(閉鎖)ラッセラー! 毎日がねぶた祭り「ねぶたの里」【青森】

ねぶたの里
ラッセラー! 青森・ねぶたの里は365日毎日ねぶた祭を体験できる博物館。暗闇に浮かび上がるねぶたは幻想的であり迫力があります。2013年12月に入場客の減少を理由に閉鎖。

2013年12月9日に入場客の減少を理由に閉鎖された施設です。ご注意ください。大変残念です。楽しい想い出をありがとうございました。(2013年12月9日閉鎖)

広大な青森自然公園の中のねぶたの里

ねぶたの里
青森の観光スポットはどこも広くて驚きますが、ここはなんと13万坪もの青森自然公園の中にあります。やっぱり青森といえばねぶた。修学旅行生、観光客であふれかえっています。

ねぶたの語源は?

ねぶたの里
公式サイトによるとねぶたは農作業の妨げをする眠気を送り出す習俗「ねむりながし」が訛ったものなんだとか。方言の「ねぶたい(眠たい)」から、またはアイヌ語の「ネプターン(奇怪、不思議)」からという説もあります。確かに眠ってる場合じゃないほど勢いがありますもんね。

ねぶたってどうやって作るの?

ねぶたの里
ねぶたってどうやって作るんだろうという疑問にも答えてくれます。針金に和紙を貼って中にあかりを灯す工程が分かりやすく展示してありますよ。ほほー。こうなってるのね。立体的に作る技術がすごい。日本人の手先の器用さが発揮されています。

暗い館内に浮かび上がる巨大なねぶた

ねぶたの里
巨大倉庫のようなねぶた会館には、実際に祭りで使われた大型ねぶた8台、弘前ねぷた1台が展示されています。薄暗い館内に浮かび上がった巨大なねぶたの、そりゃあみごとなこと! 灯りに照らされた極彩色に見惚れます。

連日ねぶたショーもあり

ねぶたの里
連日ねぶたショーもありまして、ねぶた囃子の実演だけでなく、ねぶた引き体験・跳人(ハネト)体験もできるんですよ。ハネト体験に参加すると認定証ももらえるんですって。

ねぶた師は一年中ねぶたで頭がいっぱい

ねぶたの里
ねぶたの制作日数は3ヶ月かかると言われていますが、実際には祭りが終わった次の日から来年の構想を練り、その年の終わりには制作を開始、祭りのギリギリにできあがるそうです。だからねぶたに関わっている人は1年中ねぶたのことで頭がいっぱい。

祭りが終わると解体されてしまうねぶた

ねぶたの里
幅9m・奥行き7m・高さ5m・重さ4トン。弘前のものは扇型です。弘前はねたではなくてねたなんですね。祭りが終わるとほとんどのものが解体されてしまうそうです。もったいなーい。でもその「かなさと潔さを尊ぶのが日本人の祭り気質なんでしょうね。

ねぶたの里も「珍」からはのがれられない

ねぶたの里
と、真面目に観光案内をしてきましたが、ここにもしっかり珍なるものが。それは恒例・顔出し看板&マネキン。ハネトの格好をしているんですが、ねぶたが壮麗なだけに、ショボさ爆発。しかもそっぽを向いているマネキンの両手首がなく猟奇ムードたっぷりです。

おみやげもぜひゲットしよう

ねぶたの里
おみやげコーナもいわゆるいやげもの……ノリで買ってしまったはいいけれど、もらった人はどうすりゃいいの的・脱力おみやげが満載。家に帰ってからもねぶた気分を盛り上げるためにゲットしましょう。(2006年06月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

ねぶたの里

2013年12月9日に入場客の減少を理由に閉鎖された施設です。ご注意ください。大変残念です。楽しい想い出をありがとうございました。(2013年12月9日閉鎖)

住所 :青森市横内字八重菊1
電話 :017-738-1230
入館料:560円(4月〜11月) 420円(12月〜3月)
休館日:12月1日~1月14日、3月1日~3月31日
時間 :09:00~17:30
駐車場:無料(300台)
※情報修正2017年03月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。