ああ〜♪ 津軽海峡冬景色〜♪「青函連絡船・八甲田丸」【青森】

八甲田丸
青森駅の港にある青函連絡船八甲田丸は連絡船としての役目を終えてミュージアムとなっています。大正時代の船内を再現したマネキンが不必要なまでにリアルで珍度高し。

1988年に役割を終えた青函連絡船

八甲田丸
青函連絡船(せいかんれんらくせん)は明治41年から昭和63年(1908〜1988)まで、青森駅と函館駅とを結んでいた鉄道連絡船です。1988年に開通した青函トンネルのおかげで北海道と青森を行き来しやすくなり、青函連絡船はその役割を終えました。30年近く前までは運航してたんですね。

『津軽海峡冬景色』の歌謡碑

八甲田丸
青函連絡船が渡っていたのは津軽海峡。石川さゆりさんの演歌『津軽海峡冬景色』を思い出される方も多いでしょう。青函連絡船・八甲田丸の前には『津軽海峡冬景色』の歌謡碑があります。ちなみに石川さゆりさんは熊本出身。私てっきり青森だと思ってました。

大正時代の船内を再現

八甲田丸
八甲田丸船内には大正時代の船内を再現したコーナーがあります。窓には海の景色が映し出されていて波が揺れています。薄暗い展示室を歩くだけで当時の青函連絡船にトリップ。乗客の人形それぞれにドラマがあるようで、細かい部分まで小道具が作り込まれてます。制作者の情熱が伝わってきますね。

老夫婦の人形の背後で寝ている青年

八甲田丸
やつれた髪のおばあさんとむっつり押し黙ったおじいさん。人形だから当然黙ってるんですけどね。本当に老夫婦が言葉少なに座っているようなんです。壁を向いて寝ている青年がちょっと不気味です。

80年代の立体映像でちょっぴりブルー

八甲田丸
3Dシアターという海中風景の立体映像があったので、青と赤のメガネをかけて鑑賞。思いっきり80年代です。ショボショボの立体映像の上、私しか観光客がいないため気分はブルー(80年代死語)。海中風景だけに。

びっくり、船長室に人が!

八甲田丸
連絡船ブリッジに向かい船室などを見て回っていると、船長室に人が。ぎょっとして思わず声をあげてしまいましたがこれもマネキン。この船長人形、向こうを向いていて表情が見えないんですよ。これが怖い。怖がらせてどうするんだ。

海の向こうは北海道

八甲田丸
窓の外は気持ちの良い空と海が広がっています。デッキの最上部から眺めは最高。津軽海峡の向こうにあるのが北海道。昔は北海道を行き来するのはこの青函連絡船しかなかったんですね。天気の良い日は良いけど荒れた冬の航海は辛かったろうなあ。

ブリッジであなたも船長気分

八甲田丸
船の心臓部・ブリッジでは船長気分で舵をとることだってできますよ。船を操縦するシミュレーターがあったのでレッツトライ。これまた80年代のマイコンゲームの香りがするシミュレーターであります。でも結構夢中。

マシン萌えの人が心躍る風景

八甲田丸
地下のエンジンルームは、マシン萌えの方もご満足いただける風景。単動4サイクルトランクピストン排気ターボつきディーゼルエンジン(長!)は1600馬力。8基あります。迫力があってカッコイイ!

鉄道列車がまるごと乗っている巨大船

八甲田丸
青函連絡船は列車をまるごと載せることができる巨大船でした。鉄道車両を輸送するためのスペースがある船は世界的にも珍しく、本物の郵便車両も展示されているので鉄ちゃんは必見。八甲田丸はトホホとスゴイが混在する珍スポットでした。(2006年06月03日訪問)【麻理】

追記:2012/07/11

東京船の科学館・羊蹄丸の青函ワールドが、八甲田丸に引越しいたしました。2012年07月31日から公開。羊蹄丸の個性的な人形たちが、八甲田丸で再び見られます。

(閉鎖)超ディープな闇市を再現「船の科学館・羊蹄丸」【東京】
   船の博物館羊蹄丸は昭和30年代の青森をドラマチックなマネキンでリアルに再現。残念ながら2012年に閉鎖。羊蹄丸は解体されましたが、青函ワールドは八甲田丸に引っ越しました。

参考文献

地図&情報

青函連絡船(せいかんれんらくせん)メモリアルシップ・八甲田丸(はっこうだまる)
住所 :青森県青森市柳川1-112-15
電話 :017-735-8150
入館料:大人500円
休館日:夏季は無休 冬季は月曜、年末年始、03月第2週の月~金曜
時間 :09:00~19:00(04月~10月) 09:00~17:00(11月~03月)
駐車場:無料(70台)
関連URL:青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
※情報修正2017年03月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。