動きまわって人を食い殺す森「ガーナー森(ムイ)」【沖縄本島】

ガーナー森
その昔琉球には恐ろしい森がありました。自由に動き回り、村人を襲っては食い殺していたという化物森。その名はガーナー森(ムイ)沖縄県那覇市に伝わる不思議な森をご紹介します。

繁華街にポツンと残された森

ガーナー森
ガーナー森はビルや家が立ち並んでいる那覇市鏡原にあります。Googleマップの写真で見て分かるように、そこだけポツンと取り残されたように森があります。こんな一等地になぜ結構な大きさの森が残っているのか不思議ではありませんか?

昔那覇は海だった

ガーナー森
実はこの鏡原、戦前までは海だったのです。ガーナー森は前々回でご紹介した漫湖に浮かぶ小島で、名勝の地として知られてしました。現在でも那覇市の文化財名勝と天然記念物に指定されていて美しい自然が残されています。でも私は景色よりも、この森に伝わる恐ろしい伝説に惹かれて登ってみることにしました。

ガーナー森の伝説とは

ガーナー森
ここは駐車場の隣にある西側の登り口です。コンクリートブロックの階段が設置されています。では登りながらガーナー森のお話をいたしましょう。むかーし、むかし。海に浮かんでいた小島のガーナー森は、真玉橋(まだんばし)の近くの村人を襲ったり、畑の食物を食い荒らしたり大暴れをしていました。

森のしっぽを岩で押さえつける

ガーナー森
すっかり困り果てた村人は、地元の神様にお祈りをしました。どうぞあのバケモノをおとなしくさせてくださいと。すると神様はガーナー森のしっぽに3つの大岩を投げつけて押さえつけてしまいました。そして全く動けなくなってしまったガーナー森はそれ以降村人を襲うこともなく、静かな普通の森になったそうです。

他にも様々な言い伝えが

ガーナー森
ガーナー森にまつわる伝説は他にもいろいろとあります。森でがちょう(ガーナー)が騒いでうるさかったのでガーナー森と呼ばれるようになったとか、巨大な蛇が島となってのちに水鳥(ガーナー)が集まったからガーナー森になったとか……。いずれにしても水鳥が集まるような小島であったことは確かなことです。

昔のガーナー森は伝説の通り

ガーナー森
サイト「nakamuraの思考回路」様の記事に、昔のガーナー森の写真が掲載されていました(ガーナー森【画像紹介】 ~nakamuraの思考回路~)。その写真を見るとガーナー森の端にポンポンと岩が突き出ており、まさに伝説の通り「ガーナー森のしっぽを3つの岩が押さえつけている」ようにみえるのです。

伝説には一片の真実がある

ガーナー森
伝説というのはまったくでたらめではなく、何らかの真実が含まれているもの。でもこれが真実だとしたら、森が村人を襲うというのは? 台風や地震などの災害で苦しんだ人がたくさんいたということかしら? ウィルスは水鳥に寄って媒介されることが多いから、過去にパンデミックを引き起こしたことがあったのかもね。

さてずいぶん高く登りました。枝の間から駐車場のクルマが見えますね。

聖地となっているガーナー森

ガーナー森
頂上まで来ました。ガーナー森御嶽神(うたき)と書かれています。ということはここは聖地として崇められているということですね。なるほど周りが埋立地となってもこの森だけ切り崩されなかったわけです。言うまでもないことですが、見学の際には騒いだりせず地元の方の信仰を尊重した行動をとってくださいね。

遺跡の真玉橋も健在

ガーナー森
そうそうガーナー森が襲ったという村の真玉橋(まだんばし)は今も漫湖の東側にあります。と言っても全体ではなく一部が発掘されて、歴史的建造物として保存されている状態ですが(※)。伝説の地を実際に訪れてみると想像力が刺激されて楽しいですね。(2012年09月12日訪問)【麻理】

不気味な休息ベンチ「漫湖公園1・カニモニュメント」【沖縄本島】
    海から上がってくる謎の怪獣……映画『パシフィック・リム』みたいですが、こちらは沖縄県那覇市にある、漫湖公園の休息所。東屋(あずまや)の屋根がカニの形をしてるんですよ。
写真は昔の真玉橋。現在の真玉橋は那覇市と豊見城市の境にある国場川にかかっている。

参考文献

地図&情報

ガーナー森
住所 :沖縄県那覇市鏡原町1-74
電話 :098-853-5776(那覇市教育委員会)
時間 :見学自由だが夜はおすすめしない
休業日:年中無休
駐車場:専用の駐車場はないが、近くに駐車場はある
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。