ひとりで歩くのが怖い……等身大の木像五百羅漢「地蔵寺」【徳島】

地蔵寺 五百羅漢
徳島県板野郡板野町にある地蔵寺。四国八十八ヶ所霊場の五番札所です。見どころは等身大の五百羅漢が並んだ回廊。ポール・デルヴォーの『人魚の村』のようなゾクゾクする体験です。

奥の院にある四国でただ一カ所の場所

地蔵寺 五百羅漢
地蔵寺自体は四国八十八ヶ所霊場・五番札所ということもあってメジャーなお寺なのですが、地蔵寺の北西に位置する奥の院・五百羅漢堂が私の目的。本堂から200メートルほど離れた場所です。地蔵寺の境内のあちこちにも「四国でただ一カ所」と書かれた五百羅漢堂の看板が立てられています。

ひっそりとしている五百羅漢堂

地蔵寺 五百羅漢
本堂裏手にある石段を登って行くと五百羅漢堂にたどり着きます。本堂の方はお遍路さんや観光客もたくさんいたのですが、羅漢堂は少し距離があるので訪れる人も少なくひっそりとしています。拝観券200円を購入して入ってみましょう。

お堂は大正時代に消失

地蔵寺 五百羅漢
この羅漢堂はコの字型をしています。写真では上の写真が建物中央。下の写真がそれぞれ建物の左右になっています。五百羅漢堂は18世紀に実名、実聞という兄弟の僧が諸国を行脚した際に得た浄財で作ったと言われています。しかし当時のお堂は大正四年の火災で消失してしまい、現在の建物は再建されたものです。

回廊にたたずむ羅漢さん

地蔵寺 五百羅漢
羅漢堂は回廊状になっていて木製の五百羅漢像が安置されています。薄暗い回廊に等身大の羅漢さんがたたずんでいて荘厳な雰囲気です。地蔵寺のある地名は羅漢といい、地蔵寺は地元の人には「羅漢さん」と呼ばれて親しまれているのですが、この五百羅漢堂があるからなんですね。

等身大で迫力がある

地蔵寺 五百羅漢
私は「似た形のものが無数に整然と並んでいる」光景が大好きで、五百羅漢のあるお寺にはよく足を運んでいます。極彩色に彩色されたものも多いので見応えがあるのですが、こちらは等身大で大きいため他の五百羅漢に比べてかなり迫力があります。

羅漢がズラリ! ラカン愛いっぱいのお寺「五百羅漢寺」【和歌山】
    和歌山市の五百羅漢寺をご紹介します。地元の方から奉納された羅漢がずらりと並んでいます。古く塗装がはげた像もあれば、原色で彩られた美しいものも。ばらつきがあるのはなぜ?
自由過ぎるカオスな羅漢さん「昭和羅漢(東堂山満福寺)」【福島】
    これまでもいろんなお寺の羅漢さんを見てきましたがこれほど自由な羅漢像は見たことがありません。フリーダムというよりはカオス。福島県満福寺の個性的すぎる昭和羅漢をとくと見よ!
ほんわかほのぼの、1200の手作り羅漢「愛宕念仏寺」【京都】
    京都嵐山にはふたつ念仏寺があります。化野念仏寺は観光客が溢れる有名な観光地ですが、愛宕念仏寺こそ珍スポットマニアにとっては訪れるべきお寺。苔むした1200体の羅漢は圧巻!

ついつい歩く足が速まる

地蔵寺 五百羅漢
人がぜんぜんいないのと、堂内がろうそくの明かりぐらいしかなくて薄暗いことで、少々背筋が冷えるような思いがしました。たとえ木像の羅漢さんといえども、人の形のしたものにぐるりと囲まれているとドキドキしてきますね。つい回廊を歩く足が速まってしまいます。

羅漢さんってどんな人?

地蔵寺 五百羅漢
こちらは釈迦如来。外からの光があって明るくほっとする空間です。ところで五百羅漢についてもう一度復習してみましょう。羅漢とは阿羅漢(あらかん)の略で、煩悩を脱した尊敬されるべき修行者のこと。五百羅漢とはブッダに常に付き添った500人のお弟子さんです。

亡くなった人の面影

地蔵寺 五百羅漢
いろんなお顔をした羅漢像に、一般の信者さんは自分の亡くなった身内の面影を重ねたりします。500人もいるのだから、亡くなった人に似た羅漢さんは一人ぐらいはいるだろうということですね。釈迦崇拝だけでなく、先祖の供養としてお参りする方も多いみたい。

庶民の信仰では先祖供養

地蔵寺 五百羅漢
小乗仏教においては阿羅漢は仏弟子の到達する最高の階位として、厳しい修行の末に到達する究極の仏弟子でしたが、庶民信仰では先祖供養と結びついているというのが興味深いですね。私も亡くなった父に似ていいる羅漢さんはいないかなと探してみましたよ。

不気味? 羅睺羅尊者

地蔵寺 五百羅漢
羅漢さんの中で有名な人と言えば羅睺羅(ラゴラまたはラーフラ)尊者でしょう。お腹を開いて、心のなかの仏の姿を見せるというインパクトのあるポーズで知られています。彼はブッダの実子なのですが、美しかった父親に似ていないのでブッダの子供ではない──なんて噂も囁かれていました(この像でもあんまりイケメンじゃないよね)。

お腹の中は仏……じゃない?

地蔵寺 五百羅漢
そこで羅睺羅は「顔は美しくなくとも、私の心には仏がいらっしゃるのだ」と胸をがばっと開けて見せたそうです。まあきっと親の七光りを妬む人もいたんでしょうね。でもお腹の中はお参りした人のお賽銭がどっさり。これじゃあ「私の心はお金でいっぱいだ!」と叫んでるみたい。羅睺羅尊者もトホホと苦笑いしているようにも見えました。

大師堂には大きな弘法大師像

地蔵寺 五百羅漢
最後は大師堂です。へりおすさんのレポートによるとここは大正時代の火災でも焼け残った部分ということです。大きな弘法大師像の周りに小さな回廊があって、四国八十八ヶ所の本尊が安置されています。羅漢さんはいらっしゃらないのでここだけ雰囲気が少し違っています。

デルヴォーの『人魚の村』的怖さ

地蔵寺 五百羅漢
等身大で極彩色に塗られた羅漢像はとても迫力がありました。観光客がほとんどいないこともあり、暗い回廊を一人でお参りするのはちょっと勇気がいるかもしれません。思い出したのは、ポール・デルヴォーの『人魚の村』という絵画。地蔵寺の五百羅漢堂を歩くのは、全く動かない女性たちの前を歩いて行くのと同じ感じがするなあ。(2009年05月06日訪問)【麻理】

追記

人魚の村(The Village of the Mermaids)
ポール・デルヴォーの『人魚の村(The Village of the Mermaids)』 はこれです。子供の頃この絵が怖くて怖くて仕方なかった。どのへんが人魚なのだろうか、この絵の女の人は生きているんだろうか、どうしてみんなジッとして動かないんだろう……。膝が触れ合うような近さでしか歩けない狭い道を進む勇気は、私には、ない。

参考文献

地図&情報

地蔵寺 五百羅漢
住所 :徳島県板野郡板野町羅漢林東5
電話088-672-4111
時間 :羅漢堂は07:30~16:30
休業日:年中無休
拝観料:大人200円
駐車場:無料
関連URL:四国八十八ヶ所霊場公式ホームページ:第5番札所 無尽山 荘厳院 地蔵寺
※情報修正2016年06月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。