夢のお告げのパワースポット!?「フナイマーク(宮古空港)」【宮古島】

フナイマーク
旅行者が宮古島で最初に訪れる場所。それは宮古空港。敷地内にあるフナイマークは、経営コンサルタント・船井幸雄氏が夢で見たお告げにより作ったパワースポットです。怪しい〜?

広告

宮古空港の屋根はサシバをイメージ

フナイマーク
国土交通省資料によると2015年の宮古空港の乗降客数は134万879人。そのうち7割は観光客です。毎日3500人以上も利用者があるんですね。

1997年に併用開始された新ターミナルビル(※)の屋根は、サシバをイメージしています。サシバはタカ科の渡り鳥で、毎年10月中頃に宮古島を訪れます。なるほどなんとなく似てるかも。

宮古島の珍モニュメント5「伊良部島のサシバ」【伊良部島】
宮古島の北西に位置する伊良部島は周囲約27キロ、サンゴが隆起して作られた島です。今回は伊良部島にある、巨大なサシバモニュメントをご紹介しましょう。雄大な風景ですよ。
旧ターミナルビルは1999年に解体されました。
広告

観光地に急ぐのはちょっと待った!

フナイマーク
旅行者は一刻も早く観光地を見たいとばかりに、さっさと空港を離れがち。でもちょっと待った! 宮古空港内にもちゃんと珍スポットは存在するのです。それは空港正面にあります。一見何の変哲もない広場ですね。

地面にあるパワースポット

フナイマーク
地面の模様に注目してください。今パワースポットって流行ってますよね。地面にモザイクタイルで描かれたこの模様こそが、パワースポット・フナイマークなのです。

フナイマークの説明書き

フナイマーク
説明書きにはこうあります。

我が国を代表する経営コンサルタント会社(株)船井本社の代表取締役会長、船井幸雄氏が夢で見たという図形が描かれています。美しい花のような図形でこれは通称『フナイマーク』と呼ばれております。このマークの真ん中に立つと、良いエネルギーが集まり気分が良くなると言われております。愛してやまない宮古島を『癒しの島』と命名したのも船井氏です。(宮古空港ターミナル株式会社)

宇宙意識、波動、霊──

フナイマーク
船井総研もビジネスマンの間ではよく知られたコンサル会社。また自己啓発書をよく読む方なら、船井幸雄氏の著書を一度は手にしたことがあるでしょう。船井氏はいわば経営コンサルタント業界のカリスマ。でも彼の著書には「宇宙意識」「波動」「思い」「霊」などのキーワードがあふれているのですよ。

おらにパワーをわけてくれ!

フナイマーク
学研『ムー』を愛読している私にとっては、船井幸雄氏は経営コンサルタントというより『ムー』的な人という印象。さすが船井会長、やってくれましたね。

しかも珍スポ的にかなり美味しいキーワード「夢で見た(※)」がしっかり説明書きにあるのが嬉しい。旅行者のみなさん、旅を幸先良くするためにぜひフナイマークのパワーを受け取りましょう。(2011年04月18日訪問)【麻理】

珍スポ界において、夢のお告げなどで珍スポットを建設してしまう中高年男性は実に多い。私は個人的に「オヤジ系珍スポット」と呼んでいる。一家のお父さんが退職金などを残らずつぎ込んでしまい、家族が困り果てているケースが結構見受けられる。個人的にはこの手の珍スポットが一番好きだ。

参考文献

地図&情報

宮古空港(みやこくうこう)
住所 :沖縄県宮古島市平良下里1657-128
関連URL:宮古空港ターミナルビル
※情報修正2017年08月

広告