2006年12月一覧

【書籍掲載】『このWeb2.0がすごい!』に掲載されました

『このWeb2.0がすごい!』という本に当ブログの記事が掲載されました。この企画は『このブログがすごい!2005』『このブログがすごい!2006』という書籍の第3段です。

(閉鎖)46年の歴史に幕を閉じた「日本カモシカセンター」【三重】

三重県・御在所岳山頂の日本カモシカセンターが、2006年11月30日をもって閉館しました。すべりこみで見学することができましたので、在りし日の想い出を振り返りましょう。※この記事は閉鎖前のレポートです。

突然縄文人になってしまった山崎三四造氏「縄文博物館」【三重】

昭和6年生まれの山崎三四造さん。通称・縄文さん。会社員をしていた三四造さんは、55歳になったある日突然、縄文人になってしまったのです。三重の縄文博物館で三四造さんとお会いしました。

(閉鎖)デジャブを感じるレトロ博物館「三重県立博物館」【三重】

子供の頃に訪れた気がする……そんなデジャヴを感じる博物館が、三重県の三重県立博物館です。昭和の香りのするレトロな外観は古き良き博物館のイメージ。※博物館リニューアル前の記事です。

展示作品すべてがレプリカの美術館「ルーブル彫刻美術館」【三重】

ミロのヴィーナスにサモトラケのニケ。ここはパリのルーブル美術館? いいえ、ここは三重県。ルーブル彫刻美術館の展示品は全部レプリカという一風変わったミュージアムなんですよ。

蛙、猫、河童のオーケストラ!? 仏教の満漢全席「大観音寺」【三重】

インパクト大の大観音寺をご紹介します。あらゆることに御利益があるお寺というだけでなく、蛙・猫・河童のオーケストラオブジェ、高さ33mの巨大黄金観音など見どころ一杯!

(閉鎖)残念、閉鎖中「白浜金閣寺・独立大本山修身院」【和歌山】

和歌山県の白浜金閣寺。独立大本山修身院という宗教法人が京都の金閣寺を模して建てたものです。五重塔など豪華な建築物で知られていましたが閉鎖していました。

美女がヘビに引きずり込まれる底なし沼とは「浮島の森」【和歌山】

「街のど真ん中に底なし沼がある」という噂を聞いてやってた、和歌山県の浮島の森。周りは家ばかりで普通の市街地にしか見えないのですが、唐突に森が出現したではありませんか!

延長100キロ! 山中にある謎の古代遺跡?「猪垣」【和歌山】

和歌山の熊野山中に不思議な石垣が走っています。延長はなんと100km。なぜこんな大規模なものが山にあるのでしょうか? 猪垣(ししがき)と呼ばれる謎の建造物を追いました。

徐福伝説を訪ねる「阿須賀神社・蓬莱山・歴史民俗資料館」【和歌山】

和歌山県新宮市には前回ご紹介した徐福の墓の他にも、徐福に関連したスポットが点在しています。徐福上陸の地としての紀州熊野、また徐福伝説とは何なのか、考察したいと思います。