ツアー選びは慎重にしたい砂浜の無人島「ハテの浜」【久米島】

ハテの浜
エメラルドグリーンの海! 真っ白な砂浜! 沖縄県久米島の東5キロにある、砂浜の無人島・ハテの浜。ツアーに参加したのですが、これがもうなんともやりきれないツアーでして……。

3つのビーチから成るハテの浜

ハテの浜
ハテの浜の美しさは東洋一とも言われておりCMやPV、映画の撮影にもよく使われますので、どこかで見たことがある景色かもしれませんね。

ハテの浜は実は3つのビーチから成り立っています。メーヌ浜・ナカノ浜・ハテの浜です。この3つをひっくるめてハテの浜と呼ぶことが多いのですが、たいていのツアーは真ん中のナカノ浜に渡ることが多いようです。

ウミガメを眺めつつ20分

ハテの浜
私が参加したのはシュノーケリングを含む半日コースのツアー。グラスボートで途中ウミガメなんぞ眺めながら波に揺られます。ほんの20分ぐらいするともうハテの浜に着いています。

何にもない島の必需品

ハテの浜
ハテの浜にはなんにもありません。ちょっとしたテント小屋はありますが、日差しを遮るものがほとんどないので日焼け止めクリームは必携。泳ぐ人もなるべく長袖のラッシュガード、ラッシュパンツ着用がお勧めです。自販機も売店もないので飲み物も自分で用意して持っていきましょう。

遠浅の海がどこまでも続く

ハテの浜
ハテの浜全体は7キロにも及ぶ砂洲です。視界を遮るものは何もなく大海原が360度広がっています。水深1〜2メートルほどの遠浅の海。潮の流れも全くありません。太陽の光が砂浜に反射してギラギラと眩しいほど。清々しくて大きく伸びをしたいような美しい浜です。

このツアー厳しすぎる!

ハテの浜
ただ私が参加したツアーだけかもしれませんが、ものすごく制約が多くて辛いものでした。救命胴衣とウェットスーツを身につけねばならず、全く潜ることができません。しかもツアーのうち泳げるのは2時間だけで、そのうち1時間のシュノーケル講習を絶対に受けなくてはなりません。浜辺から5メートル以上離れないように言われます……。

結局水際でパチャパチャ水遊びするだけでした。幼児か! 過保護すぎる!

あまりにお子様扱いすぎるのでは

ハテの浜
事故を防ぐためだと思うのですが、あまりにお子様扱いすぎてなんともしょんぼりなツアーでした。いくらでも誓約書とか書くし、もうちょっと自己責任でもいいんじゃないかしら。次回再訪するとしても別の自由度の高いツアーで行くことにします。非常に残念でした。(2013年11月02日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

ハテの浜
住所 :沖縄県久米島町
電話 :098-896-7010 (久米島町観光協会)
関連URL:ハテの浜 – 一般社団法人久米島町観光協会公式ホームページ-沖縄離島観光情報
※情報修正2016年06月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。