ぽってり可愛いヨナグニウマと遊ぼう!「与那国馬」【与那国島】

ヨナグニウマ
沖縄県与那国島与那国馬。小柄でお腹がぽってりしている可愛らしい馬です。島のあちこちで放し飼いされています。性格も穏やかだから旅行者は与那国馬が大好きになるはずですよ。

牛と馬が放牧されている世にも美しい断崖絶壁「東崎」【与那国島】
    日本最西端の地、沖縄与那国島の東崎(あがりざき)には放牧された牛や馬がいっぱい! 目もくらむ断崖絶壁には柵がなく、高所恐怖症の人は失神しそうな世にも美しい絶景です。

日本には8種類の在来馬がいる

ヨナグニウマ
日本には日本在来馬(にほんざいらいば)が8種類います。日本在来馬とは外国の馬と交雑することなく生存している日本固有の馬のことです。北海道の北海道和種(道産子)、長野の木曽馬、宮崎の御崎馬、長崎の対馬馬、愛媛の野間馬、鹿児島のトカラ馬、宮古島の宮古馬、与那国島の与那国馬です。

沖縄には2種類の在来馬が

ヨナグニウマ
沖縄県には8種類のうちの2種類、宮古馬と与那国馬がいます。宮古馬については以前記事に書きました。宮古馬はたった30頭(2011年時点)ほどしかいない絶滅危惧種なのです。

世界でたった30頭しかいない孤独な在来馬「宮古島牧場」【宮古島】
    宮古島北の宮古馬牧場。広々とした囲いに馬が放し飼いにされています。自由に草をはんだりポクポク歩いたりして実にのどかな風景。宮古馬は日本で最も数が少ない在来馬です。

絶滅が危惧されている与那国馬

ヨナグニウマ
与那国馬は2011年現在60頭が生存しています(※)。宮古馬よりは多いですがやはり絶滅が危惧されていて、現在は与那国馬保存会が保存や増殖に力を入れています。与那国島が日本最西端にある離島だったこともあって、純血種として系統が保たれてきた与那国馬。今後増え続けるといいですね。

勝手にどこかへ行ってしまわないの?

ヨナグニウマ
さて。東崎では自由に草をはんでいた与那国馬ですが、勝手にどこかに行ってしまわないのか、道路に出てクルマにはねられないか心配になりませんか? でも大丈夫。与那国島には道路にちょっと特殊なしかけがしてあるのですよ。

テキサスゲートで牛馬をブロック

ヨナグニウマ
それはテキサスゲート。この写真の溝のようなものがテキサスゲートです。東崎だけでなく、南牧場、北牧場など各地に牧場があるのですが、その近くにはこのようなテキサスゲートが設置されています。牛や馬はこのゲートを越えることができないので、勝手にどこか行ってしまうことがないのです。

溝を怖がって超えられない

ヨナグニウマ
犬を飼っている人はわかると思いますが、犬は道路の側溝にある金網の蓋(これ何て呼ぶの?)を怖がって避けたりしますよね。牛や馬も同じで、溝に足がはまってしまったり、落っこちてしまうような気がして怖いみたい。人間にとっても足が挟まる危険性があります。それとバイクや自転車はスピードを落として走行しなければなりませんね。

放し飼いの与那国馬

ヨナグニウマ
島内を歩いていると、遠くに与那国馬の親子がいるのを見つけました。以前ちょっとだけ乗馬をやっていたので私は馬が大好きです。近づいてみることにしました。

サラブレッドに比べて随分小さい

ヨナグニウマ
仔馬は紐でつながれているわけではなく放し飼い状態。与那国馬は体高110センチから120センチ。サラブレッドは170センチぐらいありますから、近くで見るとちっこいなあと思います。色は鹿毛(かげ)と呼ばれる赤っぽい茶色。

好奇心旺盛な仔馬

ヨナグニウマ
眺めていると仔馬が私の方に走り寄ってきました。興味深げに私の周りをぐるぐる歩きます。与那国馬はおとなしくて普段はじっとしているようですが、仔馬は好奇心旺盛で活動的ですね。つぶらな瞳が可愛い。頭と首を撫でると気持よさそうにしていました。

ヨナグニウマふれあい広場

ヨナグニウマ
与那国島のNPO団体・ヨナグニウマふれあい広場では、与那国馬の繁殖や調教だけでなく、与那国馬を使った馬遊びのアクティビティを提供しています。与那国馬に乗ってトレッキングしたり、馬と一緒に海で遊んだりできるプログラムがあるそうですよ。次回はぜひ参加して、浜辺を走ってみたいなあ。暴れん坊将軍みたいにね。(2012年05月13日訪問)【麻理】

追記

ヨナグニウマ
その後2013年11月03日に念願かなって、沖縄県の久米島でヨナグニウマに乗ることができました。天空の丘と呼ばれる比屋定バンタをヨナグニウマと一緒に冒険。楽しかったなー!

ヨナグニウマに乗って天空の丘比屋定バンタ「久米島牧場」【久米島】
    久米島の比屋定バンタは200メートルの断崖絶壁が2キロも続く景勝地。ヨナグニウマで乗馬をするのが夢でしたがやっと叶えることができました。眼下は海。遠くにハテの浜が見えます。

参考文献

地図&情報

ヨナグニウマふれあい広場
住所 :沖縄県八重山郡与那国町与那国4022-179
電話 :090-1941-4758
関連URL:沖縄の在来馬 ヨナグニウマふれあい広場
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。