さびしい、気持ちに、なりました…「安達ヶ原ふるさと村」【福島】

安達ヶ原ふるさと村
安達ヶ原の鬼婆伝説。この猟奇的かつ悲劇的な伝説を元に福島県に作られた観光施設、安達ヶ原ふるさと村を訪ねたのですが、ただただしょんぼりとした気持ちになりました。

鬼婆を村おこしに!

安達ヶ原ふるさと村
旅人を襲い、自分の娘の腹を裂いて孫までも殺してしまった鬼婆の伝説。このあまりに暗く恐ろしすぎる物語をなんとか村おこしにできないかと、苦心の上につくられたのが安達ヶ原ふるさと村でした。

場所は、前回ご紹介した観世寺のすぐ隣。地図で見ても相当な面積があることがお分かりになるでしょう。二本松市は結構な予算を注ぎ込んだに違いありません。

妊婦の腹を裂いて殺した鬼婆の悲劇「観世寺・黒塚」【福島】
   福島県二本松市安達ヶ原(あだちがはら)。地名にピンときたあなたは民俗学や日本の伝説にお詳しいと見た。世にも恐ろしい猟奇殺人事件が起こった地、観世寺と黒塚を訪ねました。

ゆるキャラ・バッピーちゃん

安達ヶ原ふるさと村
人肉を喰らう鬼ばばというオドロオドロしいイメージを払拭するために、バッピーちゃんというキャラクターも作られました。このバッピーちゃんは2代目。昔は顔の色がどす黒い、まさに鬼ばばそのもののキャラだったのですが、可愛いバージョンに作り替えられました。

現在は入場料無料

安達ヶ原ふるさと村
当時の入場料は1000円。この手の施設としてはなかなか強気な価格です。しかし2007年4月からは無料になりました。このへんからちょっと雲行きが妖しい……。

誰もいない……。

安達ヶ原ふるさと村
入場してみると誰もいない。まあ、誰もいないことは珍スポット探訪ではよくあるのですが、長年旅をしてきた私の珍スポアンテナに、「これは、やばい」という電波がビシビシ飛んでくるのです。

呼び物の黒塚劇場は閉鎖

安達ヶ原ふるさと村
昔ここにあった、一番の目玉の黒塚劇場はもう何年も前になくなっています。昔はスーパーリアルなばあちゃんロボが、カックンカックンしながらお話を聞かせてくれました。ばあちゃんが鬼ばばに変身するという観客ドッキリオチや、二舞台方式になった凝った演出はもう見られなくなっています。

人形がかなりボロボロ

安達ヶ原ふるさと村
庭園内には昔の農村生活が分かる建物や、武家屋敷などがあるのですが、ここの人形がうらびれています。もう修正する予算がないのか、機械は壊れたまま。会津武家屋敷のきれいな蝋人形を見た後だからよけいにそう思うのかもしれませんが、服はボロボロ、人形もあちこちが欠けてしまっていて悲しい気持ちに。

リアルすぎる西郷一族自決の場に涙!「会津武家屋敷」【福島】
   福島県会津若松市の会津武家屋敷は、家老・西郷頼母(さいごうたのも)の家を復元したミュージアムパークです。リアルな蝋人形で再現された「自刃の場」は涙無くして見られません。

なげやりな感じを受ける

安達ヶ原ふるさと村
でももっと悲しくなるのが、施設の展示のあちこちに掃除道具などが出しっぱなしになっていること。いや、別に珍スポットはボロくてもいいんだよ。マニアは廃墟とか、ボロいのに対して耐性があるから。でもこういうなげやりな感じはなんとも心を沈ませる。

観光客が激減してるからか?

安達ヶ原ふるさと村
あまり呼び物の観光地にならなかった上に、震災の影響があってさらに観光客が激減。もはや朽ちるに任せるといった感じなのでしょうか。やりきれない……。

ゲームセンターやシアターも閉鎖

安達ヶ原ふるさと村
黒塚劇場だけでなく、昔庭園内にあったゲームセンターや3Dシアターも閉鎖。お茶屋さんや茶室もしまってました。ここ、今後どうなっちゃうんでしょうね。

もはや観光地ではないのかも

安達ヶ原ふるさと村
昔ゲームセンターがあったところもガランとしています。一応子供たちが遊べるような施設もあり、そこはお子さん連れのお母さんがちらほらいらっしゃいました。もうここは観光地というよりは、地域のコミュニティセンターとしてしか機能していないのかもしれません。

ちょっとだけ珍なもの

安達ヶ原ふるさと村
昔の珍スポット的なごりがちょっとだけありました。リンゴやバナナのベンチ(または単なるオブジェ)です。

今後どうなるんだろう?

安達ヶ原ふるさと村
子供の遊具がある公園は、工事のため立入禁止になっていました。除染作業などは終わっているようですが、今後、安達ヶ原ふるさと村がどうなっていくのか先行きが非常に不安です。黒塚劇場ぜひ復活してほしいんだがなあ……。(2013年11月28日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

安達ヶ原ふるさと村(あだちがはらふるさとむら)
住所 :福島県二本松市安達ケ原4
電話 :0243-22-7474
時間 :09:00~17:00(※施設により営業時間が異なります)
休業日:年中無休(4月~11月)・木曜日(12月~3月)
入場料:無料(200台)
駐車場:無料
関連URL:安達ヶ原ふるさと村
※情報修正2017年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。