過酷な税制が引き起こした悲劇「人頭税石(賦測石)」【宮古島】

人頭税石
1637年〜1903年に260年以上も沖縄の人々を苦しめ続けた過酷な税金・人頭税。琉球王府が取り立てる税金はあまりに重く、離島では村人どうしの間引き、殺人まで行われました。

人頭税とは何か

人頭税石
1609年、琉球を侵略した薩摩藩は沖縄の島々の検地を行いました。その後薩摩の圧力を受けた琉球王府が、宮古・八重山の島の人々に課した税金が人頭税です。人口(頭数)を基準にする税金だったことからそう呼ばれます。

15歳から50歳の人全員

人頭税石
1637年には役人の見立てで税を納めるように制定され、1710年には15から50歳の人全てに課せられました。男は穀物、女は織物を税金として納めなければなりませんでした。

年齢によって納める税に違いはあるものの、個人の能力や体力は考慮されません。体の不自由な人、病気の人、怪我をした人などもお構いなしの税金です。

与那国島の久部良バリ

人頭税石
人頭税がどれほど苦しい税金だったのかは、与那国島の久部良バリ(クブラバリ)を見れば分かります。ここは妊娠した女が無理やり飛ばされたという岩の裂け目です。幅は3メートルぐらい。深さは7、8メートルはあるでしょうか。

重税のために殺人が行われていた場所「久部良バリ」【与那国島】
    沖縄県与那国島はダイバーに人気の楽園です。しかしこの美しい島には悲しく暗い歴史を伝える場所があります。久部良バリは背筋が凍るような恐ろしい事が起こった場所です。

妊婦が飛び越えねばならない裂け目

人頭税石
身重の妊婦は機織りの作業ができないこともあり、定められた織物の税金を納めることができません。この岩の割れ目を飛び越えることができるだけの体力があれば、仕事は十分できるでしょう。しかし飛び切ったとして、こんな激しい動きをしたなら、お腹の子供は流産してしまうに違いありません。

田んぼに走って行かねば殺される

人頭税石
そしておそらく大半の女性は割れ目に落ちて死んでいったことでしょう。男性も同じ。村中に銅鑼が鳴り響いたら、すぐにトゥングダという田んぼに走って行かねばなりませんでした。制限時間内に駆けつけられないような体力のない男は、みな殺されてしまいました。

村人どうしで人減らしや間引きまでしなくては払いきれない税金って……。絶句するしかないような過酷な税制です。こんな馬鹿げた税金が100年前まで人々に課せられていたという事に驚きます。

人頭税石(賦測石:ふばかりいし)

人頭税石
この石は人頭税石(賦測石:ふばかりいし)。なぜそう呼ばれるのかははっきりと分かっていませんが、1710年に税金が年齢制になるまでは、身長がこの石の高さになったら税を払うという目安に使われたとも言われています。高さは143センチ。私の身長(159センチ)と比べてみると、こんな小柄な人にも過酷な税金がかけられていたのかと胸が痛みます。

他にも、霊石信仰の対象、陽石(男根を表した石)、図根点(測量のための標識)、天体観測の基準点とする説などがある。税金の目安というのはひとつの仮説にすぎないが、宮古島の歴史を思い出せる史跡があるのは大変有意義だと思う。

島の歴史も覚えておきたい

人頭税石
宮古島はほんの100年前まで、薩摩と琉球王府に搾取され苦しめられてきました。でも美しい海と空、豊かな水、眩しい太陽を見ていると、そんな悲劇があったことを忘れてしまいそうです。ビーチリゾートとして名高い宮古島ですが、ここを訪れる人は頭の片隅に島の歴史を覚えておいてほしいなあと思います。

ひとくくりに琉球って違うよね

人頭税石
私を含め内地に住む人は、宮古や八重山の離島もひとくくりに「沖縄、琉球」と言ってしまいますが、島の人々は支配者であった本島の琉球王国は全く別だと考えています。今も沖縄は米軍基地問題で揺れていますが、それ以前から外から来た異国の人々に苦しんできたんですね。(2011年04月18日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

人頭税石(じんとうぜいせき・にんとうぜいせき)
住所 :沖縄県宮古島市平良字荷川取90
電話 :0980-77-4947(宮古島市教育委員会 生涯学習振興課)
時間 :見学自由
料金 :無料
駐車場:なし
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。