(リニューアル前と後)面白いけど歯がうずく?「歯の博物館」【愛知】

歯の博物館
名古屋市の歯の博物館。昔の歯医者さんの様子をマネキンで再現したコーナーや虫歯削り体験などで知られる名珍スポット。リニューアル前とリニューアル後の展示の変化をご覧ください。

愛知県歯科医師会館建て替え工事に伴い、歯の博物館は2012年10月04日にリニューアルオープンしました。リニューアル後の館内は展示物が大幅に削除されマネキンもなくなっています。大変残念です。記事の下に現在の歯の博物館の写真を載せておきました。追記をご覧ください。

あれ、ビルの一室……?

歯の博物館
訪れてみてやや拍子抜け。だって見た感じ建物は普通のオフィスビルだし、「博物館」ったって単にビルの一室なんだもん。しかし! そう早合点した私は深く恥じ入りました。小さいながらもここは珍なるものがぎゅっと濃縮された空間だったのです。

小さい中にオモシロ展示が凝縮

歯の博物館
平成元年11月にオープンした歯の博物館は、愛知県歯科医師会がプロデュースする全国でも数少ない歯に関するミュージアムです。当然内容は歯学に関するものばかり。でも堅苦しさは全くなく、小さい子も興味津々のオモシロ展示がいっぱいですよ。

カップルにも人気のスポット?

歯の博物館
私の他にもなぜかカップルが3組もいらっしゃいました。愛知県のカップルはフツーにこんなとこでデートするんでしょうか。ここを選んだあなた方はなかなかセンスありますなー。こちらはいろんな動物の頭蓋骨。牙がキラリ。

アンティークな機械いっぱいの診療室

歯の博物館
メインは何と言っても昔の診療室というコーナでしょう。鉄や木でできたレトロな機械いっぱいの懐かしい診療室が再現されています。もちろんワタクシも歯医者さんは苦手ですが、こんな診察室だったら行ってみたいなあ。

足踏み式のドリルは痛い?

歯の博物館
ここに飾られているお医者さんと患者さんの顔にご注目。なんせドリルは足踏みエンジン、足踏レ-ズ。最先端の麻酔技術もないわけですから、患者のおばちゃんの顔は苦痛にゆがんでいます。歯医者さんの顔にかすかに浮かぶ笑みが怖い……。

体験型の展示もいろいろ

歯の博物館
インタラクティブな体験展示もいろいろ用意されています。大口を開けた人形と本物の機材を使って歯医者さんごっこしたり、毎分30万回転のドリルで虫歯を削ってみたり。へえ、歯(エナメル質)って鋼(はがね)やステンレスに傷が付くほど硬いんだ!

歯の中には悪魔が住んでいる?

歯の博物館
歯痛のオブジェ、これはレプリカですが実物は1780年頃のフランス人が作製したものです。昔の人は奥歯の中に悪魔や蛇や地獄が潜んでいて、歯痛は悪魔がもたらすものと信じていたんですね。ほほう元ネタは18世紀のオスマントルコの歯科本に描かれてたのか!

手づくりの入れ歯いろいろ

歯の博物館
入れ歯って紀元前からあるんですって。日本最古の入れ歯は木でできた木床義歯(もくしょうぎし)です。ゴムで歯茎を再現していたりと工夫されていますね。でもきっとこれらはお金持ちの人しか使用できなかったんだろうなあ。

人によってはお薦めできません

歯の博物館
ここに来れば歯の雑学がびっちり頭に入りますよ。個人的にはかなりお薦めですが、人によってはかなーりイヤなスポットかも。見てるだけでも歯がうずいてくるような抜歯の器具が並んでいたり、実際に使われている診察台に座ったりできる展示があるから。

縄文人でなくて良かった

歯の博物館
そしてそんな人が絶対見てはいけない展示がこちら。縄文時代の通過儀礼の儀式、抜歯や叉状研歯。虫歯でもない健康な歯を削る痛みに耐えられた人のみが成人になれるって儀式ですね。ううう、ガクブル。縄文時代に生まれなくて良かった。(2007年07月14日訪問)【麻理】

追記:リニューアル後の2014年02月08日に再訪しました

リニューアルしたということで再訪してみました。展示物は大幅に減り、あの味のあったマネキンもなくなっていました。小奇麗でさっぱりした館内は、もはや「珍の香り」はまったくせず、珍スポットマニア的には非常に残念に感じました。以下に写真を載せておきます。さようなら、かつての歯の博物館。(2014年02月08日訪問)【麻理】
歯の博物館
歯の博物館
歯の博物館
歯の博物館

参考文献

地図&情報

歯の博物館

愛知県歯科医師会館建て替え工事に伴い、歯の博物館は2012年10月04日にリニューアルオープンしました。リニューアル後の館内は展示物が大幅に削除されマネキンもなくなっています。大変残念です。記事の下に現在の歯の博物館の写真を載せておきました。追記をご覧ください。

住所 :愛知県名古屋市中区丸の内3-5-18 愛知県歯科医師会会館 1階 あいち口腔保健センター内
電話 :052-962-8020
時間 :10:00~12:00 13:00~16:00
休館日:木・土・日・祝、旧盆、年末年始
入館料:無料
駐車場:なし
関連URL:歯の博物館
※情報修正2017年06月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。