(閉鎖)デジャブを感じるレトロ博物館「三重県立博物館」【三重】

三重県立博物館
子供の頃に訪れた気がする……そんなデジャヴを感じる博物館が、三重県三重県立博物館です。昭和の香りのするレトロな外観は古き良き博物館のイメージ。リニューアル前の記事です。

三重県立博物館は「三重県総合博物館(MieMu:みえむ)」として2014年04月19日にリニューアルオープンしました。この記事は以前の博物館のレポートですので、新しい博物館の展示内容とは違っています。ご注意ください。

どこかで見たような景色なんだけど……

三重県立博物館
薄暗い館内、蛍光灯の明かり、ホルマリン漬け、骨格標本。なんだろ、これどこかで見たような景色なんだけど……。展示物を見ながら頭の奥の記憶をさぐっているうちに思い出しました。あっ、これ、学校の理科室だわ!

身近な動物ばかりでまるで学校の理科室

三重県立博物館
高校生の時、私は生物部員でした。通っていたのは古い学校だったので、理科室はかなり標本が充実していました。この博物館の標本は、イタチやノウサギ、カラス、スズメと身近な動物ばかりなので、まるで学校の理科室みたいなんです。

長さ約6m、高さ約2.5mのトリケラトプスの骨格標本

三重県立博物館
それだけじゃ寂しいからか、長さ約6m、高さ約2.5mのトリケラトプスの骨格標本も置かれていますよ。ただしレプリカです。トリケラトプス以外はかなり地味な展示です。

小学校・中学校の夏休みの課題らしき展示物

三重県立博物館
学校の理科室感を醸しているのは、剥製だけではありません。小学校・中学校の夏休みの課題らしき展示物が、ナチュラルに飾られているんです。小中学生の手書きのノートや昆虫採集がたくさん。

自分の自由研究が展示されたら嬉しいだろうなあ

三重県立博物館
小中学生の研究だからと言ってバカにしてはいけません。元生物部員の目で見ても、標本の作り方は丁寧で見事です。理科少年・少女にとって自分の研究が博物館に飾られるというのは、とても誇らしく嬉しいものでしょうね。

地域の子供たちが理科に親しめる博物館

三重県立博物館
入場料を取る、県立の博物館として、子供の自由研究を他の展示物と同じように並べているのが良いのか悪いのか分かりませんが、少なくともこの地域の子供たちが理科に親しむという点では効果を上げていると思いました。

ふれあいルーム・ちゃれんじルームで理科体験

三重県立博物館
敷地内には「ふれあいルーム・ちゃれんじルーム」というプレハブがあります。剥製や化石などを手で触ることができるんですね。

かなり地味な展示

三重県立博物館
こちらもシロクマ以外はありふれた動物の剥製ばかりでかなり地味な展示。でもそんなありふれた動物さえ見たことがない子供が増えていると思うので良い試みなのかな。

さんちゃん、全然動かないよ

三重県立博物館
最後にご紹介するのが博物館のマスコット・オオサンショウウオの「さんちゃん」。なんたって特別天然記念物ですから一番の目玉なのでしょうが、寒いのかまったく動きません。お客さん飽きて帰っちゃうよ。

コンピュータや華々しいパネルでインタラクティブな展示を追求する博物館が増える中、こんなレトロな博物館はある意味新鮮。リニューアルされずにずっとこのままの姿でありつづけることを望みます。(2006年11月23日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

三重県立博物館(閉鎖)

三重県立博物館は「三重県総合博物館(MieMu:みえむ)」として2014年04月19日にリニューアルオープンしました。この記事は以前の博物館のレポートですので、新しい博物館の展示内容とは違っています。ご注意ください。

住所 :三重県津市一身田上津部田3060
電話 :059-228-2283
時間 :09:00~19:00
入館料:大人510円
休館日:月曜・年末年始
駐車場:無料
関連URL:三重県立博物館
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。