大岩窟&仏像ぎっしりワールド「風天堂 岩戸山観世音寺」【愛知】

風天洞
愛知県豊田市の岩戸山観世音寺に足を伸ばしました。一般には風天洞と呼ばれています。もともとの建立は1178年で、昭和53年(1978)に再オープンした仏像いっぱいのお寺です

延命山 大聖寺大秘殿と同じご住職

風天洞
この写真でピンと来たあなたは珍スポットマニア。そう、延長300メートルの大洞窟十界めぐりで有名な愛知県蒲郡市の延命山 大聖寺大秘殿にあったものと同じ、十二支の動物の頭を持つ守り本尊が入り口に並んでいるんです。実は両方のお寺のご住職が同じ方でして、姉妹寺なんですよね。

(閉鎖)300mの洞窟に仏様てんこ盛り「延命山大洞窟めぐり」【愛知】
   愛知県の延命山・大洞窟十界めぐりは300メートルの人工洞窟にありとあらゆる仏像・神像がぎっしり。男根系道祖神も地面からにょきにょき生えています。惜しまれつつ2015年に閉鎖
大変残念ですが、延命山 大聖寺大秘殿は2014年09月に閉鎖しました。

仏像だらけのごった煮状態

風天洞
延命山 大聖寺大秘殿とテイストは全く同じ。とにかく境内中、仏像だらけのごった煮状態。チベット系のセクシーな女神像、信楽のタヌキの焼き物、東郷平八郎に乃木大将像とありとあらゆるモノがぎっしり。何でもあり。世界の仏像大集合。

巨大な岩と岩が重なり合った隙間を進む

風天洞
風天洞のメインは洞窟巡りです。洞窟巡りと言っても天然の洞や人が掘ったトンネルを歩くのでなく、巨大な岩と岩が重なり合ったわずかな隙間をくぐり抜けるようにして進む巨岩巡りと言った方が良いでしょう。入場料を払うと御札2枚ももれなくついてきます。

上ったり下りたり、500メートル

風天洞
境内は参拝無料ですが、この風天洞は入場料1000円。でもそれだけの価値はありますよ。岩と岩の間を上ったり下りたり、500メートル。ところどころ仏像が置かれています。この狭い洞内によく鉄板や階段など機材や仏像を運び込んだもんです。内部は自然光やライトがあるので真っ暗ではありません。

ラストの風天神オブジェは圧巻

風天洞
ちょっとしたアドベンチャー気分にひたれますね。入り口で渡されるロウソク(6本)をあちこちの仏像に灯しましょう。ワイルド感たっぷりなので歩きやすい靴でどうぞ。ラストの風天神という仏面が円柱に貼り付けられたオブジェは圧巻です。

ぽっくり逝ける延寿パンツ

風天洞
出口にはぽっくり堂というお堂があります。無病息災でぽっくり成仏。お寺の売店には延寿パンツなるお土産が売っています。看板には「当山秘伝の修法にて祈祷済 初穂料(はつほりょう)千円也」の文字。ビローンとしたオジサン・オバチャンパンツでした。

寝っ転がって拝む寝拝み楊柳観音

風天洞
そして出口には巨大な岩が乗ったエリアが。これが世にも珍しい、寝ながら拝む寝拝み楊柳観音です。この巨岩の下に木のベンチのようなものがありまして、そこに寝っ転がって真上の観音様のお顔に手を合わせるんですよ。

磐鹿六雁命の壁画と同じ画家

風天洞
落っこちてきそうだし、岩壁が目前に迫っているので怖い。寝っ転がっているのが何だか罰当たりな気もしますね。この絵を描いた方は大聖寺大秘殿の磐鹿六雁命の壁画を描いた方と同じ、馬堀喜孝氏という肖像美術画家です。

悪いところにお札を貼ろう

風天洞
楊柳観音の脇には、体の悪いところと同じ部分にお札を貼って治癒を願う仏様が3体。顔がお札で隠れていて、ちょっと不気味。仏像ぎっしりで足腰も鍛えられる、見どころてんこ盛りなお寺でした。(2007年03月14日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

岩戸山観世音寺・風天洞(ふうてんどう)
住所 :愛知県豊田市足助町大倉町横手山
電話 :0565-64-2279
休業日:年中無休
時間 :09:00~16:30
拝観料:風天洞 入洞料は1000円
駐車場:無料
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。