2011年05月一覧

秘境の探検気分で神秘の洞窟へ行こう!「仲原鍾乳洞」【宮古島】

沖縄には数百もの鍾乳洞があります。今回は神秘的な雰囲気の、サンゴ礁でできた島・宮古島の仲原鍾乳洞をご紹介。まるで秘境を探検しているかのような素晴らしい光景をご覧ください。

(閉館)壁に顔!? 強烈インパクトの幻想アート「恵子美術館」【宮古島】

壁一面、顔、顔、顔! ここは沖縄県宮古島の恵子美術館。カラフルな原色を使った顔タイルの背景に、赤と黄色の文字が眩しい。目がチカチカするのは、宮古島の強烈な日差しのせい? ※この記事は閉鎖前のレポートです。

(閉鎖)不思議で奇妙な森の中の本屋さん「麻姑山書房」【宮古島】

壁や屋根にびっしりとツタやツルがからまって、まるで小さな森の中に建物が取り込まれてしまったかのよう。宮古島の老舗古書店、麻姑山(まこさん)書房です。残念ながら閉店。※この記事は閉鎖前のレポートです。

宮古島の珍モニュメント7「ガジュマル展望台」【来間島】

いたずら好きの赤ら顔の妖怪・キジムナーが住んでいると言われる木・ガジュマル。沖縄宮古島の南西、来間島にあるガジュマル展望台は運が良ければキジムナーに会えるかも?

宮古島の珍モニュメント6「マリンガーデンの牛」【宮古島】

宮古島モニュメント6は宮古牛。場所は宮古島南部のインギャー(イムギャー)マリンガーデンを見下ろす丘の上にあります。昔は屋根の上にいましたが今は東屋のそばに立っています。

宮古島の珍モニュメント5「伊良部島のサシバ」【伊良部島】

宮古島の北西に位置する伊良部島は周囲約27キロ、サンゴが隆起して作られた島です。今回は伊良部島にある、巨大なサシバモニュメントをご紹介しましょう。雄大な風景ですよ。

宮古島の珍モニュメント4「池間島のカツオ」【池間島】

宮古島の4つ目のモニュメントは池間島のカツオ。公園のベンチの屋根部分なのですが、カツオだけでなく波も造形されていて、生き生きとした動きのあるモニュメントになっています。

世界でたった30頭しかいない孤独な在来馬「宮古島牧場」【宮古島】

宮古島北の宮古馬牧場。広々とした囲いに馬が放し飼いにされています。自由に草をはんだりポクポク歩いたりして実にのどかな風景。宮古馬は日本で最も数が少ない在来馬です。

宮古島の珍モニュメント3「サニツ浜の宮古馬」【宮古島】

公園にある巨大な馬モニュメント。後ろ足の先にあるのが公衆トイレですからね、結構な大きさでしょう? 宮古島の3番目の巨大モニュメントは、サニツ浜ふれあい公園の宮古馬です。

宮古島の珍モニュメント2「シーサー滑り台 カママ嶺公園」【宮古島】

宮古島カママ嶺公園のシーサー滑り台は観光客に人気の撮影スポット。2009年に塗装工事が行われ、美しい朱色に生まれ変わりました。大きく開けた口の中から外をのぞくこともできます。

宮古島の珍モニュメント1「来間島のタコ公園」【来間島】

どういうわけだか、宮古島には大きな動物系モニュメントがあっちこっちにあります。今日から連続で宮古島の巨大モニュメントをご紹介していきます。最初は来間島にあるタコ公園です。

夢のお告げのパワースポット!?「フナイマーク(宮古空港)」【宮古島】

旅行者が宮古島で最初に訪れる場所。それは宮古空港。敷地内にあるフナイマークは、経営コンサルタント・船井幸雄氏が夢で見たお告げにより作ったパワースポットです。怪しい〜?

宮古島一の有名人・警官型人形「宮古島まもる君」【宮古島】

宮古島まもる君は宮古島のあちこちに設置されている警察官型人形です。その人気たるや、観光客向けの携帯ストラップや文房具だ けでなく、ジュースも数種類発売されているほどです。