凱旋門とピラミッドがなぜお墓にあるの?「浦野墓地」【与那国島】

浦野墓地
沖縄県与那国島浦野墓地。たくさんの巨大亀甲墓群が見られることで知られていますが、その中にひときわ目立つ建築物があるのです。それがこの凱旋門。いったいなぜこんなところに?

なぜお墓の中に凱旋門が?

浦野墓地
祖納から東崎へ向かう間にある浦野墓地(うらのぼち)は「ニンバラ」と呼ばれていました。沖縄県のお墓は本州のものよりも大きく亀の甲羅の形をしています。中は8畳ほどもある巨大なものも少なくありません。

これらを亀甲墓(かめこうばか、きっこうばか、かめこうぼ)と呼びます。そんな亀甲墓が点在する浦野墓地ですが、凱旋門やピラミッドの墓はかなり目立っています。

リビングまであるピラミッド型のお墓

浦野墓地
凱旋門がある壁に近づいてみると、その奥にピラミッド型の建物があります。『ワンダーJAPAN1号』の「風変わりなお墓と供養」のページによると、このピラミッドはお墓であって中にはリビングまでしつらえてあるのだそうです。まるで一軒家のような豪華なお墓ですね。

誰のお墓なのか

浦野墓地
与那国島のダイビングショップで訪ねてみたところ、このお墓は町役場のすぐ裏にあるスーパーふくや」のご先祖様が祀られているのだそうです。でもネットで調べてみると、八重山の離島の船会社のご先祖様という説もあるようで。小さな島だからどちらも血のつながりがあるご親戚なのかもしれませんね。

夢のなかのような不思議な風景

浦野墓地
丘一面に遺跡のように巨大な亀甲墓がたくさん。人影がほとんどないこともなって、夢の中の風景を歩いているような不思議な気持ちになります。

ところで与那国島で購入した本『与那国島異聞』には、浦野墓地にまつわる不思議な話が書かれていました。

小人の葬列の伝説

浦野墓地
浦野墓地の墓から小さな小人のたち100人ばかりがぞろぞろと出てきて葬列を作り、死者の家まで歩いていって死人の口へと次々に入っていく。すると小人を飲み込んだ死者がよみがえる──という昔話でした。独特の雰囲気がある浦野墓地なら、小人の葬列を見たとしてもおかしくないなと思いました。(2012年05月14日訪問)【麻理】

浦野墓地の小人の葬列のお話は、「与那国民族資料館」のブログでも読むことができる。(グスヌ ヒッカティ

参考文献

地図&情報

浦野墓地(うらのぼち)
住所 :沖縄県八重山郡与那国町
関連URL:与那国民族資料館
※情報修正2017年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。