2008年03月一覧

どれが本物のボーリング発祥地?「わが国ボウリング発祥の地」【長崎】

長崎のちゃんぽん発祥の地・四海樓のすぐ近くにあるボウリング発祥の地。しかしながら実は「ボウリング発祥の地」と呼ばれるスポットは全国各地にあるようです。いったいどれが本物?

君も敬礼!「海上自衛隊佐世保資料館(セイルタワー)」【長崎】

長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保資料館 セイルタワーは海上自衛隊の施設です。制服のコスプレをして写真を撮れるコーナ以外は内部の撮影禁止。そこでかわりに広報誌を紹介します。

長崎のB級グルメ?「トルコライスvs佐世保バーガー」【長崎】

最近のB級グルメとして若い人を中心に人気なのがトルコライスと佐世保バーガーです。トルコライスのお店・ツル茶んと・佐世保バーガーのハンバーガーショップをご紹介します。

本場長崎の味と言えば?「四海樓・ちゃんぽんミュージアム」【長崎】

長崎のちゃんぽんは明治32年に長崎で生まれた中華料理。生みの親と言われるのが中華料理店、四海樓の初代・陳平順氏です。四海樓にあるちゃんぽんミュージアムに行ってみました。

ここに来れば違いが分かる人になれる?「遠藤周作文学館」【長崎】

ダバダ~ダ~ダ、ダバダ~ダバダ~♪ 違いが分かる男・遠藤周作。『沈黙』の舞台、長崎市の遠藤周作文学館へ行ってみました。ここへ来ればあなたも違いが分かる人になれるかも?

毎晩飴屋を訪れる幽霊・産女の奇談が伝わる寺「光源寺」【長崎】

長崎市光源寺には産女の幽霊像と言われる不思議な彫像と幽霊の掛け軸が奉られています。毎晩飴を買いに来る幽霊。いったいなぜ飴屋を訪れるのでしょう? 産女伝説をご紹介します。

亀に乗った観音様とフーコーの振り子があるお寺「福済寺」【長崎】

長崎市内の福済寺の観音様。高さ18メートル、重さ35トン。特徴的なのは巨大なカメに乗っかっているところです。原爆の犠牲者を弔うため、世界平和を祈るために1979年に建立。

【新聞掲載】『産経新聞 03/19「ねっと系」』に掲載されました

03月19日発行の『産経新聞』紙面に当ブログ別館「珍スポット探訪・普通の旅に飽きたあなたへ」が掲載されました。「ねっと系(インターネット情報面)」というコーナです。

キリシタンの脱出地下道か?「春徳寺の切利支丹井戸」【長崎】

長崎の春徳寺はトードス・オス・サントス教会の跡地に移転されたお寺。境内の切利支丹井戸(きりしたんいど)は脱出経路になったと言われ、地下道は長崎港まで続いていたそうです。

キリシタン幽霊のうめき声が聞こえる南蛮井戸「本蓮寺」【長崎】

長崎の本蓮寺は勝海舟やシーボルトも滞在した有名なお寺。しかし本蓮寺のダークサイドは境内の片隅にある南蛮井戸。キリシタンが身を投げた井戸からは夜な夜なうめき声が……。

良縁に恵まれる男根石と女陰石を踏みしめろ!「諏訪神社」【長崎】

長崎県の諏訪神社は10月に行われる長崎くんちが有名ですね。そんな人気の神社の珍は、女石と男石。女陰と男根を表した石があるのです。踏みしめると良縁に恵まれるご利益があります。

世界で唯一!ウナギの皮を使ったアート「マリーンアート館」【長崎】

長崎県島原半島57号線沿いのマリーンアート館。青いペイントの屋根が目印の喫茶店&ギャラリーです。ここは日本で唯一、いえ世界で唯一というウナギアートが見られるんですよ。

「いおうな臭いがする」とつい言いたくなる「雲仙地獄」【長崎】

長崎の雲仙地獄は白い煙があたり一面に吹き出しています。訪れる観光客(特に中年の皆さん)はこの駄洒落を言わずにはおれないのです。いおう(異様・硫黄)な臭いがする──と。