タオ島の海でマーメイドスイム修行「タオ島・ナンユアン島」【タイ】

タオ島・ナンユアン島
タイのサムイ島北部にあるタオ島と、タオ島の属島のナンユアン島へ行きました。サムイ島一押しの観光地をご紹介するとともに、私の趣味のマーメイドスイム(人魚泳法)について書きます。

ビッグブッダ港から片道2時間

タオ島・ナンユアン島
巨大な金の大仏があるワット・プラヤイ寺院(Wat Phra Yai)の近く、ビッグブッダ港から出発します。時刻は朝7時半。なんでそんなに早いのかというと、タオ島・ナンユアン島までサムイ島から片道2時間もかかるからなんですよ。でも数百人は乗れる高速船で向かいますので、船酔いも全くなく快適な船旅。

巨大仏像とヘタウマ像「ワット・プラヤイ寺院1」【タイ】
   タイ、サムイ島の巨大仏像がある寺院へ行って来ました。ここはワット・プラヤイ寺院。通称「ビッグブッダ寺院」。金色に輝く大仏はサムイ島の中で一番人気の観光スポットです。

タイ屈指の海の美しさを誇る島

タオ島・ナンユアン島
ナンユアン島は3つの小島からできていて、それらが白いサンゴの砂浜で結ばれています。タイ屈指の海の美しさを誇る島。日本人の間ではそれほど知名度がありませんが、海外のバックパッカー、ダイバーの間では垂涎のスポットとなっています。ナンユアン到着後に小さな船に乗り換えて上陸します。

上陸には100バーツ必要

タオ島・ナンユアン島
ナンユアン島のビーチにはゴロゴロと巨石が転がっていて不思議な景観が楽しめます。船着場から木の橋をわたって島の中央部へと歩きます。この島では環境保護のために、上陸の際に入島料100バーツ(約350円)を払う必要があります。

ペットボトルや缶の持ち込みは禁止

タオ島・ナンユアン島
ナンユアン島のルールその1。この島にはペットボトルや缶を持ち込むことはできません。美しい海を守るためです。ビーチ中央にビーチバーがオープンしているので、飲み物はここで買います。

フィン(足ひれ)の使用禁止

タオ島・ナンユアン島
ルールその2。ナンユアン島のビーチではフィンの使用が禁止されています。理由はサンゴを守るため。スノーケルに不慣れだと、サンゴの上に乗って息をしたりフィンでサンゴを蹴ってしまうんですね。素足ならそれほどサンゴにダメージはありません。

透き通るエメラルドグリーンの海

タオ島・ナンユアン島
透き通るエメラルドグリーンの海と白い砂浜がキラキラと輝いています。この日は雲が多かったのですが、空は晴れ渡って日光がじりじりと皮膚を焦がすようでした。

寝てる人の方が多いかな

タオ島・ナンユアン島
浜には地元のお兄さんがいて、ビーチパラソルのレンタルをしていました。みなさんパラソルで木陰を作って、ビーチバーで買ったドリンク片手に寝っ転がっています。どっちかというと泳いでいる人よりも椅子で寝ている人の方が多いみたい。海外からの観光客ってそういう人多いよね。

ジャパニーズ・ガーデン?

タオ島・ナンユアン島
おや。ジャパニーズガーデンという案内板がありましたよ。海の中の景観が日本庭園に似ているからかしら。ジャパニーズガーデンはナンユアン島の東の湾に広がるサンゴのポイントです。早速潜ってみましょう!

フィンなしだとちょっと難儀

タオ島・ナンユアン島
水深は5メートルぐらいで浅いです。その分日光の光が底まで届いて魚やサンゴがよく見えます。普段私はモノフィンという、イルカのような1枚の足ひれで潜っているのですが、ここではフィンは禁止。フィンなしで潜ると推進力がないのでちょっと難儀。

スズメダイなど小さい魚がたくさん

タオ島・ナンユアン島
ここにはあまり大きな魚はいません。スズメダイやクマノミなど小さくて可愛い魚がたくさん泳いでいます。この写真では一面サンゴに見えますが、海底のほとんどは砂浜で、あちこちにポコンポコンとサンゴが咲いてる感じ。ところどころはカラフルなのですが、白色化しているものが多いです。

率直な感想を言わせてもらうと

タオ島・ナンユアン島
……正直に言うと、評判ほど素晴らしい絶景ではなかったです。多分期待が大きすぎたんですね。透明度は宮古島・石垣島・与那国島・渡嘉敷島など沖縄の離島に比べると、そこまで高くないような。またビーチの周りは水深が浅すぎて変化に乏しく、潜って楽しいという感じではないかも。

お昼ごはんを船上でとってタオ島へ

タオ島・ナンユアン島
ナンユアン島には2時間ほど滞在して一度船に戻ります。私が参加したのはご飯を船上で食べるツアー。バイキング形式で美味しいピラフやパスタをいただきました。そして食事の間に船はタオ島へと向かいます。タオ島の「タオ」とはカメの意味。つまり亀の島。

船からボートエントリーのダイビングスポット

タオ島・ナンユアン島
30分ほどでポイントにつきました。ここは船から海に飛び込むボートエントリーのエリア。高速船が3隻ほど停泊していて、スノーケラーがたくさん浮かんでいました。

自作の人魚スーツで潜るよ

タオ島・ナンユアン島
私が着ているのは人魚スーツ。水着の素材であるスパンデックスに、うろこ状のシルバーの箔が押してある生地で自作しました。日光を浴びると魚のウロコのようにキラキラと輝きます。ここはフィンの使用もOKだからモノフィンで潜っています。

スーツのおかげで他の観光客とも交流

タオ島・ナンユアン島
こんな格好で泳いでいたので、他の観光客にたくさん話しかけられました。「なんか変なやついる」みたいなイロモノ扱いだったとは思いますが、みなさんフレンドリー。そんな交流もとても楽しかったです。

翌日港に写真が貼り出される

タオ島・ナンユアン島
翌日、このツアーに連れて行ってくれたガイドのワンチャイさんが「あなた、今タオ島の有名人だよ!」と教えてくれました。高速船のクルーが泳いでいる私の写真を撮って大きく引き伸ばし、港に飾っているとのことでした。「人魚がいる島、タオ島」のコメントつきで。……タイの人は商魂たくましいな。

こんなバカな日本人はいません

タオ島・ナンユアン島
今回の旅では行く先々で「日本人はみんなこの格好で泳ぐのか?」と聞かれましたが、ちゃんと「こんなくだらないことを、いい年してやっている日本人はいません」と弁明しておきました。かくして日本人の名誉は守られたのであります。(2013年04月26日訪問)【麻理】

人魚修行の動画

iMovieで人魚修行の動画を作りました。1時間ぐらいで簡単に動画編集ができますよ。超お勧めソフトです。

参考文献

地図&情報

タオ島・ナンユアン島
住所 :Koh Phangan, Thailand
※情報修正2017年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。