女性器の形の岩穴&パワースポット「ミーフガー(女岩)」【久米島】

ミーフガー(女岩)
一見普通に見える岩の穴。ここは近年のパワースポットブームで有名になった観光地です。女性が拝むと子宝に恵まれるという沖縄県・久米島ミーフガー(女岩)を見に行きました。

女性器の形に穴があいている岩

ミーフガー(女岩)
久米島の北にあるミーフガー。なんで子宝に恵まれるのかというのはあなたのお察しの通り。女性器の形に穴があいている岩だからです。この地方の方言では「穴があいている」というのを「ミーフガー」と言うのだそうです(また別の説で、ミーフガーは「女の岩」という意味もあります)。

実は2つの岩からできている

ミーフガー(女岩)
このミーフガー、ひとつの岩に穴があいているように見えますが、実は2つの岩がぶつかりあっているのです。地質学的には穴の上に走っている亀裂を境に、海側が石灰岩、陸側が凝灰角礫岩(火山灰と火山岩が堆積してできた岩)という岩石で、400万年以上前に形成されました。

晴れた日の早朝に来るべきだったかも

ミーフガー(女岩)
岩の割れ目の向こうは海。私が訪れた時はあいにくの曇り空で風が強かったのですが、早朝に岩の隙間に朝日が見える晴天時には、さぞ神々しいことでしょうね。土地の人の信仰の対象になるのも分かる気がします。

歩きやすい靴と三脚をお忘れなく

ミーフガー(女岩)
ちなみにこの割れ目までは歩いて行くことができますが、かなり足場が悪いのでビーサンやハイヒールでは無理。岩もゴツゴツしていて潮だまりもあちこちにありますから、スニーカーなど歩きやすい靴でどうぞ。あとシーズンオフは観光客が全くいませんので、自分撮りしたい方は三脚もお忘れなく。(2013年11月01日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

ミーフガー(女岩)
住所 :沖縄県島尻郡久米島町字仲村渠
電話 :098-896-7010(久米島町観光協会)
休業日:年中無休
時間 :見学自由
料金 :無料
駐車場:無料
※情報修正2017年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。