ハイレベルな日本三大がっかり名所の一つ「はりまや橋」【高知】

はりまや橋
日本三大がっかり名所。一つ目は札幌の時計台、二つ目は高知のはりまや橋、3つ目は諸説ありますが、今回訪れた2番手の高知市のはりまや橋のがっかり度合いは半端なかったですよ。

沖縄の守礼門、長崎のオランダ坂、名古屋のテレビ塔など、各地の名所が「我こそはがっかりなり!」と名乗りを上げています。

観光客であふれるはりまや橋

はりまや橋
はりまや橋は高知市の中心部、はりまや橋交差点にあります。訪れたのは夜の8時頃。周辺は交通量が多く高いビルばかりですが、橋自体がライトアップされていたのですぐに見つかりました。がっかり名所とは言え、やはり名所。はりまや橋はたくさんの観光客で溢れていました。

はりまや橋の歴史

はりまや橋
江戸時代の高知の町人街は一部の商人に支配されていました。中でも播磨屋(はりまや)と柩屋(ひつや)は長宗我部時代に土佐に移り住んだ豪商でした。この2大商家は城下町の建設にも積極的に参加しており、はりまや橋は堀で隔てられた播磨屋と柩屋をつなぐために架けられました。

川の上にない橋

はりまや橋
もともとは堀川に建設された橋でしたが、1928年の街路整備により周辺が整備され、1960年代には水質汚濁のために堀川が埋め立てられてしまいました。だから現在はりまや橋は流れている川の上には架かっていないのです。

がっかりの原因

はりまや橋
夜でちょっと見にくいですが、橋の下にあるのは人工の水路。はりまや橋は何度も架け替えられ、現在の朱塗りの太鼓橋は1998年に整備・復元された新しいもの。橋自体も20メートルほどしかありませんし、この作り物っぽさが「日本三大がっかり」の原因なのかもしれません。

はりまや橋の悲恋話

はりまや橋
はりまや橋にまつわるお話に、純信とお馬の恋物語があります。幕末も近い安政の初め、若い僧侶・慶全は鋳掛屋の娘お馬に一目惚れをします。しかしお馬は住職である純信に惹かれていました。慶全はお馬の心を引きとめようと、はりまや橋でかんざしを買ってお馬に贈りました。

引き離される二人

はりまや橋
(写真は高知県の龍馬歴史館の蝋人形)しかし全くなびくことのないお馬。慶全は嫉妬にかられ「かんざしを贈ったのは純信じゃ」と触れ回りました。僧侶の恋愛はご法度です。純信は取り調べを受け謹慎の身に、お馬は出入り禁止となりました。

龍馬の全てが分かる「龍馬歴史館(創造広場アクトランド)」【高知】
   高知県と言ったらやはり坂本龍馬。日本全国に熱いファンがどっさりいます。香南市の龍馬歴史館は、坂本龍馬の生涯を、36場面180体の蝋人形で再現したバーチャル偉人伝館です。

坊さんかんざし買うたを見た

はりまや橋
思い余った純信とお馬は関所破りをして駆け落ちをしましたが、すぐに捕まり連れ戻されました。二人は晒し者にされて引き離されます。よさこい節の「土佐の高知のはりまや橋で 坊さんかんざし買うたを見た よさこい よさこい」はこの悲恋を歌ったものです。

地下広場へ行ってみよう

はりまや橋
純信は当時37歳、お馬は17歳だったという説もあります。年の差婚を夢見る中年男性に希望を持たせるようなお話ですな。他にはそれほど見るところもないので(だって橋しかないんだもん)、はりまや橋公園をぶらぶらしていましたら「地下広場入口」の看板が。行ってみましょう。

誰もいないひっそりした地下通路

はりまや橋
観光客でごった返すはりまや橋とは打って変わって、誰もいないひっそりとした地下通路。おや、向こうの方に赤いものが見えますよ。

はりまや橋の古い欄干、解説パネルなど

はりまや橋
そこにあったのは昔のはりまや橋の欄干。解説パネルや写真も展示されていました。はりまや橋の歴史がよく分かりますね。がっかり観光地を期待していらっしゃった方は、地上のはりまや橋だけで素通りするのではなく、この地下通路も必ず見てほしい。なぜなら、こここそが真のがっかりスポットだからです!

本当のがっかりスポットはここだ!

はりまや橋
散乱するゴミやペットボトル、ベンチで寝ているホームレス、いちゃつくカップル、地面にくずおれている酔っぱらい──これはかなりハイレベルのがっかりです。このブログを見ているような天邪鬼なあなたは、きっと「さすが日本3大がっかり観光地は伊達じゃない!」とおっしゃることでしょう。(2009年05月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

はりまや橋
住所 :高知県高知市はりまや町1
電話 :088-823-9457(高知市観光振興課)
関連URL:はりまや橋 – 高知市公式ホームページ
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。