ジャングルで一人28年サバイバル生活「横井庄一記念館」【愛知】

横井庄一記念館
「恥ずかしながら生き長らえて帰って参りました」という言葉を知る人も少なくなっているのかもしれません(「よっこいしょういち」も)。愛知県名古屋市の横井庄一記念館を尋ねました。

奥様の横井美保子さんが館長

横井庄一記念館
横井庄一記念館は一見して普通の民家。ここは横井さんが日本に帰国して後結婚された、奥様の美保子さんと過ごした家だからです。2006年06月に開館して以来、館長の美保子さんとボランティアの方々が共に運営していらっしゃいます。

奥様の横井美保子さんが館長

横井庄一記念館
実を言うとこの言葉が小野田寛郎さんのものなのか、横井庄一さんのものなのかがあやふやでした。この無知こそ「恥ずかしながら」ですね。自宅の一室には横井氏ゆかりの品々が並んでいます。晩年に製作した陶芸作品が多いみたい。

28年間ジャングルでサバイバル生活

横井庄一記念館
横井庄一(1915~1997)氏とはどんな方か? 彼は元伍長の日本兵。太平洋戦争で召集され1944年からグアム島に配属。しかし1945年の敗戦も無条件降伏も知らされず、28年間もの長きにわたってジャングルの中でサバイバル生活を続けたという驚きの人です。

発見された直後の横井氏。右の二人は発見者のマニュエル・デ・ガルシアさんとヘスウス・デュエナスさん。横井さんは自作の竹のかごを手にしている。

昭和のロビンソンクルーソーとしてマスコミの寵児に

横井庄一記念館
1972年01月に地元民に発見され、02月に帰還。横井氏の発見と帰還のニュースは全世界に衝撃を与え昭和のロビンソンクルーソー、旧日本軍の英雄としてマスコミに大々的に取り上げられました。帰還の第一声「恥ずかしながら──」だけでなく「よっこいしょういち(よっこいしょの洒落)」までが大流行語になったんだそうです。

写真は天皇陛下の園遊会に出席した横井庄一氏

密林の極限状態

横井庄一記念館
密林の中という劣悪な環境のもと、敵に発見されてはならないという精神的極限状況で、たった1人何十年も生活……。想像を絶する世界です。館長さんである美保子さんや周りの人から見て、実際はどんな方だったんだろうとますます興味津々。

記念館の目玉・横井ケーブの再現模型

横井庄一記念館
記念館での目玉展示は横井氏が住んでいた穴(ヨコイケーブ)を再現した実物大模型。部屋の一室がまるまる模型という大きさです。実際の穴は地中にあったので入口は天井にあるのですが、便宜上横から入場する形になっています。材質は竹や紙。しっかり作ってありますよ。

現在、現地の本物の横井ケーブは私有地にあり見学することはできない

1人でこんな穴掘れるの!?

横井庄一記念館
中には裸電球が一つ灯っていますが、当時は横井氏手作りの油のランプでした。電球の明かりでも中は暗いです。竹で棚が組んであったり、地面が竹敷きになっていたり。これ個人で作れるもんなの!? ものすごくバイタリティある人だなあ!

手先の器用さに脱帽

横井庄一記念館
中にはトイレや空気の循環をうながす排気管まであったそうです。なかなか文化的な生活。当時を再現したイラストを見ると、竹でカゴを編んだり、木の繊維で織物を織ったり、ココナツでお椀を作ったりと、とても手先が器用で賢い人だったことが分かります。

日本生活になじんで精力的に活動

横井庄一記念館
戦中から28年も経ったら浦島太郎状態ですよね。日本になじめるのだろうかと思ったのですが、帰国した同年に結婚、サバイバル生活についての講演、評論で全国をかけまわり、参議院議員選挙にも立候補、陶芸を始めて個展を開催するなど精力的に現代日本生活を謳歌されたようです。

実際の横井さんはどんな人?

横井庄一記念館
記念館でいただいた『GUAM LIFE』というグアムの情報誌の特集に妻の美保子さんのインタビューが載っていました。実際の横井さんは物静かでロマンチストだったみたい。美保子さんとはお見合い結婚なんですが、その時横井さんはグラスのコースターに「君想う 心に勝る 名城の月」と書いて美保子さんにそっと渡したそうです。素敵ねえ☆

横井氏の手作りの機織り機。服も自分で布を織って作っていたという

想像力豊かなナチュラリスト

横井庄一記念館
奥様が語る横井さん像を想像するにジャングルでたくましくサバイバルする野人(失礼)というよりは繊細で器用、想像力豊かなナチュラリストだったんだろうなあ。ご存命の頃にお会いしたかった。(2008年06月29日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

横井庄一記念館
住所 :愛知県名古屋市中川区冨田町千音寺稲屋4175
電話 :052-431-3600
時間 :10:00~16:30
開館日:日曜日のみ開館
入館料:無料
駐車場:1台のみ
※団体や日曜日以外の訪問希望は記念館まで連絡のこと
関連URL:横井庄一記念館・明日への道
※情報修正2016年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。