紙人形の郡上おどり「水野政雄心の森ミュージアム遊童館」【岐阜】

遊童館
名水の城下町、そして郡上おどりのふるさと岐阜県郡上八幡。絵になる風景です。郡上八幡の出身の芸術家・水野政雄氏の心の森ミュージアム遊童館の紙人形で作られた郡上おどりは圧巻。

広告

心の森で遊ぼう

遊童館
水野政雄心の森ミュージアム遊童館のオープンは1990年。切り絵、切り紙、絵画、イラストレーション、紙人形、彫刻……と広い創作活動をされている水野政雄氏。

私が大切にしている空間『心の森』と呼んでいるこの遊童館で、時間を忘れて思いっきり遊んでください

と公式サイトに書かれています。

広告

切り紙・折り紙教室も開催

遊童館
私が訪れた時、ちょうど水野氏ご自身がいらっしゃっていて切り紙・折り紙教室を開催されていました。小学生の女の子とお母さんが美しいチョウを切り紙で作っていました。ニコニコと女の子とお話されている水野氏が印象的でした。

圧巻の紙人形「郡上おどり」

遊童館
圧巻は紙人形で作られた郡上おどり。色とりどりの浴衣を着た5センチほどの人形が輪になって踊っています。郡上おどりそのままにリアルに再現されていましたよ。数百人から成る大名行列、紬の家の人形群も素晴らしかった。人形の顔は粘土でできていて一つとして同じものはありません。

館内撮影禁止のため以下パンフレットの写真です。

木ぎれで作られたサバンナ

遊童館
小枝のサバンナという一連の作品は、サバンナの様子を木ぎれで作られた動物たちで表現しています。ただ単に可愛らしいというだけでなく、ライオンに食べられているシカや、水の中で獲物を狙っているワニ、骨になっているウシなど厳しい弱肉強食の世界も描いています。

ユーモラスな動物たちのイラスト

遊童館
カラフルなタッチで描かれた動物たちのイラストも。これは郡上のポスターに起用されているオオサンショウウオ。豊かな岐阜の自然に暮らす生き物が擬人化されています。いたずらっぽい表情が魅力的。慌ただしい珍スポ旅行の心の清涼になりました。(2007年09月17日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

遊童館(ゆうどうかん)

住所 :岐阜県郡上市八幡町島谷846
電話 :0575-65-3274
時間 :09:00~17:00
休館日:木曜、1月、2月は休館
入館料:大人400円
駐車場:なし
関連URL:心の森ミュージアム 遊童館 – 心の森ミュージアム 遊童館

※情報修正2018年04月

広告