高確率でウミガメと一緒に泳げる海「トカシクビーチ」【渡嘉敷島】

トカシクビーチ
沖縄座間味諸島の渡嘉敷島でウミガメと泳いでみませんか? 野生のウミガメはどこの海にも生息しているのですが、「ウミガメと直に遭遇できるビーチ」となるとほとんどありません。

広告

三日月形の美しい砂浜

トカシクビーチ
沖縄県座間味諸島の渡嘉敷島(とかしきじま)。この島を代表する2大ビーチと言えば、前々回にご紹介した阿波連ビーチととかしくビーチです。とかしくビーチは真っ白なコーラルサンドが、まるで三日月のような形に広がっている美しいビーチです。

驚愕!のシブがき隊・引退メモリアル像「シブがき島」【渡嘉敷島】
シブがき隊はジャニーズ事務所の布川敏和氏・本木雅弘氏・薬丸裕英氏による、1980年代に一世を風靡したスーパーアイドルグループ。シブがき隊にまつわる珍スポットをご紹介します。
広告

ダイバーには不人気? でも海水浴客には大人気

トカシクビーチ
真っ白な砂がどこまでも続く透明度の高い海。しかし阿波連ビーチと違って、熱帯魚や珊瑚があまり見られない遠浅の海だから、正直ダイバーにとってはあまり魅力的ではないかもしれません。でもここはあることで大変人気の海水浴場となっています。それはウミガメです。

野生のウミガメが4、5匹生息

トカシクビーチ
とかしくビーチにはウミガメが4、5匹棲みついていて、かなりの高確率で一緒に泳ぐことができるのです。私も海に入ってすぐ、水深1.5メートルほどのところで見つけましたよ! すごい! 本物のウミガメが、目の前に!

ウミガメと一緒に泳ぎたい!

トカシクビーチ
2009年に日和佐うみがめ博物館カレッタというウミガメ専門の水族館を訪れて以来、ずっとウミガメと一緒に泳ぐのが夢でした。ウミガメというのは、水族館のガラスや柵の向こうにいるのを眺める動物だと思っていました。でもそのウミガメと一緒に並んで泳ぐ夢があっけなく叶ってしまって、現実味のないような不思議な気持ちがしました。

みんなウェルかめ! ウミガメ天国「日和佐うみがめ博物館」【徳島】
徳島の日和佐うみがめ博物館カレッタ。アカウミガメの学名「Caretta caretta」から命名されました。2009年のNHKドラマ『ウェルかめ』の舞台にもなりましたよ。

【動画】ウミガメの様子を動画で


ほんの数秒だけどウミガメが泳いでいるところの動画です。左上の女性は私ではなくて、全然知らないおねえさんです。こんなふうに人が近くで泳いでいても全然逃げたりしません。でもウミガメなど野生生物に触るのは厳禁です。絶対に餌付けしたり、触ったりしないでくださいね。ウミガメには3匹会うことができましたよ。

空を飛んでいるかのよう

トカシクビーチ
ウミガメの動きはゆったりしていて、まるで空を飛んでいるかのようでした。全く力みがなくて、見ているだけで心がほぐれていく気がしました。イルカと一緒に泳いだ時はワクワク、ドキドキの動的な面白さがあったけど、ウミガメと泳いだ時は胸がじんわり温かくなるような静かな楽しさを感じました。

(閉鎖)野生のイルカと泳げる海「能登島ドルフィンスイム」【石川】
野生のイルカと泳げる海は小笠原諸島、御蔵島が有名。でもちょっと訪れるのが大変……。そこで国内でイルカと泳げる、石川県・能登島に行ってみました。野生のイルカと大接近!※この記事は閉鎖前のレポートです。

時速20キロで泳ぐウミガメ

トカシクビーチ
スキンダイビングを学んだおかげで、私は水の中を自由に飛び回れるようになりました。水中なら宙返りもスピンターンも思いのまま。フィンがあれば水を切って結構なスピードで泳げます。それでも人間は時速20キロで泳ぐウミガメには置いていかれてしまいます。だから脅かさないようにつかず離れず、横目でチラチラ見ながらそっと泳ぎました。

夢のような幸せな時間

トカシクビーチ
ウミガメは私のことなど全く気にもとめず、やがて悠々と海の彼方へ消えていきました。短い間だったけど夢の様な幸せな時間でした。(2012年09月14日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

渡嘉敷島(とかしきじま)とかしくビーチ
住所 :沖縄県島尻郡渡嘉敷村字渡嘉敷
時間 :自由
入場料:無料 ※シャワー:トイレ、温水シャワー、着替え場所あり
駐車場:無料
※情報修正2017年09月