かつての”日本一危険な駅”の現在は?「阪神春日野道駅」【兵庫】

スポンサーリンク

阪神春日野道駅
かつて兵庫県春日野道駅が「日本一危険な駅」と言われていたことをご存知ですか? しかし2004年に改良工事が行われたため、そんな汚名も返上。現在の駅の様子を見に行ってみました。

スポンサーリンク

阪神電車と阪急電鉄、2つある春日野道駅

阪神春日野道駅
兵庫県民ならご存知でしょうが、神戸市には春日野道駅(かすがのみちえき)という駅は2つあります。阪神電車の春日野道駅(神戸市中央区吾妻通一丁目)と阪急電鉄の春日野道駅(神戸市中央区国香通一丁目)です。双方の駅は700m(徒歩10分)ほど離れています。今回取材したのは阪神電車の方ですからどうぞお間違えなく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本一危険な駅!?

阪神春日野道駅
阪神・春日野道駅は三宮駅の隣の、普通電車のみ停まる駅です。ぱっと見ごく普通の地下駅ですよね。2004年までは「日本一危険な駅」「日本一怖い駅」なんて呼ばれていたのですが、いったいどこが危ないのでしょうか?

『ニューススクランブル』や『投稿!特ホウ王国』などメディアで「日本一危険な駅」「日本一怖い駅」などとして取り上げられたため有名になったそうです。

その実態は「日本一ホームが狭い駅」

阪神春日野道駅
春日野道駅は、昔「日本一ホームが狭い駅」でした。昭和9年の駅開業時には3メートルのホームでしたが、車両が大型化したことによってホームが削られ、たった2.6メートルになってしまいました。昔は乗客にとってかなり危険な駅だったようです。

現在も残っている昔の島ホーム

阪神春日野道駅

2001年に工事が始まり2004年に現在の片面ホームとなりましたが、昔のホームはまだ残されているので昔どれほど狭かったのか見ることができますよ。以前はこんな島式のホームでした。乗客に危険が及ばないように電車速度は45km/hに抑えられていたそうですが、この狭さではさぞ皆さん怖かったでしょうね。

開業以来、人身事故はゼロ!

阪神春日野道駅
さらに白線の内側となるとほんの1メートルほどの狭さです。上下線の列車がすれ違わないようにダイヤも工夫されていたため、春日野駅で人身事故が発生したことはなかったとか。乗客の皆様ご無事でなによりです。

もう危険な駅ではありません

阪神春日野道駅
2004年09月25日にホームが広くなって以降、春日野道駅の上下線の通過速度は75km/hになりました。スピードアップのおかげでダイヤ上のネックも回避でき、乗客の皆様も危険を感じることなく駅を利用できるようになりました。良かったですね。めでたしめでたし。(2018年05月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

阪神電車・春日野道駅(はんしん電車・かすがのみちえき)

住所 :神戸市中央区吾妻通一丁目1番131号
関連URL:春日野道駅 (阪神) – Wikipedia