夫婦二人で建てたフルスクラッチ集合住宅「沢田マンション」【高知】

沢田マンション
高知県の沢田マンションは、鉄骨鉄筋コンクリート造り、地下1階地上5階(一部6階)建て、戸数約70、100人居住のマンション。なんと素人のご夫婦が自力で建てたというから驚き。

『沢田マンション物語(古庄弘枝)』

沢田マンション
私が沢田マンションのことを知ったのは『沢田マンション物語(古庄弘枝)』という書籍からです。何がびっくりったって、全く専門知識のない夫婦が独学・独力で巨大建造物を建ててしまったということ。ご夫婦の名前は沢田嘉農(さわだ かのう:1927〜2003)さんと、妻裕江(ひろえ:1946〜 )さん。

沢田嘉農氏波瀾万丈な人生

沢田マンション
沢田嘉農氏の人生ときたら、波瀾万丈そのもの。小学5年生の時にマンションの建築と経営を夢見て、12歳で製材業を開始。材木や建築材料の扱いを独学。戦争を体験して、27歳で再び製材業を営みます。

そして家やマンションを建ててマンション経営に着手。32歳で13歳(23歳ではないですよ)の裕江さんと結婚して二人で建て売り販売業を営んできました。その数なんと300世帯!

「10階建て、戸数100戸」の大構想

沢田マンション
妻の裕江さん一人で作った家もあり、その時裕江さんは20歳であったといいます。そして「10階建て、戸数100戸」の大構想をぶちあげて、44歳の時に土地550坪を購入。いよいよ沢田マンションの建築にとりかかる時がやってきたのです。

日本版サグラダ・ファミリア?

沢田マンション
設計図もなしに、ブルドーザーとパワーショベルで地面を掘り、自らコンクリートでセメントを塗りこむ。製材所もクレーンも夫婦で力をあわせて自作。増築に次ぐ増築。嘉農氏亡き後は増築されていないものの、現在もまだ未完成──というまるでガウディのサグラダ・ファミリアのようなマンションなのです。

いったいどうやって?

沢田マンション
建築士でもなく大工の修行もしていないアマチュアが、建物、それもマンションなんぞを建てられるものなのか?──と本を読んだ時は信じられませんでした。重機の調達は? その操縦は? 材料は? どうやって外装、内装を自分でやるの? でもできちゃうもんなんですね。

日本の九龍城・軍艦マンション

沢田マンション
外観はショッピングモールの立体駐車場のよう。クルマのまま上の階まであがっていけるスロープがあるからかな。屋上にはリフト、田んぼに野菜を育てている畑が作られています。

テレビや雑誌でもしばしば取り上げられて「日本の九龍城」「軍艦マンション」なんて呼ばれることも多いのですが、沢田マンションの前に立つと、なるほど上手いこと言うなと思いました。

入居者思いのマンション

沢田マンション
一つとして同じ部屋はなく家賃もバラバラ、リフォーム可、家賃は入居した時のまま上がらず(だからずっと2万円のままなんて物件も)、礼金なし、更新料なし、出世払い可。昔は経済的に苦しい家庭を優先して入居させていたそうです。ここまで入居者思いのマンションってあるでしょうか。

行政的にはちょっとまずい……

沢田マンション
しかしながら全肯定できない部分もあります。現在の建築基準法においては沢田マンションはかなりまずいことになっています。沢田マンションが違法建築なのは明らかですが、すでに居住者がいるために高知市役所もなかなか厳しい指導ができないようで……。

勇気と元気が沸くマンション

沢田マンション
そのようなことは横においておいて。私は沢田マンションの持つ迫力、沢田嘉農氏の生き方には良い意味でショックを受けました。居住空間ってのはここまで自由にできるんだと驚いたり、人間の能力ってすごいと感心したり。沢田マンションを見て「私も頑張ってみよう!」と勇気と元気が湧いてきました。

世界に誇れる偉業・建築

沢田マンション
模型用語で、ネジ1本からパーツを自作して材料だけでつくり上げることをフルスクラッチと言いますね。マンションをフルスクラッチで作ってしまった沢田夫妻は本当に素晴らしい。違法であったとしても、私は世界に誇れる偉業・建築だと思いました。

見学の際には節度を持って

沢田マンション
なお、この記事の写真を見てもお気づきだと思いますが一応ご注意を。沢田マンションは居住者のいるマンションです。勝手にマンション内に侵入したり、大勢で押しかけたりなど決してしないようにしてください。住人のプライバシーに配慮した行動をよろしくお願い致します。(2009年05月03日訪問)【麻理】

沢田マンションの動画


Tomcafe さんがアップロードなさっている動画「沢田マンション・高知の有名建築」です。沢田マンションの様子がよくわかりますね。不思議な構造だなあ〜。

参考文献

地図&情報

沢田マンション
住所 :高知県高知市薊野北町1-10-3
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。