2匹のカモメが飛ぶ橋「かもめ橋」(※リニューアル前)【徳島】

かもめ橋(宍喰橋)
この橋は一風変わった形をしています。橋全体が羽を広げたかもめの形なんですよ。徳島県の最南端、海陽町宍喰(ししくい)地区にある通称かもめ橋です。正式名称は宍喰橋と言います。

かもめ橋は2011年に改修工事が行われて、ピカピカに塗り直されました。この写真は2009年に撮影したものです。

正式名称・宍喰橋(ししくいばし)

かもめ橋(宍喰橋)
海陽町は高知県に近い静かな町。ここに流れる二級河川・宍喰川に掛かっている橋だから宍喰橋(ししくいばし)と言うんですね。でも地元の人にはかもめ橋の名称で親しまれています。

愛称にちなんでカモメの姿に改造

かもめ橋(宍喰橋)
もともとは2つの弓型が連なった橋の形が、翼を広げたカモメに似ているということでかもめ橋と呼ばれていたそうです。そこで1992年に愛称にちなんでカモメの頭が取り付けられ、翼も白くペイントされました。

山へ飛ぶカモメと海へ飛ぶカモメ

かもめ橋(宍喰橋)
橋の長さは全長55メートル、幅6.4メートル。カモメの頭は橋の両方にあって、海に向かって飛んでいるカモメと山に向かって飛んでいるカモメの2匹の姿が見られます。最初からカモメに似せて作られた橋ではなくて、後付けでカモメっぽくしてしまったユニークな橋ですね。

夜にはライトアップ

かもめ橋(宍喰橋)
このかもめ橋、横から見てみるとライトが取り付けられています。これは夜にライトアップされるためなんですが、単に明るくするだけではありません。橋の壁に何か描いてあるのが見えますでしょうか?

星座が描かれている

かもめ橋(宍喰橋)
実は星座が描かれているんですよ。昼間だから見えにくいかな? ブラックライトで星座が浮かび上がって見えるのですね。なんでカモメに星座なのかよく分からないけど……。

今はピカピカのまっ白カモメに

かもめ橋(宍喰橋)
私が訪れた3年前の時点でかなり塗装が剥げてしまっていたのですが、2011年に改修工事が行われて今はきれいになっています。ネットで現在の様子を見ると、おお!ピカピカの真っ白なカモメに生まれ変わってる!

旧宍喰町のトリビア

かもめ橋(宍喰橋)
私が訪れたのはちょうど工事が始まる前だったみたい。きれいになったかもめ橋、また四国旅行の時に見に行きたいなあ。

ちなみにウィキペディアによると、宍喰橋のある旧宍喰町(現在海陽町)の出身者にプロゴルファーのジャンボ尾崎がいます。ゴルフウェアとして派手な柄のセーターをよく着てましたね。だから何だと言われても困りますが。(2009年05月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

かもめ橋(宍喰橋)
住所 :徳島県海部郡海陽町宍喰浦
関連URL:宍喰橋(ししくいばし) | 徳島県
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。