古代の遺跡? 自然の造形物?「与那国海底遺跡」【与那国島】

与那国海底遺跡
沖縄県与那国島の海底に沈む与那国海底遺跡と呼ばれる不思議な構造物。人間が作った遺跡? それとも単なる自然の造形物? 長年の夢だった与那国島の海に潜り考察しました。

欠航のため海底遺跡を見られず

与那国海底遺跡
20年以上前に学研『ムー』の特集で与那国海底遺跡を知って以来、ずっと行きたいと思っていました。なのに与那国島まで渡りながら、直接潜って海底遺跡を見ることはできなかったのです。海底遺跡は島の南にあります。南風が強い日は(※)ダイビング船はもちろんのこと、グラスボート、漁船など全て欠航。よってこの記事の写真は北西のダンノ浜で潜ったものです。最初に謝っておきます。ごめんなさい。

海底遺跡を見たい人は、冬に与那国島に行く方が潜れる確率が高い。冬は北風が吹くからである。

海底遺跡の発見!?

与那国海底遺跡
1986年に地元ダイバーによって、島の南側の海底で不思議な地形が発見されました。階段状の壁や、柱、人が切り出したかのような直線的な岩──。以来琉球大学教授(現在は名誉教授)である木村政昭氏を中心とした調査が行われ、木村教授はこの地形が人によって作られた遺跡であると主張してきました。

古代の遺跡が水没したものか

与那国海底遺跡
木村教授は人が通れる城門、穴の開けられた二枚岩、メインテラスやプール、階段などは侵食では作られないと考え、これらのものは人工物であると述べています。また数千年前の古代の文明がこのあたりに存在していて、海面上昇によって水没したものであると論じてきました。

私は遺跡ではないと思う

与那国海底遺跡
しかし私は与那国の海底遺跡は遺跡ではないと考えています(※)。つまり自然に作られたものだろうと考えているのです。私は珍スポット旅行でよく山にのぼるのですが、似たような階段状の岩や、すっぱりと断ち切られた石積みに見える地形を日本全国あちこちで見かけるからです。

海底遺跡ではないと考えているが、この記事内では一般に知られている「与那国海底遺跡」の名称を使っている。

階段状の地形は珍しくない

与那国海底遺跡
たとえばこれは、和歌山県和歌山市加太(かだ)の深山(みやま)要塞の近くにある地形です。横倒しになっていますが、階段のように見えますね。これと同じような形状の岩が与那国海底遺跡に見られます。これは地質学で言う「節理(せつり)」という現象で作られたものです。

バイオハザードな風景をあなたに「加太・深山要塞」【和歌山】
   和歌山県の加太・深山要塞は、まるでRPGゲームの風景。緑に覆われたレンガ造りの建物は、ノスタルジックでファンタジック。異世界に迷い込んでしまったような体験ができます。

遺跡的な形状は節理によるもの

与那国海底遺跡
節理とは岩盤が地層面に添って剥離することす。岩が直線的に割れる節理は地質学的にとりたてて珍しいものではありません。与那国島のこの海域は流れが早いため、剥がれ落ちた岩はすぐに流されてしまいます。だからまるで人が作ったかのような美しい遺跡に見えるのです。またもし遺跡が海に沈んで数百年から数千年が経過したのなら、波による侵食を受けて岩の断面はむしろ直線的でなくなっているはずです。

島全体の地層がが傾いている

与那国海底遺跡
それから与那国島自体の岩盤が斜めに傾斜していることも自然物である根拠に挙げられます。これは船から撮影した与那国島の西の端です。崖をよく見ると斜めに傾いた地層が見えると思います。海底遺跡も同じように東南方向に傾斜しているのです。その傾斜角度は15度もあります。

人工物にしては不自然な15度の傾斜

与那国海底遺跡
スキーをしたことがある方なら分かると思いますが、15度の坂というと中級者が滑るような角度です。遺跡ならばこのような傾斜をわざわざ作る理由は何でしょうか? もし遺跡が水平だったり、島全体の地層と逆向きに傾いているなら人工物であるかもしれませんが、島と同じように傾いているなら自然のものだと考えるべきでしょう。

ホンモノの遺跡であってほしい

与那国海底遺跡
けれどもその一方で、これが本物の遺跡であればなあとも思うのです。与那国海底遺跡を目当てに訪れる観光客が落としていくお金は結構なものです。与那国海底遺跡は小さな与那国島の大きな収入資源となっているのです。でもこれが全くの自然物でありふれた地形だと知れ渡ってしまえば、与那国島を訪れる観光客は大幅に減ってしまうかもしれません。

なんてロマンにあふれた場所だろう!

与那国海底遺跡
海底に沈んだ古代文明──なんてロマンにあふれた場所でしょう。私は「自然の造形だってことは百も承知。でもダイビングには面白い地形だし、楽しいよね、遺跡だって想像するだけでドキドキするし」というスタンスでいたいのです。いつかまた私は与那国島に行きます。そして今度こそ自分の目で海底遺跡を見ます。どうか私に「これはホンモノの古代の遺跡だ!」と信じさせてくれ!

読者の方にお願いしたいこと

与那国海底遺跡
ついでに言うと、当ブログの古代ロマンシリーズはそういう立ち位置で読んでほしいと期待して書いています。読者の方に「すごい、日本にはキリストの墓があるんだ! これは日本政府がバチカンに伝えるべきことだ!」と思ってほしいのではありません。「あ~『竹内文書』ね~(半笑い)」って言ってほしいのです。

神道式!? キリストの墓でナニャドヤラ「キリスト祭り」【青森】
   青森県、旧・戸来村に伝わるキリスト伝説。6月に開催されるキリスト祭りは、なんと神道式で行われます。不思議なメロディ「ナニャドヤラ」の盆踊りをぜひ動画で御覧ください。

『ムー』と『MMR マガジンミステリー調査班』は一般教養

与那国海底遺跡
でも最近前者の人が増えてきて、時々そんなメールを頂いたりしちゃうもんだから正直困っています。『ムー』の洗礼は中高生までにすませてほしい。そして大人になったら『ムー』を読みつつ渾身の演技で「な、なんだってー!!!(MMR的に)」とやるのが正しい大人の楽しみ方の作法ではないかと思うのです。(2012年05月14日訪問)【麻理】

追記

与那国海底遺跡については「2ちゃんねる考古学板 与那国「遺跡」スレ過去ログ置き場」のページをぜひ読んでいただきたい。2ちゃんねるの書き込みだけれど、ここに登場するhammerhead氏の素晴らしい考察にうならされる。ところで、hammerhead氏は私の知り合いじゃないかなと思うのだけど……。連絡のしようがないよね。

参考文献

地図&情報

与那国海底遺跡
住所 :沖縄県八重山郡与那国町与那国
関連URL:2ちゃんねる考古学板 与那国「遺跡」スレ過去ログ置き場
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。