魔女の宅急便か進撃の巨人!?「ジップラインアドベンチャー」【岐阜】

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
ワイヤーロープと滑車を使って、森のなかを滑空して遊ぶジップラインアドベンチャー。気分はまるで『魔女の宅急便』や『進撃の巨人』のよう。岐阜県ひるがの高原コキアパークへGO!

ジップラインアドベンチャーは、4/25〜10/25のみ開催されています。冬季はスキー場になりますので体験できません。

冬はひるがの高原スキー場、オフシーズンはコキアパーク

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
岐阜県のひるがの高原は中部のスキー場として知られています。冬の間はスノーボーダー、スキーヤーで賑わいますが、春から秋にかけてはコキアパークとして開放されています。

園内に植えられたたくさんのコキア

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
コキアとは夏は黄緑色、秋になると赤く紅葉する植物で、園内にたくさんのコキアが植えられていることからコキアパークと呼ばれています。芝生広場にはトランポリンなどの遊具があり、体験工房では食品サンプル作りなどが楽しめます。

木々の間に張られたロープで滑空

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
さてジップライン(ZIP-LINE)とは何かというと、木々の間に張られたワイヤーロープを、プーリーという滑車で滑り降りるスポーツです。コキアパークでは全部で6つのコース、全長544mのジップラインを、約2時間かけて森の散策をしつつ楽しみます。

講習を受けたらいよいよ本番

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
インストラクターの方々のブリーフィング(事前講習)と練習用コースで着地の練習を終えたら、山の上までスキー用のリフトで登って、森の中のコースに入ります。プーリーをワイヤーにかけて準備が整ったら、踏み台の上からジャンプ!

ミッション:左右の枝を触れ!


動画で見てみましょう。最初は右、次に左の木に触るチャレンジ。右の木は触れたけど、左は空振り。でも2回目はコツが分かりました。思いっきり体が90度になるぐらいまで重心を傾けたらいいんですね。こんな風に片手どころか両手を離して飛ぶこともできるんですよ。着地にちょっとコツが必要ですが、それほど難しくはありません。

森を抜けた山からの眺め

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
森を抜けると、眼下に街が小さく見えて清々しい光景です。インストラクターのお二人が、植物のウンチクや見どころをお話してくださいます。一休みしたらまた左側の森に戻って、木々の間を飛びますよ。

櫓(やぐら)に登ってジャンプ!

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
ジップラインは『進撃の巨人』の立体機動装置と違って、自分の重力で高いところから低いところへ飛ぶ仕組み。だからこんな櫓(やぐら)に登ってジャンプするんです。上から見ると結構高さがありますが、一度飛んでしまえばどうということはありません。

お好きなほうきで魔女になってみよう

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
途中にこんな「魔女体験」コースもあるんですよ。お好きなほうきを選びましょう。デッキブラシから、レトロな竹ぼうきまでいろいろ。

ほうきにまたがって空を飛ぼう

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
準備を整えたら、ほうきにまたがっていざ行かん! えいやっ!

ほうきで飛んで『魔女の宅急便』ごっこ

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
わーっ! 『魔女の宅急便』のキキみたい! 風を切ってほうきで空を飛ぶってこんな感じなんだろうか。ものすごく楽しい! 大人でもこんなに楽しいんだから、魔女になりたい小学生女子(男子も?)は大感激するだろうなー。

動画で見る、ジップラインアドベンチャー


音楽をつけて編集してみました。雰囲気が伝わるでしょうか。結構早いスピードで怖そうに見えますが、実際は風が心地よくて爽快ですよ。これはハマる。

小学生から大人まで楽しめるスポーツ

ひるがの高原コキアパークジップラインアドベンチャー
森の中をインストラクターさんの解説を聴きながら歩きまわる森林浴やウォーキングも楽しめます。なかなかの運動量です。体重制限はありますが(25kg以上120kg以下)小学生から大人までたっぷり遊べるスポーツですので、ぜひ一度トライしてみませんか?(2015年09月10日訪問)【麻理】

追記:ジップラインでの事故

大変痛ましいことですが、2015年08月16日に、長野県白馬村のジップラインで死亡事故がありました。ジップラインは安全なスポーツですが、インストラクターの指導や、装備なしにいきなり体験することはできません。どうぞジップラインの遊具を勝手に使うことのないようお願いいたします。

16日午後3時頃、長野県小谷(おたり)、白馬両村の境界付近の山林に設置された、 木の間に張ったワイヤロープ(長さ約60メートル)を滑車にぶら下がって降りる「ジップライン」と呼ばれる遊具から、 神奈川県南足柄市、アルバイト高橋歩夢(あゆむ)さん(18)が転落し、約3時間後に搬送先の病院で死亡した。死因は頭部外傷。
長野県警大町署の発表によると、高橋さんは白馬村内のアルバイト先の同僚らと付近を訪れ、 たまたま見つけたこの遊具で遊び始めたが、滑車のスピードがつきすぎ、 終点の木に巻かれたクッションに衝突して約3.5メートルの高さから地面に転落したという。 高橋さんはヘルメットをかぶっていなかった。
この遊具は白馬村内の観光業者が設置したもので、同署は管理状況などを調べている。
YOMIURI ONLINE 2015年08月17日※リンク切れ)

参考文献

地図&情報

ひるがの高原 コキアパーク ジップラインアドベンチャー
住所 :岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4670-75
電話 :0575-73-1205
期間:4/25〜10/25のみ開催
時間 :10:00〜12:00と13:30〜15:30
持ち物:軍手(スカートやサンダル履き不可)
料金 :3800円〜(入園料・装備・リフト券含む)
関連URL:わくわくハウス – あそびの受付
※情報修正2017年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。