なんたる豪華さ!トヨタの財力にため息「トヨタ博物館」【愛知】

トヨタ博物館
愛知県トヨタ博物館。どんだけゴージャスにすれば気がすむのでしょうか! 館内には19世紀末から20世紀の自動車約120台を展示。トヨタグループの財力にため息出っぱなしです。

見学者の自家用車でさえすごい

トヨタ博物館
こちらも産業技術記念館と同様全然珍スポットじゃないけど、管理人の個人的趣味で訪れました。見学者のクルマもいきなりいすゞ117クーペがさりげなく停まってたりする、エンスー御用達博物館です。

迫力の蒸気機関「トヨタテクノミュージアム・産業技術記念館」【愛知】
    愛知県名古屋市のトヨタテクノミュージアム・産業技術記念館はどこを向いても歯車だらけ。巨大な蒸気機関、クラシックカー、歯車の仕組みを学べる体験館など見どころいっぱい。

トヨタってすごいねー

トヨタ博物館
どんだけゴージャスにすりゃあ気がすむのでしょうか、トヨタは。トヨタグループの財力にため息出っぱなし。なんつーか、トヨタの下請け会社の派遣社員の境遇とか考えると、別の意味でもため息出るよね。このブログは全然社会派じゃないから、これ以上はつっこまないけど。

19世紀末から20世紀の自動車約120台

トヨタ博物館
トヨタ博物館は1989年の4月にオープン。館内には19世紀末から20世紀の自動車約120台が展示してあります。ライトにピカピカに照らされたアンティーク車はマニア垂涎!

コンパニオンさんもキレイ

トヨタ博物館
2階は欧米車。マニアじゃない方には「チキチキマシン猛レース」とか「チキチキバンバン」なんかのレトロカーを想像してもらえると分かりやすいかも。美しいコンパニオンのお姉さんがいろいろ説明してくれます。

自動車黎明期のデザイン

トヨタ博物館
1800年末~1900年代前半のモータリゼーション前のクルマが造形的に面白いですね。イメージ的には馬のいない馬車のようなデザイン。真鍮と木による蒸気自動車なんて美術品ですよ。

最高時速210キロのフェアレディZ

トヨタ博物館
3階は日本車。エンスーな人にはフェアレディZをお薦め。映画『マイ・フェア・レディ』にちなんで洗練された美しさを願って名付けられました。でもある意味じゃじゃ馬娘。これはZ432で1969年から発売されたトップモデル。S20型エンジンを搭載していて、最高速度は時速210km。

トヨタ2000GTもそうだけどこの時代のモデルってデザインがダイナミックで心ときめくよね。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン

トヨタ博物館
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのデロリアンもあります。ガルウィングが特徴的。最初映画が企画されたときは、デロリアンじゃなくて冷蔵庫をタイムマシンにする予定だったのですが、子供が真似をすると危険なのでクルマになったんですよ。これ豆知識。

カローラレビンAE86

トヨタ博物館
こちらは『頭文字D』のハチロクコーナ。でも展示車はスプリンタートレノじゃなくてカローラレビンAE86。映画やアニメにもなっているから有名ですね。もちろん「藤原とうふ店 」とは書いてありません。

レトロな自転車コーナ

トヨタ博物館
新館には自動車だけでなく、明治から現代までの文化・風俗にかかわる道具が展示してあります。レトロ自転車のコーナに興味津々。エンジン付きのモペット(ペダル付きバイク)なども無骨なデザインが逆にオシャレです。いろんな意味でため息つきっぱなしの博物館でした。(2008年06月15日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

トヨタ博物館
住所 :愛知県長久手市横道41-100
電話 :0561-63-5151
休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始
時間 :09:30~17:00 (受付は16:30まで)
入場料:大人1000円
駐車場:無料
関連URL:トヨタ博物館
※情報修正2016年06月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。