2009年11月一覧

陰翳礼讃・闇に浮かぶ血みどろの残酷屏風絵「絵金蔵」【高知】

高知県香南市の絵金蔵。明るいお天道様の日差しや、蛍光灯の光には全くそぐわない、世にも妖しい世界をご覧に入れましょう。ここほどほの暗い蝋燭の灯りが似合う場所はありません。

333333333333が並ぶゾロ目の地「地球33番地」【高知】

高知市の地球33番地は東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒のポイント。度、分、秒に数字の3が12個も並ぶとても珍しい場所なんですよ。ぞろ目好きのあなたにオススメ。

明治時代に作られたDIYフルスクラッチ時計「野良時計」【高知】

フルスクラッチとは、模型などで既存の部品を使わずに一から作り上げることを指します。高知県安芸市の野良時計は、明治時代に手づくりで組み立てられたフルスクラッチの時計です。

人呼んでフーテンの寅地蔵と発します「寅さん地蔵」【高知】

高知県安芸市には珍しいお地蔵様があります。その名も寅さん地蔵。たいしたもんだよカエルのションベン、見上げたもんだよ屋根屋のふんどし。寅さんの口上と言ったらこれですよね。

シダが生い茂る『秘密の花園』のような庭園「伊尾木洞」【高知】

バーネットの『秘密の花園』を読んだことがありますか? 高知の伊尾木洞のトンネルを抜けるとそこはまるで「秘密の庭」。シダと彫刻の空間が広がるとっても神秘的な場所なんですよ。

3つの顔を持つお寺の地底マントラ洞窟「石手寺(後編)」【愛媛】

愛媛県の石手寺は四国八十八ヶ所の中でも一級というだけでなく、珍スポットとしても一級のお寺。お坊さんご自身も「なぜ作られたのか分からない」という地底マントラは必見です。

3つの顔を持つお寺のこわ〜い大蛇伝説「石手寺(前編)」【愛媛】

愛媛を代表する珍スポット・石手寺。珍スポミシュランがあるならば確実に三ツ星認定。四国霊場八十八ヶ所の中でも屈指の人気観光地でもあります。前後編に分けてご紹介します。

別子銅山の現在・過去・未来を知ろう「マイントピア別子」【愛媛】

愛媛県の別子銅山は1690〜1973まで70万トンの銅を産出した日本でも屈指の巨大銅山。マイントピア別子は坑道を一般公開するため1991年に観光地としてオープンしました。

インパクト大! 寺に顔があってもいいじゃないか「萩生寺」【愛媛】

「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」と言ったのは岡本太郎。ではお寺の本堂に顔があるのは? 愛媛県新居浜市にあるお寺萩生寺のお堂にはなんと顔があるのです。

本当に宮殿で作ってる焼肉のタレ「日本食研KO宮殿工場」【愛媛】

宮殿、宮殿、焼き肉のタレ~、ホントに宮殿で作ってる~♪ 日本食研のCM。本当に宮殿で作ってるのかどうか確かめたくて、愛媛県今治市日本食研本社のKO宮殿工場へ行ってみました。

真剣に一国一城の主になりたい人に「城山ハイツ」【愛媛】

「一国一城の主」になりたいという野望を描いている方にオススメの物件、愛媛県の城山ハイツ。天守閣のあるマンションです。初代家主が城好きで1970年代に建てられたものです。

(閉鎖)かつて一夜限り一国一城の主になれた城「道後城」【愛媛】

愛媛県のお城と言えば松山城。でもこのお城・道後城は2009年に土地と建物まるごとヤフーオークションに売りにだされたという変わり種。実はこのお城はラブホテルだったのです。