世界のトイレを見てみよう「野外民族博物館リトルワールド」【愛知】

リトルワールド
愛知県リトルワールドは世界22カ国の家屋を広大な土地にそのままそっくり建築。パスポート無しに世界一周できます。見どころは世界各国のトイレ。特にインドのトイレは必見ですよ!

超巨大、広大なメジャー観光地

リトルワールド
リトルワールドは超メジャーな博物館です。東海地区では誰でも小中学校時代に遠足、校外学習で訪れたことがあるという学校ご推薦の教育施設ですし、所蔵資料は4万点、敷地の広さ123万平方メートルと言いますから、名実共に大観光地。

民族衣装を着られる体験も

リトルワールド
世界各国の衣装を試着できるサービスもあります。インドネシアの衣装を着たお姉さんたちご一行は、他の観光客にも声をかけられたり写真を撮られたりで大人気でしたよ。現地そのままの背景で撮影できるのでちょっとした海外旅行気分に。

世界各国の珍しい料理を堪能できる

リトルワールド
珍しい世界の料理も堪能できます。ワニのステーキ、ワニハンバーグ、ワニのラーメンまで! リトルワールドでは衣食住、すべてを楽しむことができるんですね。

世界各国のトイレを見てみよう

リトルワールド
広大なリトルワールドにおいて、珍スポット的に見ていただきたいポイントは「世界各国のトイレ」です。私が私淑している、妹尾河童氏の著書『河童が覗いたトイレまんだら』が元ネタ。リトルワールドの世界の建物はトイレも忠実に再現されているのですよ。

残念、トイレがあるのはアジアエリアだけ

リトルワールド
しかし河童さんもがっかりしているんですが、トイレが設置されているのはアジアエリアだけです。なぜかというとヨーロッパの昔の民家は、おまるなどを使っていてトイレがなかったからなんですね。ちぇ。

【1】韓国のトイレ

リトルワールド
さあ気を取り直してアジアエリアへGO! 最初は韓国の民家。トイレは門の横側。物置みたいな小さなスペースです。日本でも田舎の昔ながらの家も門の横にあることが多いですよね。おばあちゃんの家みたいな懐かしい感じ。

【2】タイのトイレ

リトルワールド
次はタイ。庭の奥に竹をカゴのように編んだ掘っ立て小屋があります。コの字型の壁がぐるりと巻かれていて、中にいる人が見えないようになってます。でも隙間から見えそうだし、スースーしてなんか心許ないなあ。

【3】石垣島のトイレ

リトルワールド
石垣島のトイレに注目。敷地内の端っこにあるのは豚小屋がトイレ。石垣島の昔のトイレは豚小屋とトイレが一体型になっていたんですね。人間の排泄物をブタが食べて、そして育ったブタを人間が食べる。うまい具合に循環しています。

【4】台湾のトイレ

リトルワールド
台湾のトイレも豚小屋と一緒になっています。なるほどこれも人糞をブタに食べさせてるのか──と思ったんですが違うんですって。ブタと人間の排泄物を一緒に集める仕掛けになっていて、肥料として効率よく使えるようにしたトイレなのです。

【5】インドのトイレ

リトルワールド
面白いのがインドのトイレ。お金持ちの地主の家には2階に女性用のトイレがあります(写真右上)。これはオシッコ専用。石に足を載せる台が刻まれていて、そこで用を足すと外側の壁に設置された樋をつたって下水の溝に落ちるようになっているのです(写真左下)。ちなみに大の場合は外にある便所小屋(写真右下)でします。

インドの家は見どころいっぱい

リトルワールド
このインド・ケララ州の地主の家は見どころがいっぱいあります。家のど真ん中に「ナドミッタム」という死者を洗い清めて火葬する場所があったり(写真左上)、壁に「悪霊が通るための穴」があけられていたり(写真右上)、出産や生理の時に女性が閉じこもる部屋があったり(写真左下)──。えー、家の中心で死体を焼くの!?

【6】ポリネシアのトイレ

リトルワールド
ポリネシア・サモアでは家から離れたところに便所小屋があります。ちゃんと座って用を足せる洋式トイレになっているので意外だなと思ったんですが、説明書きを読むと19世紀にキリスト教が広まったことで、トイレが作られるようになったんですって。道理で洋式なわけだわ。

【7】アイヌのトイレ

リトルワールド
アイヌの村のトイレ。他の国の建築物もその国の地元の大工さんが建てたそうなんですが、ここもアイヌの人たちが10人で作った本格派。

敷地の片隅に大小二つのトイレが立っています。これ大きい方は男女共用便所、では小さい方は? 実は暴れたりする悪いクマの首をはねて放り込み、他のクマへの見せしめにするなど儀礼的に使ったそうです。クマちゃんガクブル。

ちょ、それ違……

リトルワールド
世界トイレの旅いかがでしたか? この取材の最中、私がトイレの前で熱心に撮影したりメモしたりしているので、気が付くと後ろで外国人旅行客の集団が「オー!」とか「ワオ!」とか言いながらパシャパシャ写真を撮ってました。いや、違うって! これ、単なるトイレなんだってば!(2008年06月15日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

リトルワールド
住所 :愛知県犬山市今井成沢90-48
電話 :0568-62-5611
休業日:12月31日 (12月~02月は毎週水曜・木曜)
時間 :09:30~17:00(3月~11月)
10:00~16:00(12月)
10:00~16:30(1月~2月)
入場料:大人1700円
駐車場:800円(12月~2月)
関連URL:リトルワールド
※情報修正2016年06月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。