宮古島の珍モニュメント3「サニツ浜の宮古馬」【宮古島】

サニツ浜の宮古馬モニュメント
公園にある巨大な馬モニュメント。後ろ足の先にあるのが公衆トイレですからね、結構な大きさでしょう? 宮古島の3番目の巨大モニュメントは、サニツ浜ふれあい公園の宮古馬です。

オジー、ありがとー!

サニツ浜の宮古馬モニュメント
早朝にサニツ浜まで来たものの、宮古馬のモニュメントがどこにあるのかがさっぱり分からない。ウロウロしてたら、オジーがリヤカー自転車をこいで通りかかりました。

道を尋ねると宮古島ことばで「ついてきて」というようなことを言われて、ようやく辿りつけました。たんでぃがーたんでぃ(宮古方言で「ありがとう」)!

宮古島のサニツの風習

サニツ浜の宮古馬モニュメント
ふれあい広場のあるサニツ浜は、正式には与那覇(よなは)湾といいます。サニツとは「三日」の意味で、旧暦の3月3日のことで大潮にあたります。引き潮になるこの日、昔の女性たちは浜に行って身を清め、潮干狩りなど楽しんだりしたんだそうです。サニツは今でも各地で行われ、たくさんの人が潮干狩りに訪れるんですよ。

なんで馬なのかしら?

サニツ浜の宮古馬モニュメント
で、なんで馬なのか調べてみると、毎年7月にサニツ浜でサニツ浜カーニバルという市民のためのお祭りがあるからなのかなと思いました。お祭りでは、角力(すもう)、綱引き、ビーチバレー、モトクロスなどスポーツが行われますが、宮古馬による草競馬が人気なんですって。「あんちーかんちー」様のブログにカーニバルの様子が写真入りで詳しく載っていました。

海風にさらされてボロボロ

サニツ浜の宮古馬モニュメント
これは台風銀座である宮古島のモニュメントの宿命なのかもしれませんが、塗装がはげてかなりボロボロ。特に顔のあたりがハゲハゲ状態です。かわいそうなので塗りなおしてあげるとよいのになあ。

宮古馬ってどんな馬?

サニツ浜の宮古馬モニュメント
ところで宮古馬(みやこうま)ってどんな馬かご存知ですか? モニュメントを先に見ちゃうと、ラオウが乗ってる黒王号みたいな巨大馬に思えちゃいますが、実際の宮古馬は体高120センチほどの小さな馬です。ポニーと言ったほうがイメージが伝わりやすいかも。

次回はモニュメントから一旦離れますが、宮古馬の牧場をレポートいたします。(2011年04月20日訪問)【麻理】

世界でたった30頭しかいない孤独な在来馬「宮古島牧場」【宮古島】
   宮古島北の宮古馬牧場。広々とした囲いに馬が放し飼いにされています。自由に草をはんだりポクポク歩いたりして実にのどかな風景。宮古馬は日本で最も数が少ない在来馬です。

参考文献

地図&情報

サニツ浜ふれあい広場
住所 :沖縄県宮古島市下地与那覇湾
関連URL:サニツ浜カーニバル2010:あんちーかんちー
※情報修正2016年06月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。