2006年06月一覧

石清水八幡宮とエジソンの関係とは?「エジソン記念碑」【京都】

京都府八幡市の石清水八幡宮のふもとの商店街にはエジソン通りと書かれていてエジソンの銅像まで設置されているのですが……。はて、京都とエジソンの関係はいったい何でしょう?

落書き大歓迎!? 落書き祈願のお寺「らくがき寺(単伝寺)」【京都】

文化財に落書きするのはご法度。でも京都八幡市の単伝庵はは「どうぞ落書きしてください!」という仰天のお寺なんですよ。 願いごとを壁に書く落書き祈願の寺として知られています。

ライト兄弟よりも早かった飛行機の発明「飛行神社」【京都】

ライト兄弟より16年も早く有人飛行機を設計していた日本人のことをご存じですか? 彼の名は二宮忠八。京都府八幡市の飛行神社は二宮忠八が建立した、日本唯一の航空関係の神社です。

清水寺の中にある恐怖スポット・呪いの杉の木「地主神社」【京都】

修学旅行生でいっぱいの京都市東山区の清水寺。境内にある地主神社はえんむすびの神として有名ですが、その一角には丑の刻参りに使われた呪いの杉の木があるのです。

地獄への入り口? 小野篁の井戸があるお寺「六道珍皇寺」【京都】

「子子子子子子子子子子子子」さて、何と読む? 答えは文中で。京都東山区の六道珍皇寺は冒頭の難問を見事解いた小野篁にゆかりのあるお寺です。 地獄の入り口という井戸も必見です。

恋人、お酒、タバコ、なんでも悪縁バッサリ「安井金比羅宮」【京都】

別れたい人がいる方は京都の安井金比羅宮へどうぞ。人だけでなく、賭け事・お酒・タバコにも有効。碑の表から裏へ穴をくぐり抜けると悪縁を切り、裏から表へ通と良縁を結ぶのだとか。

真っ白に輝く24メートルの大観音と胎内巡り「霊山観音」【京都】

京都市東山区の霊山観音(りょうぜんかんのん)は高さ24m、顔の大きさ6m、総重量500トンの真っ白な大観音。胎内巡りの他、願いの叶う金の玉、ふぐの慰霊碑なども見られます。

いかにも京都な湯豆腐・湯葉料理「祇園円山かがり火」【京都】

深泥池で冷え切った体を温めるべく、京都円山公園の中にある、祇園円山かがり火へ向かいました。かがり火は湯豆腐で有名。一度いかにも京都という場所へ行ってみたかったからです。

タクシーに乗った女が消える京都の心霊スポット「深泥池」【京都】

京都北区の深泥池(みぞろがいけ、みどろがいけ)。日本で3本の指に入る心霊スポットとして有名です。ちょうど雨がシトシト降る逢魔が時。シチュエーション的にはばっちりでした。

超メジャー観光地でありながら珍スポット「東映太秦映画村」【京都】

修学旅行生と一般観光客で満員御礼、今も現役の撮影所である京都・右京区の東映太秦映画村 。超メジャー観光地なのに珍の香りが濃厚に漂う、希有なスポットでもあります。

こってり系ラーメンの総本山「天下一品・北白川本店」【京都】

左京区の天下一品でお昼ご飯。学生時代の日本一周旅行で京都に4日ほど滞在したとき、毎日食べていたのが天下一品です。以来本店の味が忘れられずに再訪を楽しみにしていました。

ワクワクする不思議石「石ふしぎ博物館・益富地学会館」【京都】

石なんかどこが面白いの? 地学って地味でつまんなさそう──なんておっしゃるあなた、京都上京区の石ふしぎ博物館へ行ってみましょう。石に対する見方がガラっと変わりますよ。

金平糖ってどう作る? 日本で唯一の専門店「緑寿庵清水」【京都】

金平糖はポルトガル語で砂糖菓子の意味のコンフェイトが名前の由来です。京都・左京区の緑寿庵 清水は日本でただ一軒の金平糖専門店。紀宮様の結婚式で引き出物として採用されました。

現代人には理解不能すぎるおかめ伝説「千本釈迦堂・大報恩寺」【京都】

ふっくらほっぺにぺちゃんこ鼻。京都上京区の千本釈迦堂はおかめ伝説の発祥のお寺です。この地に伝わるおかめの伝説と、ちょっぴりエロなおかめコレクションをご紹介しましょう。

叩くと怒る石と疫病のために建立された神社「今宮神社」【京都】

天然痘、マラリア、腸チフス、赤痢──古代日本では怨霊のしわざか神の怒りであると考えられていました。京都北区の今宮神社は疫病退治のために建立されました。叩くと怒る石もご紹介。

香ばしいあぶり餅のお店「かざりや」と「一和」【京都】

かざりやさんは1637年オープンという老舗のあぶり餅屋さんです。お向かいにある同じあぶり餅店一和さんはなんと平安時代からの創業なんですって。いやはや、京都はどこを向いても「日本最古」ばかりですね。

お坊さんが使った日本最古のトイレ「東福寺の百雪隠」【京都】

京都の東福寺には日本最古のトイレ・百雪隠があります。昔の言葉でトイレのことは東司(とうす・とんす)と呼びます。日本最古の東司として国の重要文化財にも指定されていますよ。

不思議な赤の迷宮・4キロ続く千本鳥居「伏見稲荷大社」【京都】

京都の伏見稲荷といえば無数に連なる赤の鳥居。ふもとから山の上まで4キロも続く千本鳥居です。新緑に鳥居の朱色が映えて壮観な眺めです。実は千本どころか1万基もあるんですよ。