縄文時代の豊かな食文化や高度な技術に驚愕「三内丸山遺跡」【青森】

三内丸山遺跡
縄文時代ってどんな時代? 飢えて貧しい生活? 寒さ暑さに耐える毎日? 青森三内丸山遺跡へ行けば、現代より豊かな食文化、自然に関する知識、高度な建築技術に驚きますよ。

縄文時代ってどんな時代?

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡は青森県が誇る巨大野外ミュージアムです。遺跡の存在は江戸時代から知られていましたが、平成12年に国特別史跡に指定されました。ピカピカのモダンでゴージャスな建物に驚きました。

日本最大級の縄文集落跡・三内丸山遺跡

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡は日本最大級の縄文集落跡。今から約5500年前~4000年前の縄文の人々が暮らした住居、墓、ゴミ捨て場、道路などが見つかり、今も発掘調査が行われています。広大な土地に復元された縄文式の建物が点在していますよ。

「巨大な食物庫」の中で暮らす縄文人

三内丸山遺跡
縄文時代の食生活は実は現在よりもずっと豊かでした。海、山、野原……彼らを取り巻く全ての自然が巨大な食物庫。たとえ天候不順である食物が採れなくても、別の食物を探すという採取・狩猟生活です。つまり縄文時代には飢死はありませんでした。農業に頼り切るようになったからこそ、飢饉で死者が出るようになったのです。

豊富な知識、生活の知恵

三内丸山遺跡
自然に関する知識も豊富で、一種類の食物を採りすぎないように生態系に気を配っていたそうです。彼らは食物を調達する知恵、自分の手で道具を作る器用さを持っていました。

写真は「大型掘建立柱建物」。集落を象徴する建物として復元されたもの。柱の直径は1m。

文化・芸術も発展

三内丸山遺跡
朝から晩まで働く農業と違い、狩りを終えた夜は家族で集まって話をしました。そのため生活の知恵を持っている老人が大切にされました。力を合わせて大型の高床建物や冬暖かく、夏に涼しい縦穴式住居を建てました。遠くの人々との交易もさかんでした。そんなふうに文化・芸術が発展していきました。縄文時代は1万年も続きました

文明の発展によって失われたもの

三内丸山遺跡
農耕文化が広がるにつれ、自然に関する知識が失われ、餓死者が出るようになり、身分・階級制度ができました。文明の発展によっていろんなものが失われました。

大型掘建立柱建物跡。穴の直径は2m、深さ2m。中にはクリの柱が入っていた。

ぜひその目で見てほしい遺跡

三内丸山遺跡
この遺跡の素晴らしいところは、地元の人と密着した発掘調査が行われていることです。公式サイトでは作業員のおばちゃんの体験談を聞くことができます。バリバリの津軽弁。全然聞き取れませんが、遺跡に対する愛は伝わってきます。

地元と密着した発掘調査

三内丸山遺跡
復元された建物に入り、遺跡を見学すると、縄文人のテクノロジーとインテリジェンスにゾクゾクします。そびえ立つ大型掘立柱建物に、広々とした大型縦穴住居! こんな巨大な建物を重機のない時代にどうやって建てたの!? 見学中常に驚きっぱなしでした。

復元された大型縦穴住居。長さ32m、幅10mの巨大建物。中は広々としている。使用目的は共同作業所、集会所、冬の共同家屋など様々な説がある。

ダイナミックかつ太っ腹な青森人

三内丸山遺跡
この広々とした敷地に縄文時代を再現してしまう、ダイナミックな珍っぷり。レストラン・五千年の星では古代米のおにぎりも食べられる。しかも見学無料という太っ腹。いやあ、青森ってスッゴイ!(2006年06月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

三内丸山遺跡
住所 :青森県青森市新三内字丸山293
電話 :017-781-6078
入館料:無料
休館日:年末年始
時間 :09:00~18:00(06月01日~09月30日)09:00~17:00(04月01日~05月31日、10月01日~03月31日 )
駐車場:無料(512台)
関連URL:公式ホームページ 特別史跡「三内丸山遺跡」
※情報修正2016年10月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。