというリクエストに応じて、なんと早朝8時に船を出してくださいました。

事前にトイレと日焼け対策を

バラス島
まだ時間も早いので船浦港(ふなうらこう 通称・上原港)には他に観光客はいません。素潜りの装備を整えて出発します。なおバラス島にはトイレも日除けもない島なので、事前にトイレをすませて日焼け対策もしておきましょう。

船長さんの浜中さんにお世話になる

バラス島
船長さんは浜中喜義さん。浅黒い肌に、くっきりとした顔立ち。どっからどうみても沖縄の海人というルックスなのですが、若い頃に北海道から西表島に移住されたのだそうです。今は息子さんの太郎さんと共に、ショップを切り盛りされています。

バラスって何?

バラス島
ところでバラス島のバラスとはなにかというと、土木建築用語の「バラスト」からきているようです。道路や線路などに敷く砂利のことで、英語ではballastと書きます。沖縄の方言ではありません。この美しく珍しい無人島の名前が、なんとも無機質な建築用語だと知ると少々がっかり。もっと良い名前があるといいのになあ。

その時々で形を変える島

バラス島
10分弱で島が見えてきました。島の全景です。島の形、大きさは潮の満ち引きや、台風の有無によって変化します。島自体が小さく高低差がないので今にも沈んでしまいそうにも見えます。実際台風によってサンゴが吹き飛ばされて沈んでしまったこともあるそうです。

辺り一面サンゴのかけらだらけ

バラス島
バラス島に上陸しました! 誰もいない無人島! 島は辺り一面真っ白です。全てサンゴのかけら。歩くたびにシャリシャリと音がします。私はダイビング用のマリンブーツを履いていたので平気でしたが、裸足だととてもじゃないけど痛くて歩けないでしょう。

サンゴのかけら以外何もない島

バラス島
サンゴを手にとってみました。動物の骨のようです。硬くて打ち合わせると、カンカンという乾いた音がします。地面は全てサンゴなので、植物は育ちません。海に唐突に出現した白いサンゴ浜の島。誰もいないということもあって、現実味のない不思議な光景です。

極彩色の生きたサンゴがビーチエントリで見られる

バラス島
海の中に入ってみました。そのあまりの素晴らしさに驚きました。これまでいろんな海に潜ってきましたが、こんなに美しい生きたサンゴがビーチ近くで見られる場所はありません。たとえサンゴが密集していても、白色化した死んだサンゴばかりという海も多いのですが、ここは極彩色のサンゴがびっしり生えています。

浅いのでサンゴを壊さないよう気をつけて

バラス島
船長さんによると台風や温暖化によって最近のバラス島のサンゴは激減してしまったそうです。それでもこんな珊瑚礁が見られるなんて、本当に西表島の海は素晴らしいです。水深は1メートルから3メートルぐらい。浅いのでサンゴの上に乗ったり、サンゴに触れたりしないように気をつけて泳ぎましょう。

餌付けダメ! ゼッタイ!

バラス島
小魚が多いですが、極彩色の熱帯魚もたくさん棲みついています。ただ、残念なことに最近マリンショップの中には魚の餌付けを薦めているところもあるようです。生態系を壊してしまうので絶対に絶対に餌付けはやめてくださいね。

この先存続し続けるのかバラス島

バラス島
正確にはこのような島はサンゴ礁州島と呼び、世界中に1000島以上あります。沖縄本島西のチービシやルカン礁、久米島のはての浜など、沖縄に点在しています。しかしサンゴ礁州島の形成されるメカニズムは未だ明らかではなく、突如島が出現したり、消失したりということもあります。バラス島がこの先も同じように存在し続けるかどうかは神のみぞ知る。

ツアー選びは慎重にしたい砂浜の無人島「ハテの浜」【久米島】
    エメラルドグリーンの海! 真っ白な砂浜! 沖縄県久米島の東5キロにある、砂浜の無人島・ハテの浜。ツアーに参加したのですが、これがもうなんともやりきれないツアーでして……。

できればピーク時をさけて上陸を

バラス島
最近は観光客に大人気で、ピーク時にはバラス島の周りに10隻近く船が停留し、50人以上も上陸なんてこともあるそうです。な、なんかおしくらまんじゅう状態だね……。無人島を自分一人で堪能したいという方は、オフシーズンや早朝に上陸することを強くお勧めします。(2012年05月14日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

バラス島ツアー:ブルーゼスト
住所 :沖縄県八重山郡竹富町字上原 572-4
電話 :0980-85-7820
関連URL:西表島ブルーゼスト-トップページ
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。