しゃこちゃんを追え!「木造駅・亀ケ岡遺跡・縄文館・カルコ」【青森】

遮光器土偶
津軽は遮光器土偶の町です。ポスター、マンホール、看板、町の掲示板──すきあらば遮光器土偶。青森県つがる市が全面的にバックアップするしゃこちゃんスポットをレポートします。

JRの駅に巨大土偶が!

JR木造駅
最初はJR木造(きづくり)駅。商店街の終点にドォォォンとそびえ立つのは、どうみても土偶です。何でしょうこのいきなりなシチュエーション。

高さ17メートル・コンクリート製しゃこちゃん

JR木造駅
駅舎は木造ふれ愛センターと一緒になっていて、壁に高さ17メートル・コンクリート製のしゃこちゃんが貼りついています。足下にいると踏みつぶされそうです。

商店街にかなりミスマッチな巨大土偶

JR木造駅
それにしてもいくら木造町が土偶の町といってもミスマッチ感溢れすぎ。以前は電車が通ると目が光ったらしいのですが、今は子供が怖がるために自粛しているそうです。小さい子にはかなりトラウマチック。

地元の方にとってはありふれた光景?

JR木造駅
私にとっては違和感ありまくりでも、住民のみなさんはこの風景が日常。普通にキップを買って、普通に待合室で座って、普通に電車に乗ってるんですよ。「わあ」とか驚いたり写真を撮ったりして挙動不審な動きをしているのは私だけでした。

地図&情報

JR木造駅(木造ふれ愛センター)
住所 :青森県つがる市木造房松10
電話 :0173-42-2111(つがる市商工観光課)
入場料:無料
休業日:12月28日~1月3日
時間 :09:00~21:00
駐車場:なし
関連URL:施設利用の手引き
※情報修正2016年09月

1887年に遮光器土偶が発見された町

亀ケ岡石器時代遺跡
つづいて訪れたのが亀ケ岡石器時代遺跡。つがる市がなぜしゃこちゃんに力を入れているのかというと、ここで1887年に遮光器土偶が発見されたからなんです。歴史の教科書では必ずといっていいほど遮光器土偶の写真が載ってますよね。

遮光器土偶は謎の多い土偶

亀ケ岡石器時代遺跡
私が昔学校で習ったのは「遮光器は日光から目を守るために古代人がつけていたサングラスのようなもの」という説。でも今はこの説は否定されています。

古代に流行した目の化粧を表しているとか、単なる美術的な表現とかいろんな説がありますが、結局のところよく分かってないんですよね。我々、珍スポマニアは「宇宙人説」「超古代文明の宇宙服説」「古代核戦争に使用された防護服説」をおさえておけば十分です。

地図&情報

亀ヶ岡石器時代遺跡
住所 :青森県つがる市木造亀ケ岡
電話 :0173-42-2111(つがる市商工観光課)
入館料:無料
休業日:年中無休
時間 :見学自由
駐車場:無料
※情報修正2016年09月

山の中の博物館

縄文館
次はつがる市縄文館。亀ケ岡石器時代遺跡跡と田小屋野貝塚の近くにあるんですが、山道を行けども行けどもたどりつかない。不安になってきたぐらいにやっと建物が現れました。

縄文後期~晩期の土器や石器類が1千点

縄文館
縄文後期から晩期の土器や石器類が1千点ほど展示されています。展示物に添えられた名前の札は年配の方のような名前ばかり。発見した近隣の農家の方みたいですね。「田んぼ耕したらこんなん出てきた」みたいな。

地図&情報

つがる市縄文館
住所 :青森県つがる市木造館岡屏風山195
電話 :0173-42-3450(縄文館)
入館料:大人200円
休館日:月曜日、祝日の翌日
時間 :09:00~16:00
駐車場:無料
※情報修正2016年09月

縄文展示資料館カルコ

縄文展示資料館カルコ
最後に縄文展示資料館カルコ。カルコとは、「Kamegaoka Archaeology Collection (亀ヶ岡考古館)」の略だそうで。う、わかりにくい。

ある意味一番珍スポット

縄文展示資料館カルコ
縄文語で話す古代人ロボット、7/10スケールという中途半端な大きさの竪穴式住居、遮光器土偶が映し出されるホログラフィーなど、ある意味ここが一番の珍スポットでした。(2006年06月03日訪問)【麻理】

地図&情報

縄文展示資料館カルコ
住所 :青森県つがる市木造若緑59-1
電話 :0173-42-6490(縄文展示資料館カルコ)
入館料:大人200円
休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始
時間 :09:00~16:00
駐車場:無料
関連URL:つがる市縄文住居展示資料館(カルコ)|青森県観光情報サイト アプティネット
※情報修正2016年09月

追記:ホンモノの遮光器土偶はここにある!

縄文館
ちなみにホンモノの遮光器土偶は、東京・上野の国立博物館にあるのでした。つがる市、そんなに大事なもんなら死守しないとだめだよー。(2006年07月14日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

東京国立博物館
住所 :東京都台東区上野公園13-9
電話 :03-5777-8600
入館料:大人620円
休館日:月曜日(ただし月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(2015年12月24日~2016年1月1日)。ゴールデンウィーク期間とお盆期間中(8月13日~8月15日)は、原則として無休。
時間 :09:30~17:00(入館は16:30まで)
関連URL:東京国立博物館 – トーハク
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。