鳥居がマンションの壁にめり込んでいる!?「椿神社」【愛媛】

椿神社の鳥居
愛媛についたときにはとっぷり日が暮れてしまいました。ここは愛媛県松山市椿神社の大鳥居。暗くて見難いですが、よく見ると鳥居の端がマンションの壁にめり込んでしまっていますよ!

広告

お椿さんとして親しまれている神社

椿神社の鳥居
愛媛県松山市の椿神社(つばきじんじゃ)の大鳥居。椿神社は正式には伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)と言います。境内に咲き誇る椿の花の美しさから、または昔神社の辺りが海であったことから「津(海)の脇の神社」がなまって、椿神社と呼ばれるようになったそうです。地元の方は「お椿さん」って呼んでるみたい。

広告

マンションにめり込んでいる鳥居

椿神社の鳥居
公式サイトから、商売繁盛の御利益で知られ、伝統と格式のある神社だということは分かったのですが、いったいどのあたりが珍スポットなのか。それは参道にある大きな鳥居です。「椿神社西入口」信号すぐ近くの鳥居がマンションにめり込んでいるんですよ!

突き刺さってる? 食い込んでる?

椿神社の鳥居
めり込んでいるというか、突き刺さっているというか、食い込んでいるというか──とにかく鳥居の端がマンションの壁にくっついてしまっているような感じなんです。

写真が真っ暗で分かりにくいので、Googleストリートビューの画像を拝借しました。できればこの禁じ手は使いたくなかった……。

窓と壁が内側に凹んでいる

椿神社の鳥居
これはアップにしたところ。鳥居の端っこに当たらないように、壁と窓がその部分だけひっこんでいるんです。出窓の逆バージョン。窓から手を伸ばせば鳥居に触れてしまう距離です。鳥居ぎりぎりの土地にマンションを建てたのでこうなったんでしょうね。

今後このような物件は増えるのかも?

椿神社の鳥居
一瞬ぎょっとしてしまうような光景ですよね鳥居がめり込んでいるように見える以外はごく普通のマンションだから、一般の方がお住まいなのかしら。よくご神木をよけて道路が造られたりしますが、今後土地の開発が進むと、このように神社仏閣に近接した建物はどんどん出現してくるんでしょうね。(2009年05月04日訪問)【麻理】

両側のビルに鳥居がめりこんでいる!?「錦市場・錦天満宮」【京都】
京都市中京区の錦市場は昔から「京都の台所」と呼ばれて賑わう人気の商店街です。そんな錦市場でぎょっとするのがこの鳥居。なんと鳥居の両端が両側のお店の壁にめり込んでいるんです!

参考文献

地図&情報

椿神社(つばきじんじゃ)
住所 :愛媛県松山市居相2-2-1
電話 :089-956-0321
休業日:年中無休
時間 :参拝自由
拝観料:無料
駐車場:無料
関連URL:伊豫豆比古命神社(椿神社)
※情報修正2017年07月

広告