フランス風味「東洋のコートダジュールと富士見彫刻ライン」【静岡】

東洋のコートダジュール
ボンジュール。コマンタレヴ? 今日はコートダジュールにやってきました。でも実は『南仏の』コートダジュールではなく、静岡県伊豆にある『東洋の』コートダジュールなのです。

海と山に囲まれた岩地温泉

東洋のコートダジュール
静岡県伊豆の岩地温泉の東洋のコートダジュール。コートダジュールとはフランス語でCote d’Azur。つまり「紺碧の海岸」ってこと。のんびりした漁村を取り囲む、青く輝く海と緑深い山。その岩地温泉を観光地としてアピールしようとつけた名称が「東洋のコートダジュール」。

黄色い屋根の家は……

東洋のコートダジュール
なぜコートダジュールと呼ぶのかって? それはこの漁村の屋根を黄色に塗っているからです。高台に登って確かめてみましょう。

残念、足並みそろわず

東洋のコートダジュール
実際に黄色に塗っている家は全体の半分もありませんでした。足並みそろわなかったのね……。でも真っ白な砂浜にエメラルドグリーンの海はうっとりするほど美しかったです。入り江で囲まれているから波も穏やかで、絶好のシュノーケリングポイントとなっています。

富士見彫刻ラインをドライブ

東洋のコートダジュール
岩地温泉に向かう途中のドライブでは、道路脇に注意しながらクルマを走らせましょう。雲見から松崎への国道136号線沿い、約4キロの区間の富士見彫刻ラインには21体もの彫刻が設置されています。

海と山と富士山と彫刻

東洋のコートダジュール
これらの彫刻は地元の彫刻家や学生さんが作ったものなんですって。素朴な味わいがあります。海と山、そして晴れた日には富士山を彫刻と一緒に鑑賞できるなんて素晴らしい試みです。トレビヤン☆

よそ見運転・写真撮影にご注意

東洋のコートダジュール
この道は曲がりくねっているから、景色と彫刻に気を取られすぎているとクルマをぶつけてしまうかもしれません。つい写真を撮りたくなるけれど、ちゃんと安全な場所に駐車してからにしましょう。

南仏を感じられる東洋のコートダジュール

東洋のコートダジュール
風光明媚な伊豆でバカンス気分になることができました。国内にいても南仏を感じられる場所、東洋のコートダジュール。この先どんな観光地になっていくか楽しみな場所です。

コートダジュールって黄色なの?

東洋のコートダジュール
ところでコートダジュールって、黄色い屋根が多い土地なのかしら? コートダジュールに行ったことがないからよく分かりません。ひょっとしたら雰囲気だけで黄色い屋根に塗ってしまった──ってことはないですよね。ま、そんなことは置いておいて。ではみなさま、オールヴォワール。 (2006年01月29日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

東洋のコートダジュール
住所 :静岡県賀茂郡松崎町岩地
電話 :0558-42-3964(松崎町役場 企画観光課)
関連URL :ようこそ 岩地、海の体験へ

富士見彫刻ライン
住所 :静岡県賀茂郡松崎町松崎~岩地
電話 :0558-42-3964(松崎町役場 企画観光課)
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。