黄金ザクザク! 日本のエルドラドで開運祈願「土肥金山」【静岡】

土肥金山
大判小判がざっくざく。金ぴかゴールドラッシュの静岡県は伊豆土肥(とい)金山へやってきました。ここで輝く黄金に触れて、開運祈願をいたしましょう。

全長百キロに及ぶ坑道

土肥金山
伊豆では江戸時代から1965年に閉山するまで金が採掘されていました。黄金の国・日本のエルドラドです。なんと全長百キロメートルにも及ぶ坑道があるんですよ。

ピカピカマッチョ黄金像

土肥金山
坑道の一部を観光名所として公開したのがここ土肥金山です。入り口の池には金のコイと、ちょんまげにマッチョなピカピカ黄金像。最初からとばしてます。高まる期待感。

江戸時代の坑道生活を思う

土肥金山
長く伸びた坑道。これ、江戸時代の人は手作業で掘り進んだのよね。重労働だし、事故もたくさんあったろうに、一生の仕事としてここで生活した人もいたんだなあ。

リアルな電動人形

土肥金山
等身大の人形が、江戸時代の砂金掘りを再現しています。人形の中には電動式で動くものもあってリアルです。ちょっと不気味だけど。夫婦で砂金掘りしてる人もいたそうで。

ウホッ、いい男?

土肥金山
坑道は暑いのでみんな薄着で、ふんどし姿の人もいます。昔は人力で採掘してたからか、この人形たち、筋肉質でかなりガタイが良いんですよ。入り口のマッチョ黄金像といい、な、なんかあやしい雰囲気が。

ちょっぴりお色気サービス

土肥金山
ちゃんとお色気サービスもありますよ。坑道の中では坑内風呂と言って、温泉も楽しめたのです。なんせ百キロにも及ぶ坑道。奥まで掘り進んでいる人は地上に出るのも一苦労だから、中でも生活できるようになっていたんですね。

きれいに整備されすぎて残念

土肥金山
しかしここは観光客も多く、坑道はきれいに整備されているので、珍スポの洞窟につきもののヤバさ・コワさはありません。お子様連れのご家族にもおすすめです。

250キロの世界最大の金塊

土肥金山
資料館には江戸時代の金山の様子を表現したジオラマや、大判小判などの貨幣も展示されています。目玉は、世界一の巨大金塊。総重量250キロ。時価5億4500万円ですよ! ケースには穴が開いているのでみなさん手を入れてなーで、なーでしてます。中には一生懸命ひっかいている人も。監視カメラがばっちり狙ってるので不審な動きをしないようにしましょう。

キンキラ金グッズのおみやげ屋さん

土肥金山
最後におみやげ屋さんへ。これがまたキンキラ、まばゆいばかりの金グッズ・開運グッズ。ここにいるだけでなんか金運が上向いてくるような気がします。開運グッズで黄金ゲットだぜ! (2006年01月29日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

土肥金山
住所 :静岡県伊豆市土肥2726
電話 :0558-98-0800
入場料:大人860円(公式サイトに割引券あり)
時間 :9:00~17:00(16:30まで受付)
休業日:年中無休(12月に工事のため休業日あり)
駐車場:無料
関連URL :西伊豆 土肥金山 [坑内めぐり&砂金採り体験]
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。