敵国ドイツ兵と鳴門市民の友好の歴史を知ろう「ドイツ館」【徳島】

ドイツ館
鳴門市にはかつて第一次世界大戦におけるドイツ兵俘虜の収容施設がありました。当時捕らえられたドイツ兵5000名弱のうち約1000名が、この板東俘虜収容所に収容されていました。

俘虜とは戦争で手国に捕らえられた人間のことで、いわゆる捕虜の意味。

年末恒例、ベートーベンの第九

ドイツ館
年末になると決まってベートーベンの『交響曲第9番 ニ短調 作品125』、通称「第九」が流れますね。実は第九が日本で初めて演奏されたのは徳島県鳴門市なんですよ。

実は年末に第九を演奏するのは日本だけ。ドイツでも全く演奏されないというわけではないが(12月31日のジルベスター・コンサートなど)、風物詩となるほど第九と年末は結び付けられていない。

恐ろしいイメージのある収容所だが……

ドイツ館
収容所というと思い浮かぶのはアウシュビッツ収容所ではないでしょうか。アウシュビッツのイメージからドイツ兵はさぞひどい境遇で虐げられていたのでは……と思われがち。ところが彼らは質素ではあるものの人道的な扱いを受け、快適な生活を送っていました。

地元鳴門市では温かい交流があった

ドイツ館
地元の人々はドイツ兵俘虜を「ドイツさん」と呼び、スポーツや芸術、農作業など様々な分野で温かい交流がありました。楽器を手作りして結成されたオーケストラの演奏会は鳴門市で大評判。その演奏会で奏でられたのが、日本で最初の第九のコンサートだったんですね。

当時の収容所の様子をジオラマ・資料で展示

ドイツ館
ドイツ館はドイツ兵と地元の人々の友好を後世に伝えるために建てられた記念館です。収容所生活を再現したジオラマ、ムービー、新聞や手紙、書籍、写真などの資料でその交流の様子を学ぶことができます。特に動くロボットのオーケストラ・第九の演奏シアターが素晴らしいんです。

残念、撮影禁止!


うん、そうなんだ。あなたも想像ついたと思うけど(全く内部の写真がないから)撮影禁止だったんです。写真をお見せすることができずに非常に残念ですが、IKEKITA MinoruさんがYouTubeに動画をアップされていたのでありがたく引用させていただきます。

日本人とドイツ人の友好関係

ドイツ館
私は徳島県に収容所があったこと、そして虐待されていたのではなくドイツ兵たちが地元の方と和やかな雰囲気で生活していたことにに驚きました。収容所ですから窮屈なこともあったでしょうが(女性がまったくいないとかね)、たとえ敵国であろうと人間同士仲良くやっていた徳島人の素晴らしさに胸が温まる思いでした。

現在も第九の演奏会が催されている

ドイツ館
交響曲第9番の第4楽章で歌われるシラーの詩には「優しい翼が留まるところ、全ての人間は兄弟となる」とありますね。板東俘虜収容所で演奏されるにふさわしい交響曲です。

鳴門市では第九が初演された大正7年6月1日にちなんで、6月の第1日曜日を「第九の日」として演奏会を行なっているそうです。(NPO法人 鳴門「第九」を歌う会 ホームページ

兵舎として使われていた建物

ドイツ館
ドイツ館のすぐ近くには道の駅 第九の里があります。この建物は板東俘虜収容所の兵舎で、最近まで牛小屋として使われていた建物。2004年に登録有形文化財に指定されたため、ドイツ館のある場所に移築されて物産館に生まれ変わりました。ぜひこの道の駅も見てみてくださいね。(2009年05月06日訪問)【麻理】

追記:2016年12月10日

大正蒸滊奇巧(‏@taijyoukou)様より情報をいただきました。大阪市大正区にドイツ兵俘虜の石碑があるそうです。わざわざお写真まで撮影してくださいました! 地元の方ならではの貴重な情報をありがとうございました! 

参考文献

地図&情報

ドイツ館
住所 :徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
電話 :088-689-0099
時間 :09:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:第4月曜日(祝日の場合はその翌日)年末
入館料:大人400円
駐車場:無料
関連URL:鳴門市ドイツ館|徳島県鳴門市『第九が日本で初めて演奏された地』
※情報修正2016年12月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。