和洋折衷の超豪邸! 百年前の一級建築を知る「亀井邸」【宮城】

亀井邸
宮城県塩竈市の鹽竈神社の近くに、和風建築と洋風建築が融合した実に見事な邸宅があります。総合商社カメイの初代社長が建築した、珍しい和洋併置式住宅・亀井邸を見学しました。

一の宮・鹽竈神社の近くの珍建築

亀井邸
塩竈市の鹽竈神社は陸奥の国の一の宮です。一の宮とはその地方で一番由緒正しく格式ある神社のこと。観光客で賑わう鹽竈神社の裏の坂を下っていると、ひっそりと「開館中」の看板が下がっていました。見学してみてびっくり! 素晴らしく贅沢で珍しい和洋折衷の建築だったのです。

水の色が変わる!? 東北大震災を予言した神釜「御釜神社」【宮城】
   日本三奇の一つ宮城県塩竈市の御釜神社の神釜(神竈)は日本に異変があるときには釜の水の色が変わるといわれています。2011年の東北大震災の直前にも、水の色が変化したんですよ!

石油ブームに乗って発展した亀井商店

亀井邸
この豪邸の主人は亀井商店(現在はカメイ株式会社)初代社長・亀井文平氏。明治36年(1903)に砂糖、小麦粉、食用油、灯油などを扱う製造販売の店舗を開業しました。おりしも明治30年代は石油ブーム。亀井文平氏はいち早く日本石油(現・JXエネルギー株式会社)の代理販売店の資格を取得。好景気に乗って事業の規模が拡大していきました。

高価な窓ガラスをふんだんに使った建築

亀井邸
亀井邸は亀井商店が乗りに乗っている大正13年(1924)に亀井文平氏の別荘兼迎賓館として建てられました。屋敷はふんだんに窓ガラスが使われています。「窓があるのは当たり前じゃない?」なんてお若い方はおっしゃるかも。でも大正時代は職人が手吹きで一つ一つ円筒を作り板ガラスに仕立てていたため、高価な貴重品だったのです。

現在では再現できない左官技術

亀井邸
亀井邸の意匠(デザイン)は和風建築と洋風建築──それも曲線的なアール・ヌーヴォー様式と、直線的なアール・デコ様式が混じり合っていて、現代の建築にはないレトロな風味を醸しています。数寄屋建築の丸窓に美しい洋風モール。この左官技術は現在では再現できない高度なテクニックだと言われています。

押込箪笥と金庫のある部屋

亀井邸
普通の民家と明らかに違う部分は金庫です。頑丈な金庫が押込箪笥(桐箪笥)の後ろに設置されています。さすが大商人のお宅ですね。天井の格子、窓枠など当時の職人が粋を凝らした技術があちこちに使われています。機械で量産した画一的な住宅と違って、人の手が作ったあたたかさを感じます。

頑丈な金庫は和室にも

亀井邸
おや、こちらの和室にも金庫がありました。ここはご主人の寝室かしら? ふすまをしめてしまえば泥棒にも気づかれにくいでしょうね。何重にもなった金庫の扉は火災にも十分耐えそうです。昔は銀行よりも自宅にお金を置くことが多かったのかな。

お客様が鉢合わせない不思議な構造

亀井邸
隠し金庫だけではありません。この亀井邸、忍者屋敷のような面白い構造になっているんです。この階段は1階の玄関、台所、2階の和室の4個所につながっています。これは来客が多いときにも、お客様が鉢合わせることがないように配慮した設計になっているからなのです。

使用人の給仕もスムーズな設計

亀井邸
またお客様同士のすれ違いだけでなく、使用人が給仕する時に廊下をふさぐことなく短時間で準備・片付けすることも想定されています。接客することが多い商家ならではのユニークな建築ですね。いかにも日本人らしいおもてなしです。

ふすまの取っ手はコウモリの形

亀井邸
このふすまの取っ手にご注目。コウモリの形をしていますね。これは亀井商店が大躍進するきっかけとなった旧日本石油株式会社の社章がコウモリだったからなんです。市内の建具屋で特注した逸品です。また隣の二間続きの和室の欄間にもコウモリの透かし彫りが施されているんですよ。

日本石油のコウモリの社章は、創立の時の晩餐会に一匹のコウモリが舞い込んだことが由来。コウモリ(蝙蝠)の「蝠」は「福」と同音で「福が舞い込んだ」と縁起をかついで社章にしたエピソードがある。

トイレの扉も見事な作り

亀井邸
私はいつもこの手の建物探訪をするときには必ずトイレに行くことにしていますが、このトイレの扉も美しくてときめきました。丸く縁取られたモールは直線的なものよりも手が込んでいますし、古いすりガラスも味があります。便器などは最新のものに変わっていますがトイレの扉は必見ですよ。

100年前の一級建築を知るには格好のスポット

亀井邸
大正から昭和にかけては流通が発達したため、木材などの材料・工具が東北地方にも大量に安価に出回るようになりました。また和洋折衷の建築技術も高度に発達した時期です。亀井邸は約100年前の一級建築を知るためには格好のスポット。静かで落ち着いた雰囲気なので旅の一休みにもおすすめです。(2014年05月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

亀井邸
住所 :宮城県塩竈市宮町5-5
電話 :022-364-0686(NPOみなとしおがま)
休業日:水・木曜日、年末年始
時間 :10:00~16:00
入場料:無料
駐車場:なし
関連URL:文化の港 シオーモ | 亀井邸
※情報修正2016年12月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。