外国人観光客にぜひお勧めしたい物件「伊賀流忍者博物館」【三重】

忍者博物館
外国人観光客をまとめて連れて行きたい。そんな場所が三重県伊賀上野の伊賀流忍者博物館です。くノ一のお姉さんがからくり満載の忍者屋敷を案内しつつ解説。手裏剣体験や忍者ショーも。

外国人を連れて行きたい博物館

忍者博物館
モンゴル出身の旭鷲山。最初に日本に来たときは、窓際で眠るのが怖くて仕方なかったのだとか。ニンジャが夜中に忍び込んで刺されたらどうしようと本気で思っていたからなんですって。

その一方で以前アメリカ人に「ニンジャって中世のドラゴンや魔術師みたいにおとぎ話の登場人物なんでしょ」と訳知り顔に言われたことがあります。うーん、それも違うんだけど……。

雪の中を忍者屋敷見学

忍者博物館
でも伊賀流忍者博物館へ連れてくれば外国の方の誤解がとけるに違いありません。この日は大寒波が訪れていて途中吹雪く、吹雪く。それでも向かうよ珍スポット。まずは忍者の住まい忍者屋敷へ。

くノ一お姉さんの解説ツアー

忍者博物館
黒い衣装の忍者お兄さん、赤い衣装のくノ一(くのいち)お姉さんが数名待機していて、観光客それぞれにつきそって解説ツアーをしてくれます。私には丸顔のキュートなお姉さんくノ一が担当。「敵が来たとき、こんなふうに隠れたんですよ」と隠し戸やどんでん返しを見せてくれました。す、素早い。

忍者ショーの役者さんがガイド

忍者博物館
本当の忍者みたいに素早いのも、おそらくここの忍者ショーの役者さんだからでしょうね。滑舌も良くて解説も面白い。熱心に教えてくれるので、こんなところに刀が、あれここには脱出経路が、おっとあそこには忍者が忍んでいるぞ!と私もいちいち小学生のように驚きます。

400点もの忍具展示は世界一

忍者博物館
忍者屋敷ツアーが終了すると次は忍者体験館へ。ここは本物の手裏剣や忍具が400点も展示してあります。「忍具の展示は世界一」とパンフレットにありますが、そもそも日本一の時点で世界一なような。水の上を歩く水蜘蛛に乗れる体験もありますよ。

手裏剣打ちは雪で中止

忍者博物館
一つ残念だったのが忍者ショー。雪のために中止だったのです。「手裏剣打ちもできます」とのことだったので、もう投げる気満々だったんですよ。気を取り直しておみやげ物屋さんを覗くと、忍者グッズがずらり。本物の手裏剣もあるよー! でも1個数千円もするから投げてなくしちゃったらイタイなあ。

忍びの里ならではの伊賀上野城

忍者博物館
ついでに伊賀上野城にも行ってみました。城内はこの時期ものすごく寒いです。板張りの床からくる冷気で体がゾクゾク。上野城の特徴として、深さ100メートルの忍井戸があるんですよ。

忍者が通った忍びの井戸

忍者博物館
この井戸の抜け穴は、城を中心に四方に通じていて外部との連絡、食料の運搬、忍者の通り道に使ったとか。さすが忍者の土地柄、城もひと味違いますね。

外国人観光客に訪れてほしい

忍者博物館
忍者博物館もそうだったのですが、3連休だというのに全然人がいません。もったいない。外国人なんか、すっごく喜びそうなスポットなのに。だって忍者と城ですよ。首都圏にあったら、外国人の大人気観光スポット間違いなしですよ。(2006年01月07日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

伊賀流忍者博物館
住所 :三重県伊賀市上野丸之内117
電話 :0595-23-0311
入館料:大人756円
時間 :09:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:12月29日〜01月01日
駐車場:有料
関連URL:忍者伊賀-伊賀流忍者博物館
※情報修正2017年01月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。