さすってまたいで参拝! トイレと下半身の神様「明徳寺」【静岡】

明徳寺
シモのお世話にはなりたくない、下半身にはいつまでも元気でいてほしいと願うもの。そんなときにお参りしたいのが静岡県伊豆の明徳寺。ここはトイレの神様を奉ってあるんですよ。

東司の守護神・烏枢沙摩明王

明徳寺
明徳寺(みょうとくじ)のパンフレットによると、元もとはインドの火の神が密教に取り入れられ、東司(便所)の守護神・烏枢沙摩(うすさま)明王になったそうです。不浄のものを浄化して清める力があり、トイレだけでなく下半身にも御利益があります。噂ではトイレメーカのTOTOも団体さんでお参りに来るんですって。さて石段を上ってみましょう。

豚汁とおにぎりをごちそうに

明徳寺
境内でおばちゃんが「ぜひ食べてって~」と声をかけてくれました。見ると美味しそうな豚汁がぐつぐつ煮えています。ちょうどお腹も空いてきたので、豚汁とおにぎりをごちそうになりました。満腹。

おさすりとおまたぎ

明徳寺
こちらは「おさすり おまたぎ」という看板。紛らわしいのですが、本当に用を足せるお手洗いはその隣です。

ずらりと並んだ……

明徳寺
薄暗い室内に入ると、ずらりと並んでますよ。珍スポットにはつきものの、大小様々な木製・石製男根が。上の方にお奉りされているのがトイレの神様・烏枢沙摩(うすさま)明王です。

おさすりで下半身健康祈願

明徳寺
そしてこれが男子の願いを聞き届けてくれるという男根。おさすりすれば、下半身が怪我・病気をせずいつまでも健やかにいられるといいます。私もすりすりしてみました。

いかにも和式トイレのおまたぎ

明徳寺
こっちはおまたぎ。地面に和式トイレのようなものが。これをまたいでお参りすると、下の世話にならないとの事。おさい銭が入っていましたので、私もまたぎつつチャリン。だけど神様をまたいでお参りなんてかなり無礼で申し訳ない気もしますね。

おみやげ屋さんのパンツ

明徳寺
お堂の隣にはお札やお守り、おみやげを売っています。私もトイレに貼るお札を一枚買いました。ここが変わっているのはお守りだけじゃなくパンツを売っていることなんです。ちゃんと本堂で祈祷をした霊験あらたかなパンツですぞ。

女子用パンツには「ズロース」の張り紙

明徳寺
男子用はトランクスやブリーフなどあるんですが、女子用はいかにもズロースというピンクやベージュのデカパンばかりです。ちょっとなあ……。でもTバックとか売ってても買う人いないだろうしね。

樹齢600年の巨木・応永のイヌマキ

明徳寺
お寺の石段には応永の槇(マキ)という巨大なイヌマキが。推定樹齢はおよそ600年。調査した環境庁自然公園指導員による巨木ランキングでは、全国第2位に相当するんだとか。このイヌマキは応永29年(1422)に古本尊聖観世音像の修理をした記念に植えられました。明徳寺は由緒あるお寺なんですね。あなどれません。(2006年01月29日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

明徳寺(みょうとくじ)
住所 :静岡県伊豆市市山234-1
電話 :0558-85-0144
駐車場:無料(10台)
関連URL:明徳寺 (湯ヶ島)—伊豆市観光ガイド『駿河湾★百景』
※情報修正2017年01月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。