ユナイタマの人魚伝説と母体回帰の池「通り池・鍋底池」【下地島】

通り池・鍋底池
沖縄県伊良部島の西にある下地島。西側海岸沿いに、不思議な人魚伝説が残る通り池があります。ダイバー憧れのダイビングスポットであり、またパワースポットとして人気を集めています。

下地島と伊良部島

通り池・鍋底池
地理的なことをちょっとおさらいしましょう。伊良部島(いらぶじま)は宮古島の北西部に位置する島です。その左側にあるのが下地島(しもじしま)。伊良部島と下地島の間は数百メートルしかなく、6本の橋で行き来ができるので2島で一つの生活圏にあります。

宮古島の珍モニュメント5「伊良部島のサシバ」【伊良部島】
   宮古島の北西に位置する伊良部島は周囲約27キロ、サンゴが隆起して作られた島です。今回は伊良部島にある、巨大なサシバモニュメントをご紹介しましょう。雄大な風景ですよ。

ひっそりとした観光地

通り池・鍋底池
現在のところ高速船で渡るしか手段がないからか(※)、私が訪れた時には観光客はほとんど見かけませんでした。でも橋ができたらかなりの人気観光地になるでしょうね。通り池(とおりいけ)は下地島の北部海岸沿いにあります。

この記事を書いた2012年当時はありませんでしたが、2015年に伊良部大橋が完成し、現在は高速船でなくクルマで伊良部島・下地島に行くことができるようになりました。

メガネのような池

通り池・鍋底池
これは通り池を上から見た、国土交通省の国土画像情報です。ほぼ同じような大きさの円形の池が並んでいます。この2つの池は地下で互いにつながっていて、さらに海岸近くの池は、高さ45メートル、幅20メートルという巨大な地下洞窟で外界と結ばれているのです。

ダイバー垂涎の地

通り池・鍋底池
イトマキエイやサメ、ナポオンフィッシュ、イソマグロなど、海の巨大魚もたくさん生息していますし、巨大な地下洞窟は探検・冒険気分を盛り上げるため、ダイバーにとって垂涎のスポットなんですよね。今回私はダイビングはしませんでしたが、いつか潜ってみたいものです。

下地島の人魚伝説とは?

通り池・鍋底池
さて、ダイビングブログではないので、この美しい通り池のもうひとつの顔もご紹介しましょう。それは人魚伝説

昔、下地島の通り池の近くの木泊村に住む漁師が、ユナイタマを釣り上げました。ユナイタマとは頭が人間で体が魚の、人魚のことです(※)。珍しいこともあるものだと、漁師はユナイタマの半身を切って近所の人に配りました。

海の精霊という説もあります

ユナイタマよ、帰っておいで

通り池・鍋底池
夜中になって、近所の子供が急に泣き叫び出しました。母親が怪しく思っていると、海の彼方から「ユナイタマよ、帰っておいで」という声が聞こえました。一方島の方からは「私は体の半分を食べられてしまったから帰れません」と声が聞こえます。すると海からは「それなら大きな波を送るから、それに乗って帰っておいで」と声がしました。

下地島にいた親子は震え上がって、命からがら伊良部島へと逃げて行きました。そのあとすぐに島に大津波が三度押し寄せ、下地島の村は全て波に飲み込まれてしまいました。通り池はその大津波でできた池だということです。

悲しい人魚伝説

通り池・鍋底池
人魚の肉を食べると不老不死になるという伝説もありますね。でも日本各地に言い伝えられている話はどれもハッピーエンドでなく、物悲しさに満ちています。この伝説の大津波は、1771年に起こった明和の大津波であるとも言われていますが、通り池がそれでできたのかどうかは定かではありません。

数十トンの巨岩を陸に打ち上げる、恐怖の大津波「帯岩」【下地島】
   高さ12.5m、周囲約60m。総重量数十トン。沖縄県下地島の帯岩は大津波で打ち上げられた巨岩です。津波による死者、行方不明者の合計はなんと1万2000人にものぼりました。

地の国への入り口のような鍋底池

通り池・鍋底池
通り池からさらにウッドデッキを渡って奥に歩いてみましょう。すると鍋底池(なべぞこいけ)につきます。ギザギザとした鍾乳石は、まるで地の国への入り口のよう。波が荒い時には鍋底が沸騰しているかのように泡立つ、または鍾乳石に反響した音が鍋底を響かせるようだ──ということから名付けられたとか。

母親のお腹の中の音

通り池・鍋底池
その音は赤ちゃんが母親のお腹の中で聴く音に近いと言われています。産湯のように人が鍋底池に浸かる宗教的儀式としても使われるそうで、産湯を温める鍋から鍋底池と名付けられたとも。ここは母体回帰の地でもあるんですね。鍋底池の透き通った青色は、怖いほど美しかったです。(2011年04月21日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

通り池(とおりいけ)鍋底池(なべぞこいけ)
住所 :沖縄県宮古島市伊良部佐和田
電話 :09807-8-6250(宮古島市伊良部町役場商工観光課)
時間 :見学自由
入場料:無料
駐車場:無料20台
※情報修正2017年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。