南国になぜドイツの古城が!?「うえのドイツ文化村」【宮古島】

うえのドイツ文化村
南国宮古島。でも風景はドイツ。だってライン川のマルクスブルグ城がそびえ立っているんですもの。ドイツの古城保存教会から見取り図を取り寄せて再現された本物そっくりのお城です。

宮古島南のドイツテーマパーク

うえのドイツ文化村
うえのドイツ文化村は宮古島の南に位置するドイツテーマパークです。ドイツ村のすぐ近くには、ちゃんと宮古島まもる君も立っていますよ。真っ青な空と南国特有の熱い空気に対して、ドイツの古城というかなりシュールな光景。当然「なんで宮古島とドイツが関係あるの?」とききたくなりますよね。

宮古島一の有名人・警官型人形「宮古島まもる君」【宮古島】
   宮古島まもる君は宮古島のあちこちに設置されている警察官型人形です。その人気たるや、観光客向けの携帯ストラップや文房具だ けでなく、ジュースも数種類発売されているほどです。

1873年ドイツの商船が難破

うえのドイツ文化村
展示イラストを使ってご説明しましょう。1873年(明治06年)07月、ドイツの商船・R.J.ロベルトソン号がアデレードに向かう途中台風に遭遇し、船は宮古島の南岸・上野村の海岸に座礁してしまいました。

地元漁師がロベルトソン号の乗組員を救出

うえのドイツ文化村
翌朝、地元の漁師がロベルトソン号を発見。力を合わせて8名の乗組員を救出しました。

37日後に無事ドイツへと帰国

うえのドイツ文化村
宮古島の人々は手厚く乗組員を介抱し、身振り手振りでコミュニケーションをとって交流を深めました。そして37日着には乗組員は中国を経由して無事ドイツへと帰国しました。

ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世が感激

うえのドイツ文化村
ロベルトソン号の船長はドイツの新聞に事の顛末を発表しました。それを読んだドイツ皇帝ヴィルヘルム1世が感銘を受け、3年後に軍艦を日本へ派遣しました。かくして宮古島とドイツは友好関係を結び、1876年には平良港に記念碑が設置される運びとあいなったのでした。

全く知られていなかった事件が1929年に広まる

うえのドイツ文化村
この事件は日本のどの文献にも載っていなかったのですが、1929年に探索を趣味としていた松岡益雄さんが記念碑を発見したことによって、世に知られることとなりました。そしてドイツとの友好親善を後世に伝えるために、1996年にうえのドイツ文化村がオープンしたのです。

ゲアハルト・シュレーダー元首相も来日

うえのドイツ文化村
2000年07月21日には九州・沖縄サミット会議に出席していた当時のドイツ首相・ゲアハルト・シュレーダー氏もうえのドイツ文化村を訪れています。実に良いお話です。美談ですね。

お姫様ベッドの婦人の間

うえのドイツ文化村
再現マルクスブルグ城の中には、騎士の間、婦人の間、礼拝堂、台所など、ドイツの文化に触れられる貴重な展示物がたくさん。この婦人の間のベッドは実に美しく、ドレープたっぷりの天蓋にため息。お姫様のベッドだー!

本物のベルリンの壁

うえのドイツ文化村
そしてうえのドイツ文化村の目玉はこれ、ベルリンの壁。1961年08月12日の深夜、予告なしに封鎖されてから28年後、1989年11月09日に民衆の手によって崩壊した壁です。あの映像は何度見ても感動的ですね。そのベルリンの壁の本物が展示されているなんてすごい。

感動ばかりはしていられない

うえのドイツ文化村
──と感動の連続のテーマパークなんですが、このブログのタイトルは「日本珍スポット100景」。珍妙なものを真面目な施設の中で探すのもまた楽しきことなのであります。こちらの展示室はドイツの文化を紹介しているお部屋。

なぜこんなやっつけ仕事に

うえのドイツ文化村
南部バイエルン地方の民族衣装と題されたコーナーのマネキンが実に珍なるテイスト。不自然なポーズで斜めに立つ男性と、髪の毛ボッサボサの女性。なんかかなりやっつけな感じがします。うーん、もうちょっとマネキンの顔とポーズなんとかならなかったのでしょうか。

騎士の間の二人

うえのドイツ文化村
そして騎士の間。西洋甲冑や暖炉、彫刻の施された衣装ケースなど見所はたくさんあるのですが、どうしても視線があるものに釘付けになってしまうのです。

意味の分からないポーズ

うえのドイツ文化村
それがこの騎士のお二人。なぜこんな中途半端なポーズなの? せっかく騎士なんだから剣を振り回してるところとか、睨みをきかせて仁王立ちとか、他にいくらでもカッコいいポーズとれるはずなのに……。

はっ、もしかしてこれって、博物館用の特製マネキンじゃなくて、普通の洋品店に置かれているマネキンなのでは──? シュレーダー元首相がどう思ったのか非常に気になります。

お約束のトイレ探し

うえのドイツ文化村
私は全国各地のトイレ巡りを趣味としていますので、ドイツのお城のトイレも要チェックです。通路の奥まったところの突き当りにちゃんと木製トイレがありますよ!

観光客は使用不可

うえのドイツ文化村
さすがドイツ人は抜かりないな。部屋の隅や庭で用足ししていたヴェルサイユ宮殿とは違う。マルクスブルグ城は12世紀に建設された後増改築を繰り返しているから、最初からトイレはなかったのかもしれませんけどね。当たり前ですが観光客は実際にはこのトイレを使用してはいけません。別の場所に水洗トイレがあります。

後日談・失敗談

うえのドイツ文化村
知らなかったドイツ交流の歴史も学べるし、珍妙テイストな展示もあるしで大変満足しました。ところで私、ここでちょっと失敗をしてしまったのです。トイレ(本物の水洗トイレの方)に行った時に、うっかりサングラスを落としてしまったのです。それに気づいたのは翌日のこと。

サングラス落としちゃった

うえのドイツ文化村
もう飛行機の時間が迫っていたので、ダメ元でうえのドイツ文化村の事務所に問い合わせたところ、それらしきものは見当たらないとのこと。気に入っていたものだったので、しょんぼりしつつ帰りの飛行機に乗ったのでした。

スタッフの方に大感謝です

うえのドイツ文化村
そしたらなんと1週間ほどして小包が届き、中から私のサングラスが! 嬉しかったなあ! お手数とご迷惑をお掛けしてしまって申し訳なく思いましたが、同時にドイツ人漂流者を助けた宮古人気質が今も存在しているのだなあと感動しました。うえのドイツ文化村のスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。(2011年04月20日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

うえのドイツ文化村(うえのどいつぶんかむら)
住所 :沖縄県宮古島市上野宮国775-1
電話 :0980-76-3771
時間 :09:00〜18:00(入館は17:30まで)
入場料:入園は無料だが、博愛記念館とキンダーハウス共通券は850円
休業日:火曜(04月~09月)火曜・木曜(10月〜03月)
関連URL:宮古島 観光|うえのドイツ文化村
※情報修正2017年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。