マネキン・蝋人形一覧

江戸時代の芝居小屋をリアルな人形で再現「高浜茶屋吉貴」【愛知】

愛知県高浜市の高浜茶屋吉貴はなんと歌舞伎の舞台、観客全てまるごと人形で再現している驚きの芝居小屋があります。等身大の人形がぎっしり! 妖しいお色気コーナーもありますよ。

(閉館)頭クラクラドリームワールド「紫峰人形美術館」【愛知】

愛知県の紫峰人形美術館は絶句するレベルの超珍スポット。数百、数千体の人形が舞い踊り、日本の美を表現する、頭がクラクラするようなドリームワールドを展開。2012年04月に閉館。※この記事は閉鎖前のレポートです。

南極調査団を超リアルマネキンで再現「南極観測船ふじ」【愛知】

南極観測船ふじは1965〜1983に活躍した砕氷艦。今は愛知の名古屋港にて博物館として第二の人生を歩み中です。調査団の様子を不必要なまでにリアルなマネキンで再現しています。

(リニューアル前と後)面白いけど歯がうずく?「歯の博物館」【愛知】

名古屋市の歯の博物館。昔の歯医者さんの様子をマネキンで再現したコーナーや虫歯削り体験などで知られる名珍スポット。リニューアル前とリニューアル後の展示の変化をご覧ください。

白い人のたたずむ市場・楽市立体絵巻「岐阜市歴史博物館」【岐阜】

岐阜市歴史博物館。体験型の戦国ワンダーランドでは真っ白な人形で当時の人々の暮らしを再現しています。バブル時代の1985年にオープンしたので壁や床も大理石のゴージャス設計です。

高山祭がテーマの超豪華な地中式博物館「飛騨高山まつりの森」【岐阜】

岐阜県高山市の飛騨高山まつりの森は個人が建てた超ゴージャスな博物館です。高山祭りは春と秋に開催されます。動く陽明門と呼ばれる豪華絢爛な祭屋台(山車)が高山祭りの特徴です。

ヒゲのある男性必見の博物館「フェザーミュージアム」【岐阜】

岐阜県関市と言えば刃物の町として有名。関市内のメーカ、カミソリ製品や理美容製品のフェザー安全剃刀株式会社による、日本唯一のカミソリ博物館フェザーミュージアムを訪ねました。

無数の人形が並ぶ幽玄の世界「若州一滴文庫・竹人形館」【福井】

福井県出身の作家・水上勉。重厚感ある社会派の小説家として知られています。晩年は社会福祉活動に力を尽くしましたが、その功績の一つである若州一滴文庫をご紹介いたしましょう。

愛されるために生まれた魂を持つ人形「オリエント工業」【東京】

美しく魅力的なドールたち。彼女たちの開発秘話を聞いて私は涙が泊まりませんでした。ヴァニラ画廊人造乙女博覧会に引き続きオリエント工業・上野ショールームの取材レポートです。

(期間限定)ドールの世界「ヴァニラ画廊 人造乙女博覧会」【東京】

東京銀座のヴァニラ画廊で開催された、人造乙女博覧会。老舗・オリエント工業の超高級ラブドールを間近で鑑賞。まさに天使。オリエント工業ショールムレポと合わせてお読みください。

昭和のまま時を止めた「筑波山ガマランド・ガマ洞窟」【茨城】

茨城県筑波山のふもとには、珍妙なドライブインがあります。まるで駄菓子屋のオモチャをゴチャっと寄せ集めたような観光地。特に筑波山ガマ洞窟は昭和を彷彿とさせるレトロスポットです。

(閉鎖)見やすくて秘宝館初心者にオススメ「別府秘宝館」【大分】

地獄巡りのワニ地獄前にそびえる、大分県の別府秘宝館。看板にも「別府名所」と書かれています。ゲームなど観光客参加型の展示が多く、綺麗な秘宝館です。惜しまれつつ2011年閉鎖。※この記事は閉鎖前のレポートです。

豪華遊覧船で鳥羽湾巡り&民俗学的浦島太郎「遊覧船龍宮城」【三重】

三重県の鳥羽湾めぐりをド派手な遊覧船・龍宮城で満喫。浦島太郎の民話の真の意味とは? 浦島伝説の民族学的考察について、伝承文学研究で有名な三浦佑之先生の説をご紹介します。

(閉鎖)CMも流れていた、心ウキウキ噂の館「元祖国際秘宝館」【三重】

見たか聞いたか伊勢の国~心ウキウキ噂の館♪ かつて東海地方では秘宝館のCMが流れていたという驚くべき事実。日本最大級を誇る三重県の元祖国際秘宝館です。2007年に閉館。

豪華なのに寂しすぎてもったいない「伊勢安土桃山城下街」【三重】

登別・日光・伊勢の3カ所から成る江戸ワンダーランドグループ。三重県の伊勢 安土桃山文化村を訪れました。建物もスタッフの方々も文句なしですが、観光客が少なくて実にもったいない。

(休館)長年よく頑張った! 南極観測船「船の科学館・宗谷」【東京】

東京品川区の船の科学館には、別館として2隻の船が展示されています。前回の羊蹄丸に続いて、今回は我が国初の南極観測船宗谷をご紹介。感動的な船です。※この記事は閉鎖前のレポートです。

(閉鎖)超ディープな闇市を再現「船の科学館・羊蹄丸」【東京】

船の博物館羊蹄丸は昭和30年代の青森をドラマチックなマネキンでリアルに再現。残念ながら2012年に閉鎖。羊蹄丸は解体されましたが、青函ワールドは八甲田丸に引っ越しました。※この記事は閉鎖前のレポートです。

(閉鎖)精力絶倫! スタミナドリンクのお店「スッポン堂」【石川】

スッポン堂の栄養ドリンクは全国80店舗で営業されているヒット商品。あなたもあの赤い看板を見たことがあるのでは。読むだけでも元気と勇気が沸いてくる石川県のスッポン堂をレポ。※この記事は閉鎖前のレポートです。

(閉鎖)ラッセラー! 毎日がねぶた祭り「ねぶたの里」【青森】

ラッセラー! 青森・ねぶたの里は365日毎日ねぶた祭を体験できる博物館。暗闇に浮かび上がるねぶたは幻想的で、迫力があります。残念ながら2013年に入場客の減少を理由に閉鎖。※この記事は閉鎖前のレポートです。

ああ〜♪ 津軽海峡冬景色〜♪「青函連絡船・八甲田丸」【青森】

青森駅の港にある青函連絡船八甲田丸は連絡船としての役目を終えてミュージアムとなっています。大正時代の船内を再現したマネキンが不必要なまでにリアルで珍度高し。