大きくて優しい日本三大仏の一つ?「正法寺・かご大仏」【岐阜】

正法寺・かご大仏
日本の3大仏は? 奈良の大仏、鎌倉の大仏は確定。実は全国に第三の大仏として名乗りを上げているお寺はたくさんあります。岐阜県正法寺の岐阜大仏もそんな大仏の一つです。

奈良の大仏は14.98メートル、鎌倉の大仏は11.35メートル。岐阜県正法寺の岐阜大仏は13.63メートル。

かごのように竹を編んでいるから

正法寺・かご大仏
1832年に約40年かけて作られた岐阜大仏は、別名かご大仏と呼ばれます。というのもこの大仏、骨格を木材で組んだ上に竹材粘土で表面を形作り、上に経文を糊張り、漆と金箔で表面を処理したという乾漆仏なんです。竹でかごのように編んであるからかご大仏ってわけ。

やや前屈みで窮屈そう

正法寺・かご大仏
歴史が浅いものの、乾漆仏としては日本最大、鎌倉の大仏よりも大きいのですから三大大仏と名乗る資格十分ですね。大仏殿の中はほのかな明かりが灯っているだけ。やや前屈みで、大仏殿に窮屈そうにおさまっています。

回廊は立ち入り禁止

正法寺・かご大仏
大仏殿の壁にはスロープ状になった回廊があります。ここを歩きながら大仏さんを拝観できるのかなと思ったのですが、入り口は立ち入り禁止になっていました。ありゃ。どうやら下から見上げることしかできないようです。

真柱が首から突き抜けている

正法寺・かご大仏
大仏の断面図がありました。背骨にあたる周囲1.8メートルの大イチョウの真柱が首の後ろから突き抜けています。なるほど、だから前屈みになっているのね。ぐっと身を乗り出して相談にのってくれるような暖かさを感じます。

大地震や大飢饉の災霊祈願

正法寺・かご大仏
パンフレットによると、惟中和尚という人が大地震や大飢饉の災霊の祈願のためにこの大仏を建立しました。大仏の開眼式は織田信長の居城以来の盛大な儀式になったんだとか。確かに迫力ありますもんね。

大仏の周りには五百羅漢

正法寺・かご大仏
大仏を取り囲むようにして五百羅漢が並んでいます。拝観者は私一人。薄暗い中羅漢さんにじっと見つめられているようで、自然と足が速くなります。ちょっと怖い感じ。

大丈夫、大丈夫

正法寺・かご大仏
壁の上部を見上げると、漆喰の鏝絵で描かれたような仏教絵巻。教典のお話かな。オッケーサインのような指や穏やかな表情は「大丈夫だよ」と言っているようで、心がほっとする大仏さんでした。(2007年11月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

正法寺・かご大仏
住所 :岐阜県岐阜市大仏町8
電話 :058-264-2760
時間 :09:00~17:00
拝観料:大人200円
休業日:年中無休
駐車場:無料(数台のみ)
関連URL:岐阜 正法寺大仏殿
※情報修正2016年11月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。