2008年05月一覧

境内がカボチャでいっぱいのかぼちゃ寺「ハズ観音(妙善寺)」【愛知】

今では年中食べられますが本来は冬の野菜カボチャ。愛知県西尾市の妙善寺は地元ではハズ観音、かぼちゃ寺と呼ばれています。かぼちゃ観音など境内のあちこちにかぼちゃがいっぱい。

(閉鎖)吉良町のアンコールワット「アンコールミュージアム」【愛知】

愛知県吉良町のアンコールミュージアムの敷地内には大きな石像がゴロゴロしていて、エキゾチックな雰囲気となっています。エスニック料理も楽しめます。残念ながら2010年に閉館。※この記事は閉鎖前のレポートです。

真緑の大仏様と無数の男根のあるお寺「桃巌寺・名古屋大仏」【愛知】

愛知県千種区の桃巌寺のシンボルは名古屋大仏。全身グリーンの派手な大仏様で高さは10メートル。無数の男根像、日本最大の木魚、美人でセクシーな眠り弁天など見どころ満載。

迫力の蒸気機関「トヨタテクノミュージアム・産業技術記念館」【愛知】

愛知県名古屋市のトヨタテクノミュージアム・産業技術記念館はどこを向いても歯車だらけ。巨大な蒸気機関、クラシックカー、歯車の仕組みを学べる体験館など見どころいっぱい。

南極調査団を超リアルマネキンで再現「南極観測船ふじ」【愛知】

南極観測船ふじは1965〜1983に活躍した砕氷艦。今は愛知の名古屋港にて博物館として第二の人生を歩み中です。調査団の様子を不必要なまでにリアルなマネキンで再現しています。

館長と奥様の二人で集めた世界のおもちゃ「日本独楽博物館」【愛知】

独楽って何と読む? 正解はコマ。昔ながらの子供のオモチャです。愛知県名古屋市の日本独楽博物館はコマだけでなく、館内いっぱいに世界各国のおもちゃがぎっしり詰まっています。

線路から見えるコンクリート製の大仏様「聚楽園大仏」【愛知】

愛知県聚楽園駅の近くに大きな大仏様がいらっしゃいます。十円玉のような色ですが、実は鉄筋コンクリート製。名古屋名物の守口漬の考案者・山田才吉氏による私設の建立仏です。