中村玉緒村長の心癒されるなつかしの風景「日本昭和村」【岐阜】

日本昭和村
岐阜県美濃加茂市にある日本昭和村へ足を伸ばしました。昭和30年代の里山の風景を再現したテーマパークです。村長は中村玉緒さん。玉緒さんの娘時代の写真が満載の玉緒の家は必見。

夕暮れ時の昭和村を散歩

日本昭和村
こじき祭りの後にやってきたのでもう夕暮れ時。それでも閉園時間まで1時間ほどあるので里山を散歩することにしました。里山とは集落の近くにあり、薪炭用木材や山菜などを採取していた人と関わり合いの深い森林のこと。

乞食の祭りってなんだ!? お赤飯大争奪合戦「乞食祭り」【岐阜】
   岐阜県の桶がわ祭りは通称乞食祭りと呼ばれています。名前のインパクトに惹かれて岐阜県加茂郡川辺町を訪れました。神棚の前の座っているのは乞食っていうかホームレス!?

昭和のなつかしい風景が広がる

日本昭和村
菜の花をはじめ美しい花々が心なごませます。5万本の菜の花の身頃は4月下旬ごろまで。ちょっと早かったかな。村内は小川が流れ、遠景には緑の山々。昭和初期の小学校がそのまま移築されていたりして、その時代を知らない私でも懐かしさを覚えました。

昔ながらの駄菓子屋さん

日本昭和村
駄菓子屋さんも昔ながらのたたずまい。そういえば昔こんな駄菓子屋さんに通っていたなあ。お店のおばちゃんがなんとなくモグラに似た人だった。今も元気かな。ここにいると昔のことをいろいろ思い出しますね。私も綿菓子を買って食べました。

養蚕農家を再現した家

日本昭和村
かいこの家は養蚕をしている農家を再現したものでいろりや土間もありますよ。縁側から回り込むと、土鈴で作られたおひな様が飾られていました。縁側に座ってぼーっとお庭を眺めるのも気持ち良いですね。お雛様の前には日本土鈴館の文字。なるほど、土鈴館から貸し出されているのね。

驚異の収集魂! 超スーパーコレクター「日本土鈴館」【岐阜】
   日本土鈴館はスゴイ。とにかくスゴイ。今回の岐阜旅行の中で最も「スゴイ」を連発したスポットであります。館内をびっしり埋め尽くすコレクションにめまいを感じずにはいられません。

汽車型バスでゆったり観光

日本昭和村
汽車型のバスが来たので乗ってみました。お客さんは私しか居なかったので、のんびりゆったり景色を眺められました。汽車型のバスはれんげ号、どんぐり号があります。ゆっくりゆっくり走ります。

ヒツジの人気者になれる……かも

日本昭和村
終点は自然ふれあいゾーン。動物広場にはウサギやヒツジ、ラマがいます。エサを100円で買って近づくと、ヒツジちゃんがわらわら寄ってきます。わーい。人気者だー。エサ目当てだけど。

名誉村長の中村玉緒さん

日本昭和村
私の目当ては玉緒の家。日本昭和村の村長さんは女優の中村玉緒さん。ここには玉緒さんの思い出の品々の展示がされているのです。私は勝新太郎さんが好きで、生前彼のディナーショーを見に行ったことがあります。破天荒な人生を送っていた勝新でしたが俳優としての芸は一級。たまたま来ていた松平健も飛び入り参加して、思い出深いショーでした。

美しくて可愛らしい玉緒さん

日本昭和村
玉緒さんも舞台にあがって何度も頭を下げていました。着物を着たたたずまいが本当に可愛らしくて、こんな女性になりたいものだと思いました。親戚のおばが玉緒さんと同年代の映画女優でして、彼女も同様に浮世離れした人でした。昔の映画女優というものは皆あんな感じなのかもしれません。

はっとするほどの純和風美人

日本昭和村
飾られている写真の玉緒さんは、はっとするほどの純和風美人。可憐で清楚。ええとこのいとはん(良い家柄のお嬢様)そのもの。こりゃ勝新が惚れるのも当然だわよ。ただ玉緒さんの似顔絵イラストがど真ん中に入ったTシャツは、おみやげにもらった人も当惑してしまうのでは……とよけいな心配をしてしまうのでした。(2006年04月01日訪問)【麻理】

あわせて読みたい記事

さようなら日本最古の蒸気機関車 「博物館明治村(1)」【愛知】
   動いているSLは日本各地にありますが、私が乗ったのは日本最古の1874年(明治7)製。なんと約140年前の蒸気機関車です。愛知県犬山市の博物館明治村へ、いざ出発進行ー!
明治時代の衣食住を体験してみよう 「博物館明治村(2)」【愛知】
   前回に続いて愛知県犬山市の博物館明治村で、明治人になりきって明治時代の衣食住を体験してみました。服装は、食べ物は、住居は? 昔の人々はどんな風に暮らしていたのでしょうか?
皇室ご一家の走る宮殿・御料車「博物館明治村(3)」【愛知】
   御料車(ごりょうしゃ)とは、皇室の方々がご利用になる専用鉄道車両。御料とは身分の高い方の所有物という意味です。日本が誇る職人の技術の粋を集めた豪華絢爛な列車をご覧あれ。
大正時代のモボ・モガになれる……かも?「日本大正村」【岐阜】
   岐阜県恵那市にある日本大正村は町そのものを大正時代にしたユニークな自治体です。クラシカルな建物が立ち並ぶ通りを歩けば、あなたも大正時代のモボ・モガになれる……かも?
中村玉緒村長の心癒されるなつかしの風景「日本昭和村」【岐阜】
   岐阜県美濃加茂市にある日本昭和村へ足を伸ばしました。昭和30年代の里山の風景を再現したテーマパークです。村長は中村玉緒さん。玉緒さんの娘時代の写真が満載の玉緒の家は必見。

参考文献

地図&情報

日本昭和村(にほんしょうわむら)
住所 :岐阜県美濃加茂市山之上町2292-1
電話 :0574-23-0066
時間 :09:00~17:00 ※12月~2月は10:00~17:00
休業日:無休 ※12月~2月は水曜定休
入村料 :大人830円
駐車場:無料(3000台)
関連URL:日本昭和村
※情報修正2017年02月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。